ユーザーファーストへのバリューチェーン変革 カシオのDX「MY G-SHOCK」を支えるマスターBOM生成エンジン

カシオ計算機株式会社様【導入事例】

マスターBOM生成エンジンSPBOM導入事例 カシオ計算機株式会社様
カシオ計算機株式会社様

SPBOM導入により、受注(組み立て)可能なコンポーネントを即座にECサイトへ展開
MY G-SHOCKサービスにおける高度なユーザー体験を実現

カシオ計算機株式会社様(以下、カシオ計算機様)は、複数のコンポーネントを自由に選択することで、約190万通り※の組み合わせの中から自分好みのG-SHOCKを作ることができるカスタマイズサービス「MY G-SHOCK」を自社ECサイトにてスタートしました。これを実現する上で必須となったのが、ECサイトと製造現場をダイレクトにつなぐBTO(Build To Order:受注生産)システムです。カシオ計算機様はエクサのSPBOMを導入し、基幹システムで維持管理されている部品表データに対して、シンプルなマッピングルールを設定することでコンポーネント構成マスターを自動生成する仕組みを構築。受注(組み立て)可能なコンポーネントを即座にECサイトへ展開することで、MY G-SHOCKサービスにおける高度なユーザー体験を支えています。
※限定カラー“FIRST COLOR”を含むサービス開始時点の組み合わせ数(シングル遊環を選択した場合)

  • 課題
    • ECサイトと製造現場間のマスターデータの整合性確保
    • 膨大なバリエーションとなるマスターメンテナンスの効率化
    • 短期間での構築とExcelの限界からくる変更管理の容易性
  • ソリューション

    BOM/BOPを生成ルールで管理する統合BOMソリューション 「SPBOM」

    ECサイト上においてユーザーが選択する単位であるコンポーネントとその構成要素であるパーツの関係をSPBOMがマスター情報として保持し、基幹システムの部品表データに対して各コンポーネントと関連付けたマッピングルールを設定することでコンポーネント構成マスターの自動生成を実現

  • 効果
    • 簡易的な設定でマッピングルールの登録を実現
    • 要件定義から実装フェーズまで4.5か月間の短期間でシステム構築を実現
    • Excelからの脱却により煩雑な入力や人的ミスの大幅な解消
    • シンプルに維持管理できる仕組みを構築

資料サムネイル

事例の詳細はこちらからダウンロードできます

資料では、お客様にインタビューした以下のような内容を掲載しています。

  • SPBOM導入の背景/目的
  • エクサのSPBOMを選んだ理由
  • 今後の展開とエクサへの期待

ダウンロード

※本事例の記事内容は掲載当時のものとなっております。

TOP