エクサ、新しい"人との繋がり"のカタチ「Smart Place(スマートプレイス)」 コンセプトと構築支援体系を発表

プレスリリース

2012年10月18日
株式会社エクサ


株式会社エクサ(本社:神奈川県川崎市 代表取締役 社長執行役員 塚本 明人)は、人々がアクセスして、相互にコミュニケーションする事により、満足度を高め、個人やビジネス、ソーシャルといった形で、企業や地域・社会と繋がる新しい"場"としての「Smart Place(スマートプレイス)」コンセプトと構築支援体系を発表しました。

近年、インターネットの普及やスマートフォン等のモバイル端末の急増やソーシャルネットワークの急拡大などに起因して人々のコミュニケーションリテラシーや個人の意識は急激に向上しています。

人々が様々な情報を簡単に入手でき、その活用が当然となった現代において、企業中心の視点」から「個客の視点」・「働き手の視点」・「社会生活者の視点」に転換する事で新しい顧客価値を提供でき、競争優位(生涯を通じた囲い込み)の確立が図れます。

人々の感情と繋がり、人々の生活の豊かさに貢献する存在になる為、人々の満足度を満たすことを追求し、人々が生活する新しい"場"の確立である"Smart Place(スマートプレイス)"を提唱します。

Smart Place(スマートプレイス)には、個人の代表的な3つの生活の場である「プライベート(個人・家族)」、「ビジネス(仕事)」、「ソーシャル(地域・社会)」にそれぞれ対応し、
  • 個客の視点[プライベート(個人)]
      ⇒"Fan Place(ファンプレイス)"
  • 働き手の視点[ビジネス(仕事)]
      ⇒"Collaboration Place(コラボレーションプレイス)"
  • 社会生活者の視点[ソーシャル(地域・社会)]
      ⇒"Public Place(パブリックプレイス)"
があります。

エクサは、Smart Place(スマートプレイス)にチャレンジする企業のビジネスモデル変化を迅速に、かつ体系的にご支援します。


■株式会社エクサの概要
設立年月日:1987年10月1日
資本金  :1,250百万円
エクサは、日本アイ・ビー・エム株式会社とJFEスチール株式会社の合弁出資による情報システム開発会社で、ビジネス系、エンジニアリング系、ITインフラ系等をベースとする統合型ソリューションプロバイダーです。エクサは、情報システムのコンサルティング、システム構築、運用までの各種サービスを統合的に提供しています。詳細については、www.exa-corp.co.jp/ をご覧ください。

■本件に関するお客様からのお問合せ先
株式会社エクサ ビジネスソリューション営業本部 PCMソリューション営業部
〒212-8555 神奈川県川崎市幸区堀川町580番 ソリッドスクエア東館14F北
TEL:0120-934-863
E-mail:sol-promo@exa-corp.co.jp

■本件に関する報道関係者からのお問合せ先
株式会社エクサ 営業企画部
〒212-8555 神奈川県川崎市幸区堀川町580番 ソリッドスクエア東館15F南
TEL:0120-934-863
E-mail:sol-promo@exa-corp.co.jp

※本記事の記載内容は掲載当時のものとなっております。

TOP