自律的なキャリア開発を支援するデータドリブンな人事システムへ
Oracle Fusion Cloud Human Capital Managementで刷新

株式会社エクサ【導入事例】

社員の自己実現に向けた自律的なキャリア形成を支援

お客様と共にデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する「未来を共創するパートナー」として ITソリューション事業を展開しているエクサは、人材を最も重要な経営資源と位置づけ、社員の自律的なキャリア開発を支援するタレントマネジメントを行っています。しかし人事コアシステムとは別に、個々の社員の目標やコンピテンシー、スキルなどを管理するシステムがサイロ化しており、本来の理念を実践しきれていませんでした。そこで人事部および人材開発部が主導する形で人事システムをOracle Fusion Cloud Human Capital Management(以下、Oracle Cloud HCM)に刷新。
分散していたデータを一元管理することで社員のキャリア志向を可視化し、今後の人材育成および社員エンゲージメント向上に役立てていこうとしています。

課題


ソリューション


効果

株式会社エクサ

株式会社エクサは、JFEスチールを母体とし、キンドリルジャパンを親会社に持つITサービス会社として、お客様と共にデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する「未来を共創するパートナー」として ITソリューション事業を展開しています。
先進技術を活用したDXを推進し、上流のコンサルティングから開発・構築、運用・保守までの各種サービスを総合的に提供しています。
所在地:〒220-8560 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-5  横浜アイマークプレイス2階
URL:https://www.exa-corp.co.jp/

事例の詳細はこちらからダウンロードできます

資料では、インタビューした以下のような内容を掲載しています。

  • 導入の背景/目的
  • Oracle Cloud HCMを選んだ理由
  • 導入効果
  • 今後の展開

本事例の記事内容は掲載当時のものとなっております。

事例・実績に関するお問い合わせ

関連ソリューション

関連事例

お問い合わせ

CONTACT

Webからのお問い合わせ
エクサの最新情報と
セミナー案内を
お届けします
ソリューション・サービスに関する
お電話でのお問い合わせ

平日9:00~17:00※弊社休業日を除く