IBM Maximo 機能について

設備保全ソリューション IBM Maximo

Maximoは資産台帳の登録、保全計画、作業指示管理、調達管理、在庫管理など保全管理に必要な基本機能を1つのパッケージでサポートする統合パッケージです。


Maximoの6つの主要機能

IBM Maximo・Maximo Base Kitの実際の画面をご覧ください

主要機能の詳細な内容を、実際の画面のイメージ等を用いてご紹介します。
※「Maximo Base Kit」はIBM Maximoをベースとした短期導入・低価格ソリューションです。


Maximoの拡張機能
モバイル・スマートフォン連携

モバイル・スマートフォン

現場で作業指示の確認や報告が可能。報告は選択式で現場入力の負担を最小限に。

こんな課題を抱えていませんか?

  • 保守現場とオフィスが離れていて作業報告が遅れる
  • 入力が負担になっている
  • 報告作業で時刻・コスト情報等の入力が困難
  • 必要情報が入力されず、情報活用が困難
  • 保守現場で参考情報を探すのに手間・時間がかかる

モバイル端末と連携すれば解決できます

作業実績をリアルタイムで把握
バーコードオペレーション、RFIDオペレーションを活用して作業結果を現場で入力。開始・終了時刻等の自動収集だから作業をリアルタイムで把握ができます。

抜け洩れのない確実な点検作業と報告
現場で作業指示を確認、入力はメニュー選択方式での簡易入力だから抜け漏れのない確実な点検作業と実績報告が可能になります。

作業員の作業負荷軽減と効率向上
現場での保全履歴情報の入手や必要情報の検索・更新が可能だから、作業員の負荷を軽減し効率を向上します。


Maximoの拡張機能
地図連携

Maximo地図連携

保守サービス情報をビジュアル化

Maximoの保守サービス情報とグーグルマップ等の優れた地図ソフトがシームレスに連携、保守情報をビジュアル化して作業効率を向上をご支援します。

こんな課題を抱えていませんか?

  • ワンストップ保守サービスの受付時間を短縮したい、業務効率を向上したい
  • グローバルに設置している設備を一元管理したい
  • 地図上から保守設備箇所を把握したい
  • 地図上から設備保守状況を把握したい
  • 保守対象設備の周辺環境を把握したい

地図ソフトと連携すれば解決できます

地図から設備情報へのアクセスが可能
地図情報と設備構成/保守履歴情報をビジュアルに表示できるので作業効率が向上します。

設備の構成、設備の保守状況などをスピーディーに把握

散在する各種情報を地図へマッピングして一元化し、視覚的に閲覧することで効果的に情報を活用できます。

このソリューションに関するお問い合わせ

関連情報

関連ソリューション

エクサの強み

お問い合わせ

CONTACT

Webからのお問い合わせ
エクサの最新情報と
セミナー案内を
お届けします
ソリューション・サービスに関する
お電話でのお問い合わせ

平日9:00~17:00※弊社休業日を除く