DCPファイル変換

DCP

ファイル形式と文字コードの変換ができる

データ・ファイルのファイル形式と文字コードを変換して、ホスト・システムとオープン・システムでDCP圧縮ファイル(非圧縮ファイルも可能)を相互に受け渡せるよう、各種ファイルを変換コピーする機能です。
まずは、体験版で利便性・操作性をお試しください。

体験版ダウンロード


DCPファイル変換とは

DCPファイル変換は、データ・ファイルのファイル形式と文字コードを変換して、ホスト・システムとオープン・システムでDCP圧縮ファイル(非圧縮ファイルも可能)を相互に受け渡せるよう、各種ファイルを変換コピーする機能です。

DCPファイル変換は、3種類のDCPファイルと非圧縮ファイル(固定長/テキスト/可変長)のファイル形式を変換すると同時に、ファイル内の文字コード変換ができます。ホスト環境から転送したファイルを変換してオープン環境で使用するだけではなく、オープン環境のファイルを変換することで、同様にホスト環境でも使用することができます。
文字コードが異なる環境間でのデータ連携にも適しています。

DCPファイル変換は、ファイル転送時に行っているファイル形式や文字コードの変換機能を代替できるため、高速なファイル転送(bin)を可能にします。
※ホストDCPTRANとの組合せにより、DCPデータ圧縮で転送データ・サイズを削減して転送時間を大幅に削減できます。また、ホスト・システムで扱われる非圧縮ファイル(固定長、可変長(*1))をオープン・システムで作成できるため、ホスト・システムとオープン・システムのデータ連携が容易になります。
(*1)可変長ファイルをホストに連携する場合は、DCPFIXファイル形式に圧縮して転送します。

DCPファイル変換は、DOA思想と数々のシステム・マイグレーション経験に基づき、ファイル仕様(同一レコード・レイアウト)を継承したデータ・ファイルをオープン・システム環境でも使用できる様に設計した製品です。

【データ・ファイル変換基本設計】

  • データ項目は、極力変更しない(内部数値項目、バイナリ・イメージ項目など)
    ただし、文字コードは、環境に沿った漢字コードに変換する(相互)
  • レコード・レイアウト(レコード形式)は、変更しない
    そのため、文字切替えコード(SOSI)については、相互交換の際に復元できる様、文字切替えコードをそのまま保有する機能を設ける(相互の変換処理)
    ただし、ファイル転送機能の代替機能として、削除(fromEBCDIC)/blank置換え(fromEBCDIC)/自動挿入(toEBCDIC)ができる機能も装備する。

【前提】

  • ファイル変換は、ホスト環境や他のオープン環境それぞれで作成されたデータ・ファイルをオープン・システムで処理できる形式のデータ・ファイルに変換する。
  • ファイル変換は、オープン・システムで作成したデータ・ファイルをホスト環境や他のオープン環境の連携相手が処理できる形式のデータ・ファイルに変換する。
  • 転送処理でのデータ・ファイル破損を回避するため、ファイル転送の転送モードは、Binary転送モードを前提とする。
    ※rdwオプション使用含む

項目変換レイアウト指定の変換

データ・ファイルの文字コードを変換する際に、シフト・コード(SO/SI)が付いていないIBM漢字コードや文字コード以外(パック数値、バイナリ)のデータを含む場合は、項目レイアウトを指定する事により、該当の文字コード部分を変換する事ができます。 また、変換条件指定を行うことで、複数のレコード・レイアウトが混在したファイルも一回の処理で変換できます。

優先変換コード指定の変換

優先コード変換指定機能により、ユーザー外字などのJIS標準に定義されていない文字コードや、DCP標準変換テーブルとは異なる文字コードの変換ができます。
文字コード変換は、JIS90(第1・2水準漢字)準拠のDCP標準変換テーブルに基づいて変換します。
IBM漢字コード変換では、JIS78準拠のDCP変換テーブルでの変換もできます。

マルチ・レイアウト・レコード変換

ホストで作成された固定長ファイル(EBCDIC)を固定長ファイル(シフトJIS)に変換する。
データは、数値やSOSIなし漢字を含むレコードのため、レイアウト項目定義により変換する。

<変換レイアウト(CNVLAY)>

<sample入力ファイル(EBCDIC,IBM漢字) … 変換前データ>


ファイルとレコード形式

DCPファイル変換では、以下の種類のファイルに対応しています。

<DCPファイル>
オープンDCPファイル、ホストDCPファイル、DCPFIXファイル
<固定長ファイル>
すべてのレコードの長さが同じ、固定長レコードで構成されるファイル
<可変長ファイル(LLZZ付)>
各レコードの先頭に、個々のレコード長を持つ、可変長(LLZZ付)レコードで構成されるファイル
<テキスト・ファイル(改行コード付き)>
各レコードの末尾に、レコードの終わりを示す改行コードを持つ、テキスト・レコード(改行コード付き)で構成されるファイル

オープンDCP製品群は、オープンDCPファイルを標準使用します。
ホスト互換として、すべてのオープンDCP製品・機能ではホストDCPファイルを読み込む機能を備えていますが、ホストDCPファイルの書き込みとDCPFIXファイルの読み書きができるのは、DCPファイル変換だけです。


文字コード・データ

DCPファイル変換では、以下の文字コード・データに対応しています。

<1バイト文字コード>
 ・ASCII(EUC-JP選択時)
 ・ASCII + 半角カタカナ(シフトJIS選択時)
 ・EBCDIC(下記4種類に対応)
  -英数カナ文字セット
  -英数小文字セット
  -英数カナ拡張文字セット
  -英数小文字拡張文字セット
<2バイト文字コード>
 ・シフトJIS
 ・EUC-JP
 ・IBM漢字
<シフト・コード>
 ・SO(X'0E') … 1バイト文字コード、シフトアウト
 ・SI(X'0F') … 1バイト文字コード、シフトイン

漢字コード変換は、JIS90(第1・2水準漢字)準拠のDCP標準変換テーブルで変換します。
ただし、IBM漢字コード変換では、JIS78準拠のDCP変換テーブルでの変換もできます。
外字コードは優先変換コード指定により任意の漢字コードに変換が可能です。


このソリューションに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL:0120-934-863

平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く

関連事例ピックアップ

TOP