データエディタ「DCPエディタ」

DCP

テキストデータ、バイナリデータをレコード単位で表示
TSO(ISPF)ライクな操作でデータをらくらく編集

「体験版DCPエディタ」をダウンロードできます。
まずは、体験版で利便性、操作性をお試しください。

体験版ダウンロード


こんな課題をかかえていませんか

DATA

テキストファイル(改行コード付き)以外の業務データの確認に苦慮している

パック数値やバイナリ数値など内部数値形式を含むデータの確認に苦慮している

メインフレームで作成されたファイルの内容確認に適したエディタがない


DCPエディタで解決

各システムで使用されている各種文字コードデータや内部数値形式データを含む固定長・可変長のレコードファイルをWindowsPC環境で表示・編集するには「DCPエディタ」が最適です

  1. テキストファイルだけでなく、固定長や可変長のファイルもレコード単位で表示
  2. レコード単位で16進表示が可能でパック数値やバイナリ数値などのバイナリデータの編集に最適
  3. メインフレームのTSO(ISPF)と同じ操作方法(コマンド、行コマンド、PFキーなど)でらくらく編集
  4. Shift-JIS/EUC-JP/EBCDIC-IBM漢字の文字コードに対応、メインフレームのファイルをコード変換なしでそのまま表示・編集可能
  5. Windowsメニューやダイアログ・ボックス操作でも、データの検索や置換え、HEX表示切替など、よく利用するTSO(ISPF)コマンド機能の操作が可能


DCP機能を使って圧縮保存
ディスクエリア削減の他、可視化防止で情報漏えいに大きく貢献

自動解凍

ホストDCPやオープンDCPで圧縮されたファイルを自動解凍して表示

圧縮

圧縮保存時はオープンDCP形式で高速に圧縮

表示・編集

一般のフラットファイルも表示・編集可能


DCPエディタの特長

各種ファイルをレコード単位で表示

一般的なテキストエディタで固定長ファイルを表示した場合

DCPエディタのテキスト(キャラクタ)モードで表示した場合


HEX(16進)表示もレコード単位表示でデータ特定や編集が簡単

一般的なバイナリエディタでファイルを表示した場合

DCPエディタのバイナリ(HEX:16進)モードで表示した場合


TSO(ISPF)ライクな操作でらくらく編集


便利な機能

  • モード切り替え(表示モード、編集モード)
  • レコード範囲を指定した表示、編集が可能(巨大ファイルの表示、編集に有効)
  • 文字コード変換:Shift-JIS / EUC-JP / EBCDIC-IBM漢字の文字コードに対応

サポートするファイル

  • 固定長ファイル(すべてのレコードが同じ長さ)
  • 可変長ファイル(各レコードの先頭にレコード長情報が付随)
  • テキストファイル(各レコードの最後に改行コードが付随)
  • DCPファイル(ホストDCP、オープンDCP)
  • 対応レコード長(10~32744バイト)

動作環境

  • 動作環境:Windows 10

このソリューションに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL:0120-934-863

平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く

関連事例ピックアップ

TOP