『ワークスタイル変革』への第一歩

クラウド・コンテンツ・マネジメント Box

BOXトップ絵

Boxの利用シーン、ユーザーインターフェイス、操作性をご覧ください

Boxの機能、操作性をわかり易くご紹介します。

世界74,000社の導入実績、クラウド・コンテンツ・マネジメントBox

安心・安全に社内外とのコラボレーションを実現

「Box≠クラウドストレージ」「Box=クラウド・コンテンツ・マネジメント」

Boxは今までのストレージでは実現できなかった「情報セキュリティのニーズ」と「ユーザーのニーズ」の両方を満たした次世代ファイル共有サービスです。グローバルに展開する大企業から中小企業まで、幅広いお客様がビジネスで利用しています。

いつでも、どこでも、情報共有を実現

トレンドはワークスタイル変革(モバイル活用、社外との共創)とセキュリティ(ランサムウェア対策、ファイルサーバー統合)

Boxはいつでも、どこからでも、誰とでも、スピーディで安全な情報共有を実現します。『ワークスタイル変革』の第一歩は、「端末」「場所」「時差」「容量」などの環境制約を克服することが重要です。Boxはこれらを実現すると共に、【利便性】と【セキュリティ】を両立させるソリューションです。ファイルやドキュメントのハンドリング・コラボレーションとセキュリティの確保をBoxが実現します。

Boxが解決する課題

コンテンツの管理や共有にこんな課題や不安はありませんか?

ユーザーの課題
  • お客様やパートナーとデータを共有して業務を効率化したい
  • 複数メンバーでの編集で最新バージョンがわからなくなってしまった
  • 外出先でモバイル端末から共有ファイルを見たい
  • ファイルのサイズが大きくメールの送受信に制限がかかってしまう
  • ファイルサーバーのどこのフォルダにあるのか探すのに時間がかかる
情報セキュリティの課題
  • データやフォルダへのアクセス制御/権限設定を細かくしたい
  • ランサムウェア対策が必要だ
  • メールの誤送信による情報漏えいを防ぎたい
  • メール送信後の二次利用・情報漏えいが心配だ
  • 社内にファイルサーバーが点在しており、保守の負荷が高い

Boxを活用すれば解決

BOXの作成場所活用
BOXの情報共有ツール活用

    Boxをビジネスに活用する
    業種、職種別のユースケース


    Boxをビジネスに活用する
    業種、職種別のユースケース


マーケティング、営業、情報システム、エンドユーザーなどBoxの活用エリア別のユースケースをご紹介

Boxが選ばれる5つの理由

Boxの充実した機能は、エンタープライズレベルの堅牢なセキュリティを確保しながら、社内外を問わず、誰とでも、どこでも最適なコラボレーションを実現します。

  • 1.Boxは7段階のアクセスレベルの設定で、デジタル資産の健全性を確保します。

    デジタル資産へのアクセス権限(アップロード、ダウンロード、プレビュ、リンクを取得、編集、削除、所有者)について7つのアクセスレベルの設定が可能です。社内ユーザー、社外ユーザー問わず、フォルダやファイル単位でのユーザー権限を付与することで、デジタル資産の健全性を確保します。

  • 2.Boxは最高レベルの情報セキュリティで企業のデジタル資産を守ります。

    データへのアクセスコントロール、管理者権限の設定、コンテンツのアクセス状況の把握など、簡単に、利用ルールに沿った運営の維持ができます。アクセスログは50種類以上のレポートが用意され、利用状況の管理・分析・評価に役立ちます。

  • 3.Boxは容量無制限なので企業のあらゆるデジタル資産の管理、共有を可能にします。

    容量無制限のクラウドストレージです。オフィス系のドキュメントだけではなく、写真、動画や音声データも保存できます。またこれにより、サーバーの運用や更改にかかるコストを削減することができます。

  • 4.Boxはマルチデバイス対応なので、生産性向上とワークスタイル変革をもたらします。

    モバイル専用アプリを使用することによって、場所を選ばず、あらゆるデバイスでコンテンツを安全に利用できます。

  • 5.Boxの優れたユーザーインターフェースは快適なユーザーエクスペリエンスを
     実現します。

    120種類以上のファイル、静止画、動画を特別なアプリケーションなしでプレビューが可能です。また、Box上のファイルから直接、クラウド上で編集、保存ができます。

BOXのセキュリティ対策図

Boxの導入効果

Boxの導入により、ビジネスとIT、それぞれに効果・改善をもたらします。

BOX導入効果一覧図

TOP