Teamcenter CADデータ管理

Tactonコンフィグレータ

CADの情報を製品ライフサイクル全般で活用


主要MCAD、ECADに対応し、マルチCADデータ管理が可能

多くのCADに対応

多くのCADに対応

NX,CATIA V5, Creo, SolidWorks, AutoCAD, SolidEdge等の主要MCADのみならず、Mentor Graphics, Cadense等のECADにも対応。

CADを問わず一元管理

CADを問わず一元管理

異なるCAD(バージョン違いも含む)のデータを、単一のシステムで一元管理し、それぞれの情報を製品構成内に配置することが可能です。CADごとに別々の管理システムを用意する必要はありません。

CADを使わず形状確認

CADを使わず形状確認

CADデータを変換して生成したJTを活用し、異なるCADで構成されている製品を組み合わせた形状を確認することができます。CADを持たない利用者でも形状確認、簡易計測等が可能です。


TeamcenterでCADデータ管理をするメリット

業務プロセスをシンプルに可視化

TeamcenterのCADインテグレーションを用いることにより、CAD実体データのみならず、CADが持つプロパティ情報・構成情報・JT(3D表示データ)など、設計業務以外でも有効活用可能な情報を数多く保持することができます。

特定部門に留まらず、製品ライフサイクル全体をカバーするTeamcenterなら、これらの情報をより幅広く活用することができます。これが設計部門のCADデータ管理に特化した小規模な仕組みに対する明確なメリットです。


CATIAデータ管理もエクサにお任せください

エクサは1987年からCATIAベンダーとして100社以上に及ぶ幅広い業種、規模での導入を経験しダッソー・システムズ社のパートナーとしても市場をリードしてきました。TeamcenterでのCATIAデータ管理はCATIAを熟知したエクサの大きなアドバンテージになります。CATIAデータの統合管理により設計から製造までのプロセス全体を単一の製品情報ソースで扱うことができ、変更/承認プロセスの効率化から市場投入期間を大幅に短縮することができます。
エクサは30年以上にわたり蓄積されたCATIAの導入ノウハウから貴社にとって最適なデータ管理手法や運用をご提案いたします。

各種の構成情報(BOM)を統合管理

Teamcenter Integration for CATIAはグローバルで5万ユーザーを超える900以上のサイトで運用実績があり、カスタマイズなしでCATIAデータ(CATPart、CATProduct、CATDrawing等)の管理・チーム設計を実現することができます。

CATIA V5に統合されたメニューからシンプルな操作でデータのロード/セーブが可能となり、バージョン管理、排他制御等をPDMを意識することなく利用できます。

また、Teamcenter上であらかじめBOMを作成し、そのBOMデータをCATIAでロードすることでトップダウン設計が可能となり、チーム設計を支援することができます。


CADインテグレーションがないCADにも対応

変更対応を正確かつスピーディに

SIerとして数多くのカスタマイズ実績を持つエクサなら、Teamcenterが対応していないCADとのインターフェース開発に関するご相談も承ります(CAD本体の開発ベンダーと協業可能であることが前提となります)。

疎連携・密結合や機能の取捨選択など、CADの運用方針に応じた適切なインターフェースをご提案します。


このソリューションに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL:0120-934-863

平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く

TOP