CSR

PDFをダウンロード

情報サービス市場における公正・公明な競争に勝ち抜きながら「exa way」を実現することがエクサのCSRであり、具体的には以下の取り組みを行っています。

CSRの取り組み

情報サービス市場における公正・公明な競争に勝ち抜きながら「exa way」を実現することがエクサのCSRです。

内部統制の推進

コーポレートガバナンス体制・内部統制・CSR推進体制が実効性を有し、適切にマネジメント出来る仕組みを構築しています。

コーポレートガバナンス体制

株主総会を起点とした経営管理体制のもとで、取締役の経営責任の明確化と監査役の監査機能強化により、コーポレートガバナンスの充実強化に取り組んでいます。

内部統制

日本アイ・ビー・エム株式会社およびJFEスチール株式会社のグループ企業として、必要な内部統制の仕組みを構築し、その充実強化に努めています。

内部統制システムの整備に関する基本方針

内部統制システムの
整備に関する基本方針

2006年の会社法施行に伴い、「内部統制システムの整備に関する基本方針」を取締役会で決議しました。
その後の内部統制システムの整備状況や環境変化を踏まえて見直しを実施し、2012年の取締役会にて基本方針を決議しました。
2015年には、改正会社法の施行に伴い、関連会社を含めた新たな基本方針を決議しています

日本アイ・ビー・エム株式会社の
グループ企業としての内部統制推進

米国SOX法に基づき、財務報告の正確性と内部統制体制の確立・維持について、四半期毎にIBMに報告しています。そして、この報告の正当性を確保するために、各業務プロセスでの自己点検に加えて、専門の監査官による内部監査が一定期間毎に行われます。
また毎年全社員がビジネス・コンダクト・ガイドラインを学習し、その遵守を誓約することも内部統制推進の一環として行われています。

JFEスチール株式会社の
グループ企業としての内部統制推進

JFEグループCSR会議を中心に、基本方針、重要施策の決定、重大事態発生への対応を行っています。
またJFEグループ企業行動指針の徹底、法令遵守等にも対応しています。

CSR推進体制

CSR・リスクマネジメント推進委員会が中心となって、全社CSR活動を推進しています。
また、CSR・リスクマネジメント推進委員会では、CSRの諸課題について経営会議等への上申、各部門への連絡・指示を行っています。
社内外の複数ルートで構成された内部通報制度(企業倫理ホットライン)を整備しており、上司に相談しづらいコンプライアンス案件の把握にも努めています。なお通報者に対しては、人事を含む全ての不利益を一切生じさせないよう慎重に取り扱っています。

CSR推進体制

コンプライアンスの徹底

コンプライアンスの意識を社員に浸透させ、インテグリティの高い正直で透明な企業風土を醸成しています。

四半期単位での社内重要リスクフォロー

CSR・リスクマネジメント推進委員会では、四半期単位にコンプライアンスを含めた社内重要リスクの状況把握を行い、改善アクションにつなげています。

CSR研修の推進

全社員を対象にCSR研修を実施し、コンプライアンスの意識向上を図っています。

ビジネス・コンダクト・ガイドライン

IBMグループに対する社会の信頼と期待にお応えするために、社員一人ひとりが遵守すべき行動基準を「ビジネス・コンダクト・ガイドライン」としてまとめています。
エクサ社員は、その内容を理解した上で、同意書にサインし、行動基準の遵守を宣言しています。

コンプライアンス研修

CSRを推進するうえで社員が知っておかなければならない内容については、eラーニングによるコンプライアンス研修を実施しています。

品質向上・情報セキュリティへの取り組み

ISO9001等の認証を受け、システムの品質向上・情報セキュリティ確保に向けた取り組みを行っています。

  1. ①ISO/IEC27001:2013 認証取得
    登録組織:全社
  2. ②JIS Q 9001:2015(ISO 9001:2015)認証取得
    登録組織:金融営業本部、鉄鋼・エンジニアリング営業本部、Smart営業本部、基盤営業本部、金融開発本部、
         鉄鋼・エンジニアリング開発本部、Smartシステム開発本部、基盤システム本部、人材開発部、
         プロジェクト品質技術部、ビジネスオペレーション部(調達室)
    登録範囲:情報システムの企画、設計、開発、構築、運用及び保守
  3. ③JIS Q 20000-1:2020(ISO/IEC 20000-1:2018)認証取得
    登録組織:基盤システム本部 IT基盤ソリューション担当
         ・ソリューション基盤技術部
           第1ソリューション室、第5ソリューション室、ビジネス支援室
         ・サービス基盤技術部
           第1技術室、第2技術室、第4技術室(第1グループ、第3グループ)
    登録範囲:情報システムインフラの企画、設計、構築、保守及び運用に関する以下のサービス。
         ・アウトソーシング、ホスティングサービス、ハウジングサービス、ヘルプデスク

