オブジェクトストレージ

IBM Cloud Object Storage

オンプレミスのIBM Cloud Object Storageをメインに、お客様の要望に合わせて様々なソリューションとの組み合わせをご提案することが可能です。是非一度ご相談下さい!

オブジェクトストレージ/IBM Cloud Object Storageとは

オブジェクトストレージ

  • データを『オブジェクト』として扱うストレージ。従来のストレージのディレクトリ構造が存在せず、全てのデータをフラットに扱う。格納オブジェクト数の制約が無く、スケーラビリティに優れている。
  • オブジェクトへのアクセスはHTTP/HTTPS(REST API)で行われる。
  • 画像データ、動画データ、電子メール等の非構造化データの格納に向いており、クラウドストレージサービスのバックエンドでの利用も目覚ましい。エクサでは特に今後の『ゲノムデータ』『画像データ』の格納先としてのニーズの増加に着目。
  • 容量単価にも優れ、コールドデータの大量データの保管にも適していると言われている。

IBM Cloud Object Storage

  • 「Information Dispersal Algorithm (IDA: 情報伝播アルゴリズム)」と呼ばれる技術によってデータを強固に守ると同時に冗長化によるストレージ容量の増大を抑え、グローバルで一つのストレージプールを提供します。特に3拠点で一つのストレージプールを作成する場合、従来のストレージではなしえない高信頼性とコストパフォーマンスの両立が可能。
  • Amazon S3プロトコルとの互換性があり、様々なS3対応アプリケーションから直接アクセスが可能。
  • パブリックだけでなく、Decicated(専有利用)やオンプレミスの3つの形態で提供。複数の形態を組み合わせたハイブリッドクラウド、マルチクラウド構成も可能。
  • その他に高速データ転送等、多彩な機能が利用可能。

エクサのオブジェクトストレージの強み

利用目的に合わせて様々なストレージソリューションとの組み合わせが可能

  • バックアップ
    ⇒Veritas NetBackup/IBM Spectrum Protect(旧称:TSM)と組み合わせてバックアップストレージとして利用
  • 階層管理
    ⇒IBM Spectrum Scale(旧称:GPFS)との組み合わせで階層ストレージとして活用(Cloud Data Tiering/Sharing)
  • 大量データの長期保管
    ⇒法令による長期保管対応、IoTセンサーデータ/ビッグデータの保管庫として

オブジェクトストレージの絵

研究所、大学等のストレージ構築

  • エクサでは研究所、大学のストレージ構築を長年に渡り多数手掛けており、大規模ストレージやHPC環境の知見を多数有しています。
    オブジェクトストレージの導入においても、お客様の既存システムとの連携や活用、ネットワークの有効利用等、エクサならではの視点で支援します。

機器提案>設計>設置>設定>試験>運用支援までワンストップサービスが可能

機器提案・設計 データ容量、性能、冗長性、拠点数、インターフェース等、お客様の要件に合わせた機器の提案・設計が可能です。
設置 ラッキング、配線/整線、タグ取り付け等、お客様環境に合わせたファシリティ作業が可能です。
設定 効率的な構築作業で短期間での利用を可能にします。
試験 冗長性、パフォーマンス、他システム連携、等、柔軟に対応可能です。
運用支援 オブジェクトストレージの利用方法のQ&Aサポート、お客様の求める運用方法に合わせた運用スクリプトの作成、拡張、データ移行の相談もお任せ下さい。

関連ページ


このソリューションに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL:0120-934-863

平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く

関連事例ピックアップ

TOP