設備保全ソリューション

IBM Maximo

設備保全ソリューション IBM Maximo

グローバルで高い評価を得ている設備保全(EAM)パッケージ「IBM Maximo」

IBM Maximoとは

多様な設備や資産を戦略的に管理することで生産性向上、長寿命化、コスト低減化、品質向上、安心・安全などの現場課題解決に寄与し、企業の設備・資産価値の最大化を実現します。
保全対象設備・資産

対象となる設備・資産

現場にあるあらゆる資産・設備を管理いたします。

  • 工場設備
  • 機械、機器、装置
  • トラック・鉄道・飛行機などの輸送用機器
  • エンターテインメント施設のアトラクション設備・樹木・衣装など

Maximoの導入効果

グローバル化による海外拠点の設備保全徹底の必要性、設備保全費の適正化、保全作業員の高年齢化など、設備保全、保守メンテナンスにおけるさまざまな課題を解決し、お客様の大切な設備資産の健全性を確保し最大限の有効活用が可能になります。

Maximoの特長

オペレーション管理から設備のライフサイクル管理まで統合的に設備を管理

設備・資産情報を見える化することで、保全作業のスケジューリング、資材の在庫管理を実現。
PDCAサイクルが回る仕組み作りにより、効率的な保全管理が可能になります。

1.個人に依存する部分が多い保全の知識、情報、方法などをシステム化
2.PDCAサイクルを取り入れた管理を実現
3.適正な保全計画に基づき、標準化された作業を確実に実施することが可能

IBM Maximo・Maximo Base Kitの実際の画面をご覧ください

主要機能の詳細な内容を、実際の画面のイメージ等を用いてご紹介します。
※「Maximo Base Kit」はIBM Maximoをベースとした短期導入・低価格ソリューションです。


Maximoの機能

IBM Maximoは6つの主要な管理モジュール (資産管理、作業管理、サービス管理、契約管理、資材管理、調達管理)から構成されています。

様々な設備を対象とした設備保全・保守メンテナンスシステムの構築実績を持つエクサなら、お客様の設備保全・保守メンテナンス作業の多様化するニーズにお応えするご提案が可能です。


最小コストでダウンタイムゼロを目指す

設備保全業務の最大の目的は、安定稼働。これは、安定生産や現場の働き方改革のための基盤であり、企業の重要経営課題の一つです。しかし、保全コストが過度に膨らんでは意味がありません。「設備の安定稼働」と「保全コスト削減」のバランスのとれた実現が求められています。

そのための手段として設備保全でのIoT活用が注目を浴びています。
設備保全でIoTを活用するために必要なこととは何か…


エクサを選ぶ理由

センサーの選定からデータの知見化まで工場のスマート化をトータルに支援

IoT/デジタル技術の活用による現場の課題解決をテーマに、センサーや3Dレーザースキャナーを用いた現場デジタル化、アナリティクスやコグニティブ技術を用いたデータの知見化と活用、IoT基幹システムとしての設備・資産管理など、弊社のSmartファクトリーソリューションへの取り組みをわかりやすく紹介しています。
※ 日刊工業新聞社「工場管理(2017年7月号)」の掲載記事

ライセンスについて

IBM Maximoの機能を限定した低価格で短期導入に適したMaximo Base Kitや、初期導入費用が抑えられるSaaS版などもご用意しています。
詳しくはお問い合わせください。

関連事例ピックアップ

このソリューションに関するお問い合わせ

関連情報

関連ソリューション

エクサの強み

お問い合わせ

CONTACT

Webからのお問い合わせ
エクサの最新情報と
セミナー案内を
お届けします
ソリューション・サービスに関する
お電話でのお問い合わせ

平日9:00~17:00※弊社休業日を除く