  • JISQ27001
  • JUSE REGISTERD FIRM ISMS Registration JUSE-IR-042 IT統合サービスセンター
  • JUSE REGISTERD FIRM QMS Registration JUSE-RA-216

ステークホルダーとともに

ステークホルダーの皆様との積極的な対話を通じて信頼を高め、ご要望・ご意見などを経営にフィードバックしています。

エクサのステークホルダー

お客様
エクサが成長する原点は、お客様に価値あるものをご提供し、経営課題解決のお役に立つことです。「exa way」で宣言した企業理念・ビジョン・行動規範を踏まえて、「お客様に信頼いただき、最高の価値をご提供する」ことを目指します。
ビジネスパートナー
ビジネスパートナー様との間で積み上げてきた強い信頼関係があって初めて、エクサはお客様から高い信頼と信用を得ることができます。遵法・公正を重視し、協調・連携を図りながら、共に成長しWin-Winの関係を築いていきます。
社員・家族
社員が働き方に満足し、働き甲斐を感じなければ、お客様にご満足いただくことは出来ません。その意味から、社員は「CSR実行の担い手」であると同時に「第2のお客様」であるとも考えています。社員および家族が会社とともに成長してゆく関係の構築を目指します。
社会
エクサの技術・リソースなどを通じて、社会貢献に努め、持続可能な社会の実現に寄与することを目指して活動します。
株主
情報サービス企業としての経営理念の達成に努力し、日本アイ・ビー・エム株式会社、JFEスチール株式会社のグループ会社としてのCSR経営を果たし、企業価値の向上に努めます。また、デジタルトランスフォーメーションをはじめ、様々な分野で両株主のビジネスに貢献していきます。

ステークホルダーとのコミュニケーション

お客様に信頼され続ける会社であるために

お客様とともに

エクサが成長する原点は、お客様に価値あるものをご提供し、経営課題解決のお役に立つことです。「exa way」で宣言した企業理念・ビジョン・行動規範を踏まえて、「お客様に信頼いただき、最高の価値をご提供する」ことを目指します。

お客様満足度向上活動

お客様のビジネス変革に貢献する価値を創造し、お客様に提供するすべての活動をお客様満足度向上活動と位置付け、企業活動の一環として全社で継続的にお客様満足度向上に取り組んでいます。

お客様による評価

年1回「お客様満足度調査」を行っています。これは、営業・SE・製品・サービスなどに関するお客様からのご意見やご評価を伺い、より高い価値の提供や課題の解決により、お客様満足度向上を目指すためのアンケート調査です。

全社お客様満足度向上活動方針決定

お客様満足度向上に関する全社での推進を担う機関として「CS委員会」を設置しています。社長を委員長とし、全組織のトップマネジメントが委員となって全社施策を検討・決定・推進しています。

お客様満足度向上活動

社員一人ひとりがお客様満足度向上の意識を持ち、「CSチーム活動」を行っています。活動成果は「全社お客様満足度向上活動発表会」で発表しており、社内共有と展開を図ります。





お客様満足度調査結果と今後の重点項目

総合満足度(NSI):78.8ポイントとなり、多くのお客様にご満足頂いています

2019年度に比べて総合満足度は残念ながら▲2.1ポイントとなりました。一方で、営業、SE、サービス/製品、業務サービスの各分野別の満足度は、昨年度同様高い評価を頂いております。また、4月、5月の「緊急事態宣言」下でのエクサの適宜適切かつ柔軟な対応については、多くのお客様から、高い評価を戴くことができました。

2020年 お客様満足度調査結果

今後の重点項目

  • 各々の分野別(「営業」「SE」「サービス/製品」「業務サービス」)でも高い評価を頂戴しておりますが、まだまだ「情報提供」や「企画提案」については、取り組みが不十分であるとのお声を頂いております。お客様のお役に立つ情報をタイムリーに提供し、企画提案させて頂く様に、今後も一層注力して参ります。
  • 特に弊社の重点施策である、お客様のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進につきましては、数多くのお客様から、事例紹介、技術動向等の情報提供についてご要望を頂いております。お客様のご期待にお応えできる様、取り組んで参ります。

全社CSチーム活動発表会

CS(お客様満足度向上)チーム活動を全社で推進しています。毎年開催する全社CSチーム活動発表会で、各部門から選抜されたチームがその成果を発表し、顕著な成果を上げた優秀チームを表彰しています。

