DCPレコード選択・加工

DCP

簡易なステートメント指定で
レコード抽出やデータの加工ができる

編集ステートメント(フィールド定義とロジック<実行ステートメント>)記述により、特定レコードを出力したり、データ加工したレコードを出力して出力ファイルを作成できます。
まずは、体験版で利便性・操作性をお試しください。

体験版ダウンロード


DCPレコード選択・加工とは

編集ステートメント(フィールド定義とロジック<実行ステートメント>)記述により、特定レコードを出力したり、データ加工したレコードを出力して出力ファイルを作成できます。
(コンパイルを必要としない、インタプリタ型の簡易プログラミングが可能)
ホストDCP「SORTX」のLML機能や、各種ホスト・ユーティリティでのデータ加工機能、4GLなどでの簡単なデータ加工処理の代用としてご使用いただけます。

<レコード選択>

<データ加工>

DATA

<データ属性>

  • 文字列
  • パック数値(最大18桁)
  • ゾーン数値(最大18桁)
  • バイナリ数値

<実行ステートメント>

  • MOVE
  • ADD/SUBTRACT/MULTIPLY/DEVIDE
  • IF/ELSIF/ELSE
  • OUTPUT/OUTSKIP
  • STOP
  • DISPLAY

・・・  データ転送
・・・  加算/減算/乗算/除算
・・・  条件分岐
・・・  レコード出力/レコード出力抑止
・・・  処理中止
・・・  メッセージ出力


レコード加工

固定長ファイル(シフトJIS)の内、一部を特定の値に置き換えたレコードを出力する。

<編集ステートメント(MAKESTM)>

DCP

<sample入力ファイル(固定長)>

DCP


このソリューションに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL:0120-934-863

平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く

関連事例ピックアップ

TOP