保全計画と予算計画をもとに、すべてのプロセスを一元管理可能な新設備保全管理システムを構築

東亜石油株式会社様【導入事例】

Maximo導入事例 東亜石油株式会社様
東亜石油株式会社様

東亜石油株式会社様(以下、東亜石油様)は、保有する石油精製設備および発電設備の安全かつ安定した稼働を維持するにあたり、設備保全管理の高度化および業務効率化を目指しました。エクサと共にIBM Maximo Asset Management(以下、IBM Maximo)を基盤とする新しい設備保全管理システム構築に臨み、複数のシステムに分断されていた予算立案から購買、発注、完工までの各プロセスおよびデータを統合することで業務効率を向上。さらに設備信頼性やコストに関するKPI(重要評価指標)を設定しそれぞれの効果を“見える化”する分析機能を活用し、設備保全管理の全体計画および施策展開を支えるPDCAサイクルの精度を大きく高めています。

  • 課題
    • 設備保全管理に関する過去の実績やナレッジの有効活用ができておらず業務のPDCAサイクルの精度向上が求められていた
    • 技術伝承および、新たな人材育成が困難
  • ソリューション

    IBM Maximo Asset Management

    • 予算立案から購買、発注、完工まですべてのプロセスを統合して一気通貫で完結
    • 構想段階から業務要件の洗い出し、ユーザーの意見の集約、開発方針の策定、最終的なソリューションへの実装までプロジェクトを一貫サポート
    • 設備信頼性やコストの目標値などのKPIを設定し、改善に向けた計画立案をスムーズに実現
  • 効果
    • 設備保全管理のための情報収集や集計の業務負荷を従来の40%軽減
    • 過去の設備保全履歴のクイックな参照、活用の実現
    • 故障分析を通じて設備保全管理の全体計画および施策展開を支えるPDCAサイクルの精度を向上

事例の詳細はこちらからダウンロードできます

資料では、お客様にインタビューした以下のような内容を掲載しています。

  • 設備保全システム刷新に至った背景
  • Maximoを選んだ理由
  • 導入効果
  • 将来の展望

ダウンロード

※本事例の記事内容は掲載当時のものとなっております。

TOP