設備・資産管理

これからの設備・資産管理

現在、様々な業界で人手不足が課題となり設備・資産管理業務においても将来的な労働力不足と現場での作業品質の低下が課題となる一方、生産コストに対する経営要求は急上昇しています。また、設備管理上の課題として故障の再発・未然防止が大きく取り上げられています。しかし、多くの製造業の現場では設備・資産管理の改善に苦慮されております。エクサは長年の経験とノウハウを元にお客様の設備・資産管理のDX化をご支援致します。
設備・資産管理のイメージ図

設備保全にDX化が必要な理由

設備保全の分野でも「監視・制御・可視化」のキーワードの元に従来のやり方に留まらず、「リスクの可視化」「分析」と言った取り組みが必須となっております。また、コロナ禍で外注コントロールが思うように行かない事態となり、計画的な保全ならびに状態監視が以前より重要視されています。そのためには 最新の設備・資産管理ソリューションの活用が必要です。

設備・資産管理のDX化にむけて

先進企業は設備・資産管理システム(Enterprise Asset Management:EAM)だけではなく設備資産パフォーマンスマネジメントシステム(Asset Performance Management:APM)を導入することで、設備・資産管理をビジネス全体の目標と結びつけ、設備資産効率の最大化を図っています。またMobile技術を活用することで、現場でのオペレーション業務の最適化を実現することも可能です。
エクサではこれまでの実績にもとづきEAM、APM、Mobileソリューションの導入によりお客様の収益最大化に貢献いたします。

音声IoT×AI活用 働き方改革と業務変革を支援

音声IoTとAIを活用したSmartファクトリー・ソリューションのご紹介
※本資料は日刊工業新聞社「工場管理(2018年7月号)」の記事です

ソリューション

事例

ニュース

イベント

コラム

エクサの強み

お問い合わせ

CONTACT

Webからのお問い合わせ
エクサの最新情報と
セミナー案内を
お届けします
ソリューション・サービスに関する
お電話でのお問い合わせ

平日9:00~17:00※弊社休業日を除く