Book9 :3ステップで実現する  デジタルトランスフォーメーションの実際

執筆日:2019年4月16日

     ご紹介書籍 

    3ステップで実現する デジタルトランスフォーメーションの実際

    著者:ベイカレント・コンサルティング
    出版社:日経BP

最近「DX」という文字を目にすることが多くなりました。
DX は Digital Transformation の略です。
頭文字をとると DT になりそうですが、英語表記では Trans を X と省略することが多いため、DXと略されます。

2018年にマイクロソフトが発表した調査「アジアにおけるデジタルトランスフォーメーションの経済効果調査」や総務省の情報通信白書でも「デジタルトランスフォーメーション」が大きく取り上げられています。
もともとはスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が2004年頃に「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」と提唱したのがはじまりです。

本書ではDXとは何なのか?ビジネスモデルの再構築、運用の再構築、IT活用の再構築、組織・人材の変革という4つの要素から成り立ちが説明されています。
また既存の仕事をいきなりDX化して大変革できるわけではなく、デジタルパッチ(デジタル化する)、デジタルインテグレーション(統合・集約)という過程を経て、その後やっと DX へとたどり着くという日本企業の事情にあった3つのステップが紹介されています。
デジタルパッチの段階では、顧客との接点をデジタル化していくこと、社内の業務を効率化していくこと、デジタルインテグレーションでは自社の強みを生かすこと、企業全体で取り組むことが大切だと説いています。

また日本企業が的確に DX を推進するための9つのポイントが解説されています。

  • 既存組織のデジタル化
  • デジタル組織自体を活性化させる
  • 共通言語による一体化
  • 技術への積極的アプローチ
  • バリューチェーン(価値の連鎖)の点検
  • 迅速な意思決定と実行
  • デジタル時代の人材マネジメント
  • デジタルでどう遊ぶのか?
  • やり遂げる経営の決意

このポイントを見返すと、そのまま現在のみなさんが属する企業の課題や取り組みが整理され、やるべき改革が見えてくるのではないでしょうか。

本コラムの更新案内をメールでお届けします

メールマガジン配信登録

本コラムは、IT業界で働く皆さんに役立つ書籍をわかりやすく紹介するコラムです。
業界内で話題になった本、最新技術を紹介している良書、知識として身につけておいて損はない情報、
IT業界での働き方や仕事の仕方に役立つ書籍を厳選して紹介するものです。

    今すぐ読むべき、仕事に活かす書籍紹介(コラムトップ

TOP