Book1 :ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

執筆日:2018年6月21日

     ご紹介書籍 

    ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える

    著者:ラズロ・ボック
    出版社:東洋経済新報社

「WORK RULES」はGoogleの人事部門トップであるラズロ・ボック氏が書いた本です。
世界中に70拠点、6万人の従業員をかかえるGoogleは、検索ビジネス、広告ビジネス、そして最近では人工知能、スマートホームへの進出と、多岐にわたる話題が絶えない巨大企業です。
そのGoogle社の人事、人事評価、職場環境などを詳しく紹介した書籍です。

Googleのような巨大企業にしかできないことと思われるかもしれませんが、人々が協力しながら働く営利企業であれば、本書から見習えることは数多くあると考えられます。
人材の活用はどこの企業でも重要な課題です。

本書で以下の10のルールが詳しく紹介されています。

  1. 仕事に意味を持たせる。派手なオフィスや豪華な福利厚生に意味はない
  2. 人を信用する。性善説にもとづき権限譲渡する
  3. 自分より優秀な人だけを採用する
  4. 発展的な対話とパフォーマンスのマネジメントを混同しない。上司は部下を手助けすべき
  5. 数少ない優秀な社員と無能な社員との「2本のテール」に注目する
  6. カネを使うべきところには惜しみなく使う
  7. 報酬は不公平に払う。会社のコアを支える社員には最高の報酬で報いる
  8. 行動経済学的なナッジ(正しい行動のきっかけづくり)を重視する
  9. 高まる期待をマネジメントする。変革や挑戦する際は周囲に説明を
  10. 仕事を楽しもう!(そして1. に戻って繰り返し)

さらには、チームをやる気にさせるマネジメント手法や、マイクロマネジメントせずとも自走する組織にしていく方法などが述べられています。
「戦略よりも文化、どんな戦略も企業文化には勝てない」とのことなので、みなさんの企業でも、よりよい企業文化の構築に本書が役立つことを願います。

本コラムの更新案内をメールでお届けします

メールマガジン配信登録

本コラムは、IT業界で働く皆さんに役立つ書籍をわかりやすく紹介するコラムです。
業界内で話題になった本、最新技術を紹介している良書、知識として身につけておいて損はない情報、
IT業界での働き方や仕事の仕方に役立つ書籍を厳選して紹介するものです。

    今すぐ読むべき、仕事に活かす書籍紹介(コラムトップ

TOP