製造業向け「エネルギーの見える化」を3週間で実現

プレスリリース

2011年7月5日
日本アイ・ビー・エム株式会社
株式会社エクサ

~ 今夏の電力削減対策の実施状況を適切に管理 ~


日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、社長:橋本孝之、NYSE:IBM、以下日本IBM)と株式会社エクサ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長執行役員:塚本明人、以下エクサ)は、工場やオフィスのエネルギー関連データを定期的に収集・算出して可視化する製造業向けのソリューション「エネルギーの見える化ソリューション」を、本年7月5日から提供開始します。日本IBMは同ソリューションを活用した戦略策定コンサルティング・サービスや設備保全管理ソリューションを実現するIBMソフトウェア「Maximo」を提供し、エクサはシステム構築を担当します。同ソリューションの最大の特徴は、製造業向けの専用のテンプレートを用意しているため、最短3週間でシステムを構築できることです。

今夏の電力削減を目指して各企業が施策を策定していますが、電力削減施策の有効性を検証するためには、電力使用状況を適切に把握し、施策の実行状況を定期的に管理することが必要となります。そのため、既存の環境エネルギー情報収集装置を活用して、短期に電力使用状況の見える化を実現したいという要求が高まっています。

「エネルギーの見える化ソリューション」は、工場やオフィスに設置されている電力計やBEMS(ビルエネルギー管理システム)、FEMS(工場エネルギー管理システム)といった環境エネルギー情報収集装置からデータを収集し、電力使用状況の見える化を実現するソリューションです。各施設や各フロアといった単位のきめ細かい電力使用実績を算出し、レポート形式やグラフにして表示できるため、電力削減施策の有効性を検証したり、次のアクション・プラン策定に役立てることができます。また、電力の見える化システムを構築後には、IBMのコンサルタントが電力削減施策の効果検証や改善提案を行い、適用範囲の拡張や再計画策定を支援します。

「エネルギーの見える化ソリューション」では、IBMの設備保全管理ソリューションのMaximoをベースとし、エクサがこれまで培ってきた工場やオフィスなどでの設備管理能力の経験を活用した専用テンプレートを利用します。そのため、最短3週間でシステムを構築でき、低コストを実現しました。「エネルギーの見える化ソリューション」の価格は400万円(税別)からです。SaaSモデルの場合は、初期費用300万円(税別)、月額費用20万円(税別)からです。


IBM、IBM ロゴ、ibm.com、Maximoは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。

<報道関係者お問合せ先>
日本アイ・ビー・エム株式会社 広報 下岡
電話: 03-3808-4768、E-mail: masakos@jp.ibm.com

株式会社エクサ
インダストリー・環境ソリューション営業部 大崎、大貫
電話: 044-540-2012、E-mail: sol-promo@exa-corp.co.jp

【株式会社エクサの概要】
設立年月日: 1987年10月1日
資本金: 1,250百万円
エクサは、日本アイ・ビー・エム株式会社とJFEスチール株式会社の合弁出資による情報システム開発会社で、ビジネス系、エンジニアリング系、ITインフラ系等をベースとする統合型ソリューションプロバイダーです。エクサは、情報システムのコンサルティング、システム構築、運用までの各種サービスを統合的に提供しています。
ホームページ:https://www.exa-corp.co.jp/

※本記事の記載内容は掲載当時のものとなっております。

TOP