オープンDCP

日々増加を続けるデータのお悩みを
データ圧縮パッケージDCPで解決

こんな課題をかかえていませんか

DATA

メインフレームとオープン環境のデータ連携に苦慮している

データの転送時間/転送コストを軽減したい

大量に出力されるデータによるストレージ使用量(利用料金)の増加が著しい


オープンDCPの導入で解決

オープンDCPを導入すると…

関連製品ページ


お客様の声(導入により得られる効果)

スムースな移行

スムースな移行

  • メインフレーム上でホストDCPを組み込んでいたCOBOLシステムをオープン環境に移植する際、プログラム修正も無く、DCPファイルを適用したままのシステムに移行する事ができた。(S金融サービス業様)
操作性

操作性

  • オープン環境でメインフレーム系データ・ファイルの内容確認や修正作業に困っていたが、メインフレームの標準エディタ(ISPF)と同様の操作性で内容確認や修正ができるDCPエディタに重宝している。(M情報サービス業様、他)
転送時間とホスト処理時間の短縮

転送時間とホスト処理時間の短縮

  • 大量のデータ・ファイルをメインフレームからサーバへファイル送信する処理(日次、締め日)が長時間におよび、サーバでの業務開始が危ぶまれる運用リスクが顕在化。  ホスト運用コスト(利用時間)もかさんで困っていたが、DCP製品を組み合わせて適用(圧縮、解凍&データ変換)した事により、転送時間の短縮とホスト処理時間(コスト)の削減ができた。(N保険サービス業様)

オープンDCPの強み(特許取得済、登録番号:第5674974号)

ホストDCPと相互性を持った機能の提供と、メインフレーム系ファイルのデータ表示・編集とファイル変換機能の提供により、長年培われ蓄積されたシステム資産(DCP-APIを使用したプログラムとデータ)を継承しつつ、新たなオープン基盤でのシステム構築・運用を可能にします。
  • DCP-APIを使用した業務プログラム・コーディングは、そのまま使用できます。(プログラム資源の共通化)
  • システム全般にDCPを適用するとシステム全体のストレージ使用量が削減できるため、システム資源をより有効に活用できます。
  • 他システムとのデータ連携では、転送データ量の削減によりデータ転送時間の短縮と転送コストの削減ができます。
  • メインフレーム系ファイルもオープン系ファイルもレコード単位で表示・編集ができるため、システム運用作業の効率化が図れます。
  • データの互換性に着目したファイル変換(レコード仕様の変換定義が必要)により、データ交換先に応じたファイルの受領と提供ができます。
  • 外字や個別コードの変換はファイル変換時に指定ができるため、個別ファイルのデータ・クリーニングにも使用できます。
  • メインフレーム系ファイルの内容をオープン環境で表示・編集、データ変換(ファイル編成、文字コード)が可能なため、膨大な過去データもオープン環境に移設しておくことで、オープン環境でデータ内容の確認や修正、必要なデータの取り出しが可能です。
  • オープンDCPファイルはDCP独自の圧縮と暗号化によりデータ漏洩防止対策としても有効です。

オープンDCP適用イメージ


稼動確認済みプラットフォーム

                
プラットフォームOS系統OS名
サーバ UNIX AIX
Linux Red Hat Enterprise Linux x86
Windows Windows Server 2012,2016,2019
クライアント(PC) Windows Windows 10


上記、対応プラットフォームは、2021年4月 時点で稼動確認が取れている環境です。

製品(機能)一覧

オープンDCPは、下記の製品を用意しています。
                                                  
提供製品(機能)一覧サーバOSPC備考
UNIXLinuxWinWin
オープンDCP基本セット
オープンDCP基本モジュール
オープンDCPサブモジュール
メインフレーム互換
※オープンDCP基本ユーティリティ(同梱)
DCPレコード圧縮・解凍(オープンDCP基本ユーティリティ)
ファイル単位で圧縮・解凍を行うコピーユーティリティ
メインフレーム互換「DCP基本ユーティリティ(EXCMPT)」
オープンSORTX
オープンDCPファイルをそのままSORT
SORT機能のみ(MERGEやLMLなし)
DCPファイル変換
オープンDCPファイル、ホストDCPファイル、一般ファイル間のファイル形式やコード変換を行うユーティリティ
DCPレコード選択・加工
コンパイル不要な簡易言語的ステートメントによるレコード加工を行うユーティリティ
DCPエディタ
オープンDCPファイル、ホストDCPファイル、一般ファイルをレコード単位に表示・編集できるデータエディタ(16進表示可能)

関連製品ページ

このソリューションに関するお問い合わせ

関連情報

関連ソリューション

エクサの強み

お問い合わせ

CONTACT

Webからのお問い合わせ
エクサの最新情報と
セミナー案内を
お届けします
ソリューション・サービスに関する
お電話でのお問い合わせ

平日9:00~17:00※弊社休業日を除く