ActualPROⅡ® 導入事例

ActualPROバナー

データの一元化により、重複入力などのムダを省き、業務の効率化を実現
案件・プロジェクト別損益管理をシステム化して、利益を生み出す組織へ

オンライン相談会申込受付中


情報システムの個別受託開発だけではなく、
「PC・サーバ等の販売」「契約に基づく情報システムの運用」
「アプリケーション提供」など多様な業務の原価計算を実現

多様な業務の原価計算を実現

T社様
情報システムの開発・運用、アプリケーション提供会社
従業員数:約700名
採用のポイント:
① 基本機能が充実していた
② 柔軟なアドオン/カスタマイズが可能であった

矢印

before

  • トップ経営層サイドで個別案件の損益が見えにくい
  • 全体収支における見通し値の把握が遅い
  • 取引先との取引状況が取引先別に見えにくい

after

  • 個別案件状況の「見える化」を実現!
  • 収支見通し値の「早期集約」を可能に!
  • 調達・委託業務情報の「一元化」を実現!

システム開発のプロジェクト原価配賦業務効率化
原価計算処理の時間短縮を実現

原価計算処理の時間短縮

A社様
情報システムの開発・運用、アプリケーション提供会社
従業員数:約130名
採用のポイント:
① 他システムとの連携がスムーズ
② 部分的な機能を導入可能

矢印

before

  • プロジェクト原価を細かく把握できない
  • プロジェクト原価の配賦業務が非効率的
  • 月次の締めに時間がかかる

after

  • リアルタイムでプロジェクト原価を把握できる!
  • 原価計算処理の時間短縮等、業務効率化を実現!
  • 導入前と比較して原価計算処理を3分の1短縮!

「働き方改革」をめざし、
継続的に稼働し利用できる基幹業務システムを導入
作業の適正化・効率化・原価管理の見える化で安定経営の実現へ

働き方改革

M社様
機械・電気設備の保全・補修、各種リース会社
従業員数:約140名
採用のポイント:
① 受注~請求までの全業務を対応出来ること
② 同業他社での実績がある

矢印

before

  • Excelベースの手作業主体で、作業の属人化・情報の分散が発生している
  • 全社的に工事の損益を正確に把握できない
  • 内部統制やセキュリティを備えた管理システムが無い

after

  • システムの共通化により、「作業の適正化・効率化」を実現!
  • 「データの一元化」を実現し、全社的な損益を正確に把握!
  • システム化し、データを集約することで、「内部統制やセキュリティ対策」を実現!

既存システムをActualPROⅡへ刷新
業務効率化やペーパーレス化を推進、内部統制を強化

業務効率化やペーパーレス化、内部統制強化

N社様
鋳造鋼の製造・販売会社
従業員数:約280名
採用のポイント:
① 購買~会計まで機能が充実している
② WBSでの予実管理と固定費配賦が装備されている

矢印

before

  • 既存システムの老朽化(ブラックボックスによる、改修対応・障害対応が困難)
  • 上記により、時代や経営のニーズに合ったシステムではない
  • 部署により、書類の書式が統一されていない

after

  • お客様ニーズに合わせ、改修対応がしやすいシステムを実現!
  • ペーパーレスの推進と業務効率化により、今の経営ニーズに合った業務を実現!
  • ActualPROⅡの標準機能(Excellent)による帳票の統一化を実現!

受注案件毎の損益管理や業界特有の業務に適合した
ActualPROⅡを基幹システムとして採用

基幹システム

S社様
橋梁・鉄構物の設計・製作・組立・据付会社
従業員数:約130名
採用のポイント:
① 間接費を直接費に配賦する機能の装備
② 個別原価計算から会計仕訳をタイムリーに作成可能
③ アドオン開発が無い低コストでの導入が可能

矢印

before

  • 個別工事原価把握の効率・予実精度が悪い
  • 蓄積したデータから経営管理資料を作成する作業負荷が大きい
  • 決算早期化への対応ができていない

after

  • 大幅に集計業務を削減できた(20時間/月)※お客様計測値
  • 決算早期化を実現した(約10日間短縮)※お客様計測値

システム開発のプロジェクト原価配賦業務を効率化
原価計算処理の時間短縮を実現

原価計算処理の時間短縮

K社様
土木・設備工事会社
従業員数:約900名
採用のポイント:
① 業務機能が幅広く揃っていたこと
② 導入済みの会計システムと連携可能であったこと

矢印

before

  • 業務プロセスが見える化できていない
  • 既存システムの老朽化への対応に迫られている
  • 業務が属人化している

after

  • タイムリーにコスト発生状況を把握できる!
  • 蓄積された情報の活用が容易となり、管理精度が大幅に向上した
  • 月次決算の早期化を実現(約20日間)


このソリューションに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL:0120-934-863

平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く

関連事例ピックアップ

TOP