2020年は、8月25日に初のリモートで全社CS活動発表会を開催

全社で活動した28チームから選抜された10チームが活動結果を発表しました。今年はコロナ禍の環境にもかかわらず、発表チームからは熱心な活動結果の発表があり、社長はじめ審査員からも好評を博しました。
最優秀賞を獲得した「インボイス」は、10月に開催された日本アイ・ビー・エムの予選会にも出場しました。

2020年 全社お客様満足度向上活動発表会受賞チーム

チーム名 リーダー 活動するテーマ・概要 活動の目的・目指すゴール

【最優秀賞】

インボイス
ビジネスオペレーション部
百田 容子
緊急請求書発行の削減 手作成の請求書の作成を減らす

【優秀賞】

SESインバウンド
Smartシステム開発本部
安藤 寿
Webインバウンド施策によるCS向上 Webインバウンド活動による引き合い獲得

【exa way賞】

IWF2.2
金融開発本部
毛木 謙吾
保守作業の効率化 既存ビジネスの生産性向上および顧客満足度向上

【ワクワク特別賞】

Hey!Say!EXA
Smart営業本部
越後 隼人
営業手法のリストアップ・win事例の分析・在宅での営業手法の確立 CS活動を通して「最高の価値」を常に考え・届けよう

お客様とともに学ぶ

EXA Value Forum(EVF)

「エクサが培った新技術ノウハウ、プロジェクトでの適用事例」共有、および外部講師による最先端技術動向等の講演などを主な内容としてEXA Value Forum(EVF) を毎年開催しています。社員間の情報共有・連携促進に止めず、お客様、ビジネスパートナー様にも参加いただき、連携して次のイノベーションを生み出すことを目的としています。

2020年はコロナ禍を踏まえて初のフルリモートかつ社内限定での開催になりましたが、「ニューノーマルの時代を切り開く 今こそ挑戦!失敗を恐れない!」をテーマに、多数の発表者の方々の協力を得て成功裡に終了しました。

ビジネスパートナー様と連携し、お客様に最高の価値を提供するために

エクサは、購買活動の推進にあたり、日本アイ・ビー・エム株式会社のグループ企業として、以下の購買方針のもと、公正・誠実に活動してまいります。

ビジネスパートナー様とともに

ビジネスパートナー様との間で積み上げてきた強い信頼関係があって初めて、エクサはお客様から高い信頼と信用を得ることができます。
遵法・公正を重視し、協調・連携を図りながら、共に成長しWin-Winの関係を築いていきます。

EXAプライム・パートナー プログラム

以下の3つのアクションの実現を目指して2015年から「EXAプライム・パートナー プログラム」を推進しております。

  • お客様に価値のあるサービスを提供するために
  • 継続的・安定的な体制と価格競争力を保ちつつ、品質の高いサービスをご提供いただけるパートナー様と戦略的パートナーシップを結び
  • ビジネスパートナー様とエクサがともにビジネスを最大化する

取引適正化の推進

お客様・ビジネスパートナー様と協調・連携を図りながら、公正・公明な立場でビジネスを推進し、共に成長して行きたいと考えています。そのために必要なことは「取引適正化」です。そこで副社長を委員長とした「取引適正化推進委員会」を2014年から設置し、取引適正化に向けて全社的な取り組みを進めてきました。

「取引適正化推進委員会」の主な役割は以下のとおりです。

基本方針の決定/改善アクションの展開

年度の基本方針を決定し、プロジェクトの取引実態の自主点検を推進し、必要に応じて改善アクションを展開しています。

モニタリング

取引適正化上の問題が無いかをモニタリングし、必要に応じて是正指示をしています。

課題吸上げ・対策検討・全社横展開

取引適正化を推進する上での共通課題などを吸上げ、全社に展開しています。

研修等の啓蒙活動実施

集合研修/eラーニングを毎年実施し、社員全体の知識レベル向上を目指します。

社員・家族が誇りを持てる会社であるために

社員・家族とともに

社員が働き方に満足し、働き甲斐を感じなければ、お客様にご満足いただくことは出来ません。
その意味から、社員は「CSR実行の担い手」であると同時に「第2のお客様」であるとも考えています。
社員および家族が会社とともに成長してゆく関係の構築を目指します。

社員意識調査

社員が働き方に満足し、働き甲斐を感じているかを知るために、長年に亘り継続して社員意識調査を実施しています。この調査結果を階層(全社、本部、部、室)毎に分析、施策に展開、毎年の方針に反映していくというPDCAを回し、社員意識の更なる向上に繋げています。

