人事/人材情報統合プラットフォーム

Oracle Fusion Cloud HCM

Oracle HCM

デジタル時代を生き抜き、成功をおさめるためのシンプルでパワフルなソリューション
幅広い業界・全世界で6,000社以上の企業様が採用


Oracle Fusion Cloud HCM(Human Capital Management) では、従業員のライフサイクルに関わる人事業務すべてが一つの共通プラットフォーム上に存在しているためプロセスの効率化と総所有コストの削減を同時に実現することができます。

従業員にとっては、Oracle Fusion Cloud HCMをお使いいただくことで仕事や生活を充実させる情報をAIなどの先進技術によりご提示します。そのため従業員のエンゲージメントが向上し、生産性向上に貢献します。

SIMPLY POWERFUL

Oracleのリーダーシップ


人事部門が抱える課題

少子高齢化、グローバル化、ワークスタイルの多様化など企業を取り巻く環境が変化する中で人事部門は企業の組織力を高めるために重要な役割を担っています。しかし、その業務範囲は多岐に渡っているために負担が大きくなっています。また適切な配置計画や合理的な能力開発ができていない、多岐に渡る働き方に対応できないなど、企業の資産としての人材を必ずしも有効活用できていないのが現状です。

人事部門が抱える課題

日本の現状と課題

経営層が意思決定に必要な情報を即座に提供できない


Oracle Fusion Cloud HCMは

「インテリジェント」「パーソナル」「適合力」「すべてそろった」
“オール・イン・ワン”ソリューション”
Oracle Fusion Cloud HCMが人事部門の課題を解決します

ORACLE FUSION CLOUD HCM

機能


Oracle Fusion Cloud HCMの5つの特徴

  1. データ連携が容易

  2. 柔軟性かつ拡張性に富むデータモデルのため、既存の人事システムなどとのデータ連携が容易に実現可能です。

  3. 重複入力の排除

  4. データを一元管理するので重複入力することがなくなり生産性が向上します。

  5. レポートによる意思決定、判断の支援

  6. 企業ニーズに応じたレポートの提供、カスタマイズ、様々な形式でのデータ出力が可能なため、経営層や責任者の意思決定や判断を支援します

  7. 変化対応力

  8. データ項目の追加などの変更も随時可能なため、将来の制度変更やビジネスの環境変化に柔軟に対応することができます。

  9. マトリックス組織対応

  10. 人事上のレポートラインとプロジェクト上のレポートラインなど、マトリックス組織対応が可能です。


エクサの強み

Oracle EBS(E-Business Suite)をはじめとする人事領域のシステム導入における豊富な経験と実績

エクサは1996年よりOracle E-Business Suite(EBS)に取組み、ビジネスを展開しています。人事給与領域はもちろん、会計・受発注領域含め、これまでの豊富な実績で得られたノウハウをベースにプロジェクトを推進します。

  • 要件整理実施PM、業務リーダー、多くの設計・開発を経験した技術リーダー、開発担当者を有しています。
  • プロジェクトの肝となる要件整理のための各種ドキュメント、導入テンプレートをご提供します。
  • タレントマネジメントで必要なデータ項目の移行をスムーズに行える変換ツールキットを提供します(予定)。
  • 人事システム、ERP、その他大規模基幹システム構築の豊富な経験と実績があります。
  • 基本構想の策定からソリューションの選定・導入、運用・継続改善までをトータルでご支援します。

このソリューションに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL:0120-934-863

平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く

関連事例ピックアップ

TOP