Oracle E-Business Suite アップグレードサービス

最新のパッケージ知識と、豊富なアップグレード実績と独自のツール群をベースに、安心・着実なアップグレードを実現します。

ご提供するサービス

アップグレード アセスメントサービス アップグレードによる影響範囲調査をします。
テクニカル・アップグレード 現在ご利用中のEBS環境にアップグレード・パッチを適用して、現在の環境をそのまま上位バージョンに変更します。
インストール・アップグレード
(リ・インプリメント・アップグレード)
新たにターゲット・バージョンのEBSをインストールして、パラメータ設定やデータを現在ご利用中の環境から移行します。
運用支援サービス 稼働後の運用をご支援します。
基盤導入・環境構築サービス ハードウェアの選定、構築、必要ソフトウェアのインストール等を実施します。
Oracle E-Business Suiteアップグレードサービスメニュー

アップグレード方式のご説明

方式1:テクニカル・アップグレード

テクニカル・アップグレードとは、オラクルが提供するツールを使って、本番環境そのものをアップグレードする方法

  • メリット
    • データ移行やパラメータの再セットアップがほぼ不要
  • デメリット
    • パッチ適用期間は本番環境の停止が必要
      ※ サービス停止期間を短くするため、差分データの移行と組み合わせて実施する事も可能
    • 不要なデータが全て新環境に残る
    • 大幅な業務見直しには向かない
    • サーバーやOSの変更は可能だが手順が増える
テクニカル・アップグレード方式

方式2:インストール・アップグレード

インストール・アップグレードとは、現在の本番環境とは別にターゲットバージョンのEBSを新規インストールし、セットアップ、データ移行を実施する方法

  • メリット
    • 本番環境の停止が不要(並行運用も可能)
    • 業務見直し、制度変更などをあわせて行う事が可能
    • 移行データ量の調整が可能
    • サーバーやOSの変更が可能
  • デメリット
    • データやプログラムの移行とパラメータの再セットアップが必要
    • パラメータの再セットアップやデータ移行を伴うため、新規構築時と同等のテストが必要
インストール・アップグレード方式

アップグレード方式の比較

方式 テクニカル・アップグレード テクニカル+差分データ移行・アップグレード インストール(リインプリ)・アップグレード
インストール パッチ パッチ 新規インストール
セットアップ (ほぼ)無 (ほぼ)無
大幅な
業務見直
不適 不適 適合
システム
停止期間
長い 短い 短い
サーバ・
OS変更
可能 可能 可能
移行作業 差分データ 必要な全データ
移行データ 全データ 全データ データ量を調節
アップグレード方式の比較

エクサのバリュー!

  • 豊富なアップグレード実績
  • 最新のパッケージ知識
  • 作業を効率よく、確実に実施する QSSERIES®ツール群

TOP