社員意識調査

健全な労使関係の構築

エクサでは、健全な労使関係の構築に努めています。
労使の率直なコミュニケーションが労使関係の基本と考え、定期的に経営幹部と労働組合の代表者が意見交換を行う「労使協議会」を設置しています。更に、社長と労働組合の代表者による意見交換を実施しています。

両立支援の取り組み

かながわサポートケア企業

社員の仕事と介護の両立を積極的に支援している企業として神奈川県から「かながわサポートケア企業」の認証を受けました。これは「法定を上回る介護休職制度」「介護を理由に離職した社員の再入社制度」「介護中の社員への支援金制度」などの社内制度の充実が認められたものです。

かながわサポートケア企業

かながわサポートケア企業認証制度
神奈川県内に拠点を持つ企業等のうち、従業員の仕事と介護の両立を積極的に支援している企業を神奈川県が認証する制度。
2018年6月に創設され、エクサは初回認証企業となりました。

子育てサポート企業

所定外労働の削減に対する措置、女性社員が結婚や出産後も働きやすく、また男性社員が育児休職を取得しやすい環境の整備等の認定基準をクリアし、2009年と2017年に認定されました。

くるみん

くるみん
次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業は、申請を行うことによって「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けることができます。
この認定を受けた企業の証が、「くるみんマーク」です。(☆の数が認定回数)

従業員支援プログラム(EAP)導入

社員のウエルネスをサポートするサービスとしてEAP(Employee Assistance Service)を開始しました。社員と家族の健康、生活、仕事、家庭などプライベートを含めたあらゆるテーマについて、総合的なカウンセリングサービスを提供します。プロフェッショナルが様々な方法でサポートします。

女性が働きやすい環境、子育てしやすい環境の整備

一般事業主行動計画

一般事業主行動計画(以下「行動計画」)とは、女性活躍推進法および次世代育成支援対策推進法に基づき、女性が働きやすい環境や子育てしやすい環境の整備について、企業が策定して労働局に届出する計画です。

~ エクサの新しい行動計画が目指す姿 ~

  • 女性・男性問わず、多様性を持つすべての社員が十分に能力を発揮して活躍する
  • 職業生活と家庭生活(子育て/介護)との調和を図ることができる働きやすい雇用環境を整える
  • その結果、より豊かで活力のある社会の実現に資する

エクサの行動計画

  1. 計画期間
  2.  2021年1月1日から2023年12月31日まで
  3. 課題認識
  4.  ①女性の新卒採用比率4割を維持し、さらに在籍比率および管理職比率を高める。
     ②男性社員の育児休業取得を、両立支援が進んでいる他社並みに高める。
  5. 内容
  6.  目標-1 「女性在籍比率を24%以上にする」
     目標-2 「管理職に占める女性割合を15%以上にする」
     目標-3 「男性育児休業取得率(1か月以上)を40%以上にする」

キャリア相談室

2021年1月より、全ての社員が、自ら豊かなキャリアを作っていくことを支援するため「キャリア相談室」を開設しました。
人生100年時代、VUCAの世界の中では、常に新しい専門性が求められています。キャリア相談室では「社員ひとりひとりが働きがいを感じながら、充実したライフキャリアを開発する」ことを支援しています。

健康相談室

エクサでは、社員の健康相談の場として産業保健スタッフによる「健康相談室」を設置しています。
長時間労働者、メンタル不調者との面談や、ストレスチェック高ストレス者のフォロー、メンタルヘルスに関連する衛生講話など、社員の"心とからだの 健康 づくり"に向けて、専門的立場から対策の実施状況の把握、助言・指導などを行っていただいています。

持続可能な社会の実現を目指して

社会とともに

エクサの技術・リソースなどを通じて、社会貢献に努め、持続可能な社会の実現に寄与することを目指して活動します。

障がい者雇用、ダイバーシティの取り組み

障がい者の法定雇用率を継続して遵守しています。今後も法定雇用率を守り、企業に求められている責務を果たしていきます。
また「継続した外国籍社員の採用」や「女性採用比率増」など人材の多様化にも積極的に取り組んでいます。

反社会的勢力への対処方針

反社会的勢力との関係を一切遮断することを目的とし、反社会的勢力への対応を所管する部署を総務・法務担当部署と定めるとともに事案発生時の報告および対応に関する規程を制定し、反社会的勢力には警察等関連機関とも連携し、毅然と対応します。
また、お客様と「反社会的勢力排除に関する覚書」を取り交わすことにより、契約の上でも反社会的勢力排除を明確にしています。

TOP