統合経営管理ソリューション

Oracle Fusion Cloud EPM

Oracle Fusion Cloud EPMとは

経営管理領域でOracle Fusion Cloud EPMはシェアNo.1
SaaSモデルリリース以来、国内300社以上、グローバルで5,000社以上

さまざまな部門の計画業務や予実管理に活用でき
見える化、業務効率化・自動化に効果があります

経理・経企部門

中期計画作成
財務計画作成
各予実管理

生産企画部門

設備投資計画作成
減価償却計画の計算
各予実管理

研究開発部門

プロジェクト計画作成
各予実管理

IT部門

IT開発プロジェクト管理
協力会社支出管理
各予実管理

人事部門

職種別要員数計画
人件費計画
人員の最適化

オペレーション部門

需要計画
供給計画
PSI管理

営業部門

営業フォーキャスト管理
テリトリー計画

マーケティング部門

予算・キャンペーン計画
パフォーマンス管理・コスト分析

企業のさまざまな「予算管理」「管理会計」上の課題を解決するOracle Fusion Cloud EPM(Planning)

Oracle Fusion Cloud EPMは、経営や管理業務に必要な「計画/予算、見込/予測、実績集計」とそれらの「分析とシミュレーション」を包括する統合クラウドソリューションです

経営や管理を行う上で、
・計画を立てたり予算を立てたりすることは、必要不可欠です
・さらに実績を早期に把握、予実差を分析し、次の手を打っていく
これらのことこそ、経営であり、いわゆる管理業務です。

エクサがお勧めする理由

Oracle Fusion Cloud EPM(Planning) Best Practicesによって、「予算管理」「管理会計」に関する要求をしっかりと実現します

1国内外実績 No.1の予算管理製品
  • グローバル5,000社以上/国内300社以上の実績
  • 予算管理領域で、国内外でシェアNo.1
  • Planningモジュールを導入できる技術者保有
2お客様が安心して利用できるサービスを提供
  • インストール済環境(本番・開発)、製品保守、バックアップ(日次)・アップデートプログラムの適用作業がオールインワンの提供価格
  • 国内の製品サポート専門チームで日本語での対応も万全
3業務ユーザーがビジネス環境の変化や拡張に対応可能
  • マニュアル、管理者画面を日本語で提供するので、お客様による確認が可能
  • 多数の動画を提供することで、操作イメージの把握が容易
4複数の管理軸を設定することで様々な管理要件に対応可能
  • 経営管理で必要となる管理項目(組織、地域、製品等)を設定することで、様々な角度で分析、レポートおよびシミュレーションが可能

Oracle Fusion Cloud EPM(Planning)について

経営管理に必要な計画・予算作成、集計、承認、実績収集、報告・分析
業務が自動化・統合化された全部入りのクラウドサービス

Oracle Fusion Cloud EPM概要

Oracle Fusion Cloud EPM(Planning) 機能概要

クラウド上で予算管理・管理会計に必要な機能(データ連携・入力、多次元データベース、集計・配賦計算ロジック、作業管理、レポート・分析)をトータルに提供

Oracle Fusion Cloud EPM機能概要

Oracle Fusion Cloud EPM(Planning)の優位性

多次元データベースが実現する次元階層下への
ドリルダウン分析機能や次元分析軸の切替機能

ドリルダウン分析

ERP Cloudからの実績データ連携だけでなく、Planningから元データの詳細項目にドリルダウンして、原因の把握が即座に出来るようになります。

Oracle Fusion Cloud EPMドリルダウン分析

他社製品にない多種多様な分析、レポート機能、Oracle他製品との高い親和性
統計分析を応用したシミュレーション機能

様々なレポート機能を提供

レポーティング機能により情報可視化が可能になります。ひな形を事前定義することで、ワンクリックで出力され、投資部会・投資会議等への資料作成が効率化につながります。

Oracle Fusion Cloud EPMレポート機能

事例1

会計業務の負担軽減と経営意思決定のサポートを実現
Oracle Fusion Cloud ERPとOracle Fusion Cloud EPMの同時導入

A社様
小売業
従業員数:約1,500名
採用のポイント:

  • 業務が属人化しており、手作業や二重入力が多く非効率
  • 現行システムの老朽化により、現場作業の負荷大
  • 業務負荷の一部への集中が、潜在的な経営リスク

  • 業務を標準化することで、属人化の回避と業務の効率化を実現!
  • クラウドのため、どこからでも入力が可能!
  • 全社的な情報基盤を構築し、管理会計の精度・粒度向上!

事例2

Oracle Fusion Cloud EPMの導入により
Excelによる手作業や人的ミス、データ作成時間の削減を実現

B社様
建設業
従業員数:約700名
採用のポイント:

  • 各帳票を手作業で作成・集計しており、マネジメント層への報告負荷大
  • データが複数システムに散在しており、データの統合の作業負荷大
  • 手作業や散財するデータにより、余計な作業や人的ミスが発生

  • Excelを駆使した損益管理をクレンジングして、EPMで管理し帳票の作成時間を短縮!
  • システム化による余計な工数や人的ミスの削減!
  • 統合蓄積されたデータを様々な分析に活用!

Oracle Fusion Cloud EPM ご紹介資料

経営管理に必要な計画・予算作成、集計、承認、実績収集、報告・分析業務が自動化・統合化された全部入りのクラウドサービスOracle Fusion Cloud EPMの豊富な特長をご紹介

このソリューションに関するお問い合わせ

関連情報

関連ソリューション

エクサの強み

お問い合わせ

CONTACT

Webからのお問い合わせ
エクサの最新情報と
セミナー案内を
お届けします
ソリューション・サービスに関する
お電話でのお問い合わせ

平日9:00~17:00※弊社休業日を除く