DCPレコード圧縮・解凍(オープンDCP基本ユーティリティ)

DCP

圧縮タイプ指定でデータ・ファイルを圧縮、解凍

固定長ファイル・可変長ファイル・テキストファイルから圧縮ファイルを作成、圧縮ファイルから元の形式ファイルに解凍(復元)します。
まずは、体験版で圧縮効果・操作性をお試しください。

体験版ダウンロード


DCPレコード圧縮・解凍の特徴

固定長ファイル・可変長ファイル・テキストファイルからDCP圧縮ファイルを作成、DCP圧縮ファイルから元のファイルに解凍(復元)します。
※データ圧縮時は、データ圧縮率の解かる圧縮レポートを出力します。

DCP圧縮形式には「縦圧縮」「横圧縮」「縦横圧縮」の3種類があります。
DCPユーティリティ群でDCP圧縮する際のDCP圧縮形式は「縦横圧縮」です。
業務仕様により「縦横圧縮」以外のDCP圧縮ファイルを作成する際は、このユーティリティが使用できます。

圧縮率レポート例

12MB(15万レコード)の非圧縮ファイル(固定長,レコード長は80Byte)が、3.15MBにDCP圧縮(15万レコード)されています。データ容量は「73.8%」削減され、残存率は「0.262」です。


このソリューションに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL:0120-934-863

平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く

関連事例ピックアップ

TOP