PDM/PLMソリューション

Teamcenter

Tactonコンフィグレータ

世界有数の企業がTeamcenterを選択する理由

Teamcenterは、シーメンス社が提供する、グローバルで圧倒的な導入実績を誇る製品ライフサイクル管理(PLM:Product Lifecycle Management)ソリューションです。Teamcenterに情報を集約することで、製品ライフサイクルに関わるあらゆる人々が必要な情報を迅速かつ正確に入手することが可能となります。それにより企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、さまざまな課題の解決に貢献します。


製品開発業務のよくある課題をTeamcenterが解決します

製品開発業務のよくある課題

事業拡大、活用範囲拡張への追従

  • 信頼できるデジタルデータを大量に保持する情報基盤が必要
  • 部門・拠点・パートナー間の情報伝達や共有が遅い/できない
  • 災害対応や働き方改革に伴うリモートワークへの対応が急務

本質的ではない作業の削減

  • 業務の属人性が高く、データ共有や流用が進まない
  • 誤ったデータを再利用してしまい手戻りが発生する
  • 製品バリエーション拡大に伴い、似て非なるデータが増える

変化や変更への対応が後手後手

  • 仕様や設計変更に伴う影響範囲を容易に把握できない
  • 変更内容や意図が伝わらず、誤った情報で作業が進んでしまう

Teamcenterを導入するメリット

ビジネスの拡大と継続

ビジネスの拡大と継続

経営課題としてデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するにあたり、信頼できるデジタルデータが数多く蓄積されていることが前提です。製品ライフサイクル全体をカバーするTeamcenterはその管理基盤として最適です。

本当な必要なことに注力

本当に必要なことに注力

流用元データの捜索や最新情報の妥当性確認といった非建設的な作業に費やす時間をなくし、本当にやるべき業務にエンジニアの時間を集中投入。人と企業の成長を促します。

変更への迅速・正確な対応

変更への迅速・正確な対応

変更内容や対象と、それをすすめる業務プロセスを一括して管理することで、間違いのない変更対応が可能となります。関係するデータを適切にリンクしておくことで、変更に伴う影響分析時の検討漏れもなくなります。


Teamcenterで製品設計業務と働き方を変革

運用と働き方を変革

どこでも使える

オンプレミス環境のみならずクラウドサービス(Amazon Web Service、Microsoft Asure)での稼働も保証。常時稼働や災害対応といったさまざまな要望に対する選択肢を増やします。

どこからでも使える

ブラウザベースのActive WorkspaceクライアントでTeamcenterの機能を活用できます。PC管理の手間を削減するだけではなく、生産現場や遠隔拠点からの利用も可能。テレワーク推進に貢献します。


製品設計業務変革

創造的な作業に集中

「過去の情報やナレッジはTeamcenterを見ればすぐにわかる」という状況になれば、新しいテーマや調査に使える時間がそれだけ増えます。探す時間、特定する時間を減らすことは創造力強化の第一歩です。

変化を恐れない

製品の高度化・複雑化が進み、市場要求や各種規制も変化が激しい世の中では、それをいかに受け入れ、対処するかが重要です。様々な情報に繋がりを持たせ、影響範囲を把握し、次のアクションへの判断材料を提供できる情報基盤が不可欠です。


Teamcenterと他のPLMソリューションの違い

Teamcenterと他のPLMソリューションの違い

Teamcenterと他のPLMソリューションの決定的な違いは、圧倒的な導入実績、そして豊富な機能と拡張性です。

標準提供されている数多くの機能を取捨選択してフル活用することで、プログラミングを伴う追加カスタマイズを極力減らし、低い導入コスト・短期間で使い始めることができます。それにより、システムの投資効果をさらに引き上げることができます。

機能詳細を見る


機能拡張と各種周辺システム連携

機能拡張と各種周辺システム連携

Teamcenterが提供する多様なモジュールを追加することで、要件管理、環境規制対応、サプライヤ連携、保守対応等のさまざまな業務に対応することができます。

また、CADやCAE等の設計支援システムをはじめとして、ERPや要件管理などの市販パッケージとのインターフェースにより連携可能です。

Java, .Net , C++ の各SOA APIを提供しており、アドオン開発による連携も可能です。

拡張性の詳細を見る


CADの情報を製品ライフサイクル全般で活用

CADの情報を製品ライフサイクル全般で活用

CADデータ管理はTeamcenterが最も得意とする領域です。対応するCADの幅広さや機能網羅性は他のPLMソリューションの追従を許しません。各種のCADデータを単一システムで管理することはデジタルデータ活用推進に不可欠です。

さらに、シーメンス社が提唱し、今やデファクトスタンダードとなった3D形状フォーマットJTを利用して、CADに依存しない形状確認、簡易計測、各種ドキュメント作成といった設計工程以外でのデータ活用を促進します。

なお、エクサはCATIAベンダーとしても30年以上の実績からTeamcenterとCATIAとのシームレスな統合環境の実現をご支援いたします。

CADデータ管理の詳細を見る


スモール&クイックスタートも可能

スモール&クイックスタートも可能

PLMシステムの導入には年単位の時間と高額な費用が必要と思われがちですが、Teamcenter Rapid Startを使えば短期間、低コストで導入が可能です。

まずは特定部門や業務を対象に小さく始め、効果を実感しながら徐々に活用範囲を広げることが可能です。

短期導入の詳細を見る


Teamcenterの導入はエクサにおまかせください

Teamcenterの導入はエクサにおまかせください

  • 豊富なTeamcenter導入実績(1994年以降、20社以上)
  • 経験に基づいた独自の導入プロセスを保有
  • SIerとしての経験を活かした周辺システムとのインターフェース構築
  • SPBOM(エクサ独自パッケージ)の経験を活かした統合BOMシステムへの発展
  • CATIAベンダーとして培ったCAD運用経験を踏まえたCADデータ管理手法の提案

上流から下流までフルサポート


このソリューションに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL:0120-934-863

平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く

TOP