Book33 :デタラメ データ社会の嘘を見抜く

執筆日:2021年11月10日

     ご紹介書籍 

    『デタラメ データ社会の嘘を見抜く』

    著者:カール・T・バーグストローム、ジェヴィン・D・ウエスト
    出版社:日本経済新聞出版

現在、世の中は文字通り「数多くのデータ」に溢れています。ニュース等のメディアから得られる数字、ネットや知り合い、仕事関連の知人から得られるデータ、広告や書籍に掲載されているデータなどなど。
みなさんは、これらのデータ全てを信じて受け入れていますか?もしくはデタラメかもしれないと、疑いを持って捉え、真実を見抜くことができていますか?
本書はそんなデタラメに騙されずに、データの嘘を見抜く手法、手段、事例を数多く取り上げた、ノーベル経済学受賞者3名が推薦というお墨付きの書籍です。

データを論理的に受け取る方法を指南しており、統計学、経済学、データサイエンスに関する特別な知識がなくても、 調べて確かめる能力さえあれば、データの嘘を見抜けるようになります。

データを分かりやすい図表や説明で、意図的に嘘を伝える場合と、悪意無く、意図せず嘘が伝わってしまう場合があります。
特にパーセンテージ(%)表現は難しく「たった1%」という表現と「なんと99%も」では、実は同じ事柄を示していますが、実は大きく印象が異なる場合があります。また 66% や 37% といった割合を一発で正確に把握するのも難しいでしょう。
出どころがちゃんとしたデータだからといっても、そのデータの扱い方、切り取り方次第で、解釈が真逆になる場合もあります。

今後、仕事でデータを扱う人のみならず、個人個人が情報リテラシーを養い、高めていく必要があります。
本書で取り上げている「データの嘘を見抜く」手法は次のとおりです。

  • メディアで広がる嘘情報の種類
  • デタラメの特徴、疑わしさに気づく
  • データと嘘との因果関係。関係の無いデータ同士に因果関係を見出す嘘
  • 数字で、たわごとを正当化する嘘
  • 人が陥りやすい選択バイアスについて
  • データビジュアライゼーションの勘所、読み取り方
  • ビッグデータが全て正しいとは限らない、データ素材の大切さ
  • デタラメを見破り、デタラメを正す

今後、機械学習やファクトチェックなど、仕組みやテクノロジーで正しいデータを扱うこと、規制や制限、法律などで正しいデータを守る方法、教育を通して数字やデータへのリテラシーを身につけ、嘘データに振り回されないようにすることが大切です。
意図的な嘘、意図しない嘘とも、最終的に「デラタメ」を信じてしまうのは、自分自身だということを本書から気づかされます。

本コラムの更新案内をメールでお届けします

メールマガジン配信登録

本コラムは、IT業界で働く皆さんに役立つ書籍をわかりやすく紹介するコラムです。
業界内で話題になった本、最新技術を紹介している良書、知識として身につけておいて損はない情報、
IT業界での働き方や仕事の仕方に役立つ書籍を厳選して紹介するものです。

    今すぐ読むべき、仕事に活かす書籍紹介(コラムトップ

TOP