オープンレガシーシステムのクラウド移行を
成功に導く鍵

受付中 オンラインセミナー

~C言語移行の落とし穴とその回避策~

1990年代から2000年代にかけて開発されたオープンシステムのレガシー化が顕著になっています。
この時代はjava登場前であったり、javaの開発ノウハウの蓄積が少なく、高い性能を得るためのシステム基盤も貧弱であったこともあり、C言語でコーディングされたアプリケーションプログラムが多数存在しています。
そのような中で、近年ではUNIX系OSのサポート終了の波が押し寄せ、WindowsやLinuxへのシステム移行、クラウドへの移行を検討されている企業も多くなってきましたが、C言語の移行には落とし穴があり一筋縄ではいきません。
本セミナーでは、どういった落とし穴があるのか、またそれを回避するためにはどうすればいいのか、過去の経験を交えながら考察するとともに、レガシーシステムのOS移行時にテスト不足によるシステムトラブルを防止し、システムの運用保守における品質の担保を実現するテストツールについてご紹介します。

こんな方におススメ!

  • UNIX上でC言語のアプリケーションを使用している方
  • オープンシステムのクラウド移行をご検討中の方
  • 開発、運用業務でテストツールをお探しの方

開催概要

日時 2022年9月7日(水) 15:00 ~ 16:00
(講演約45分、質疑応答:約15分)
会場

Webセミナーのため、お席やご自宅で受講いただけます
ブラウザを使用しますので、特別なアプリなどは必要ありません

質疑 セミナー開催中にチャットにて質問をお受けします
参加費 無料<事前申込み制 申込締切:9月6日(火)12時>
主催 株式会社エクサ

協賛

テクマトリックス株式会社

備考

※ 同業他社様や個人メールからのお申込みの場合、受講をご遠慮いただくことがございます。
※ 申込多数の場合、抽選とさせていただく場合がございます。
※ 講演内容は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

プログラム


15:00~15:05 オープニング 


15:05~15:25 セッションⅠ
オープンレガシーシステムのクラウド移行

本講演ではオープンレガシーシステム、特にUNIX上で稼働しているプログラムをLinux、Windowsへ移行する際の注意点や、高品質で移行するための進め方、弊社の移行事例をご紹介致します。

山口 由香里

株式会社エクサ

基盤営業本部

レガシーシステムを保有しているお客様向けに、マイグレーションソリューションの提案業務に従事。
マイグレーションソリューション担当


15:25~15:45 セッションⅡ
OS移行後のトラブルを未然に防止!
開発~運用保守フェーズでも活用できるテストツールのご紹介

本講演では、OS移行のプロジェクトにおけるテストツールの活用方法について、いくつかの利用シーンを例に挙げてご紹介致します。
①OS移行時の品質確保
②セキュリティ脆弱性の検出
③システムテストの網羅性の可視化

杉田 翔

テクマトリックス株式会社

ソフトウェアエンジニアリング事業部 ソフトウェアエンジニアリング営業1課

2017年 テクマトリックス入社。営業担当として、ミッションクリティカルな業界向けに品質保証のツールやソリューションの提案を経験。現在は営業担当としての活動に加え、AIを活用した開発支援ソリュージョンや、AIの品質担保にかかわるR&Dの活動にも従事。


15:45~16:00 質疑応答 


お申込みから受講までの流れ

お問い合わせ先

株式会社エクサ セミナー事務局
〒220-8560 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-5 横浜アイマークプレイス2F
TEL:0120-934-863
E-mail:sol-promo@exa-corp.co.jp

関連ソリューション

関連事例

お問い合わせ

CONTACT

Webからのお問い合わせ
エクサの最新情報と
セミナー案内を
お届けします
ソリューション・サービスに関する
お電話でのお問い合わせ

平日9:00~17:00※弊社休業日を除く