IBM Maximo低価格・短期導入ソリューション

Maximo Base Kit

「Maximo Base Kit」とは

Maximo Base Kit

「Maximo Base Kit」は、企業向け設備・資産管理ソリューションとしてグローバルで高い評価を得ているIBM Maximoに、日本企業での利用に即した設定や帳票・データ登録ツールなどの弊社独自機能・知見を加えたソリューションです。設備・資産管理(ロケーション、機器台帳など)と作業管理(故障報告、点検記録、予防保全、作業標準、保全計画管理など)の機能を有しており、工場、生活インフラ、輸送、通信、エンターテインメントなどあらゆるタイプの設備・資産の高度な管理を実現する基盤として利用できます。

IBM Maximoの詳細を見る

「Maximo Base Kit」は、国内外の複数拠点の設備・資産を統合管理するプラットフォームとして活用頂けます。「Maximo Base Kit」導入後、利用機能の拡張や管理対象とする設備・資産・拠点を拡張することが可能です。

※オプションにより資材管理(予備品管理)機能などの拡張も可能です。


「Maximo Base Kit」の特長

帳票

帳票

IBM Maximoの標準帳票の加えて下記帳票をご用意しています。

  • 故障報告一覧
  • 年次計画表

データ登録ツール

データ登録ツール

「Maximo Base Kit」にロケーション、設備・資産、故障報告、予防保全、作業標準等の情報登録用としてExcelベースのデータ登録ツールをご用意しています。

ドキュメント

ドキュメント

  • 操作マニュアル(一般ユーザー向け・管理者向け)
  • 定義書(画面/帳票/データ登録)

IBM Maximo・Maximo Base Kitの
実際の画面をご覧ください

ダウンロード

主要機能の詳細な内容を、実際の画面のイメージ等を用いてご紹介します。 ※「Maximo Base Kit」はIBM Maximoをベースとした短期導入・低価格ソリューションです。


「Maximo Base Kit」の拡張

パターンA:モデル設備・資産で導入し、検証後に他の設備・資産に展開

Maximo Base Kit拡張(モデル設備・資産で導入し、検証後に他の設備・資産に展開)

パターンA:パターンB:機能限定で利用開始し、順次利用機能を広げて管理レベルを向上

Maximo Base Kit拡張(機能限定で利用開始し、順次利用機能を広げて管理レベルを向上)

TOP