Digital Driven SCM ~デジタル化の潮流から考えるSCMの次の一手~

2019年6月13日

セミナー

受付中

現在は地域や市場分野の拡大、市場要求に沿った製品数の増加、製品ライフサイクルの短縮といった時代から、戦略的にこれらとは一線を画す企業・事業も増え始め、企業・事業によっては、両者が混在する時代に変わりつつあります。メーカーの根幹をなすSCMには市場環境・企業・事業戦略の変化と複数のビジネスモデルへの柔軟性と追従性がより一層求められています。

他方でその実現にテクノロジーが欠かせない時代となって久しいものの、多くの日系メーカーにおけるSCMのIT化の歩みは遅く、企業・事業成長や戦略のかじ取りの足かせになりつつあります。

本セミナーでは、最先端のIT活用事例を交えて、SCMのリーディングカンパニーにおける現状と今後の方向性およびそこに至るまでの歴史を振り返り、現在と今後の日系メーカーが直面する内外環境を踏まえ、日系メーカーに求められる次のSCM戦略とそれを支えるテクノロジーについて考察を行います。

プログラム

13:00-

開場

13:30-13:40

オープニング


株式会社クニエ
マネージングディレクター
田中 大海

13:40-14:20

基調講演:最先端のSCMから見た日系メーカーの現状と次に求められる戦略とテクノロジー


SCMのリーディングカンパニーにおける最先端のSCMとそれを支えるテクノロジーの現状と今後の方向性ならびにそこに至った歴史を振り返ったうえで、現在および今後、多くの日系メーカーが直面する内外環境を踏まえ、次に求められるSCM戦略とそれを支えるテクノロジーのあり方について考察します。


株式会社クニエ
シニアマネージャー
石垣 嘉文

14:20-15:00

協賛講演Ⅰ:Speed-複雑性と不確実性が高いグローバル市場で勝つために


グローバル化にともなうサプライチェーンの複雑性、貿易摩擦や災害の多発等、事業環境の不確実性は高くなっています。外部市場環境の変化に迅速に対応できるスピード力は、市場で生き残るために欠かせない能力です。スピードを高めるために必要となるテクノロジーや組織力などを、海外事例を用いながらご紹介します。


キナクシス・ジャパン株式会社
インダストリー・プリンシパル
石 鵬 (シー ペン)

15:00-15:15

Break

15:15-15:55

ゲスト講演:グローバル競争を勝ち抜く コニカミノルタ流S&OP ~収益判断を可能とする事業連携強化型SCMとは~


コニカミノルタでは、2013年には事業連携強化型のSCM構築を目指したS&OPの導入に向けてRapidResponseを採用しました。数量から金額への単なる置き換えではなく、事業貢献に向けたSCMプロセス改革、ERPシステムとの連携強化など、RapidResponseにて実現したS&OPの基盤となるシステム対応を行いました。さらに、販売予測精度向上による在庫削減、滞留在庫の削減についても金額ベースでの目標を設定して進めています。


コニカミノルタ株式会社
SCM部 システム管理グループ グループリーダー
野村 和史 氏

15:55-16:35

協賛講演Ⅱ:SCM導入事例から見る、マーケットの多様化、製品バリエーション増加への次の一手


エクサが今まで取り組んできた様々なSCMの導入事例を市場環境の変化とともに振り返ったうえで、昨今の市場、ニーズの多様化による製品バリエーションの増大に対するSCMシステムでの解決案を紹介します。


株式会社エクサ
Smartマニュファクチュアリング営業部 部長
田口 貢

16:35-16:45

クロージング


株式会社エクサ
エンタープライズビジネスユニット Smart営業本部 理事 本部長
中島 栄一

※ プログラム内容や時間は急遽変更となる場合がございます。予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

開催概要

開催日時 2019年 6月13日(木)13:30~16:45(受付 13:00~)
参加対象者 経営者、役員、経営企画、SCM、生産、IT・システム部門等、SCM/S&OP計画に携わる管理職の方々
参加定員 50名
※申込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
参加料 無料/事前登録制
共催 株式会社エクサ
キナクシス・ジャパン株式会社
株式会社クニエ
協力 株式会社ビジネス・フォーラム事務局
会場 大手町プレイスカンファレンスセンター 【2F カンファレンスC】
東京都千代田区大手町二丁目3番1号

※ 東京メトロ、都営地下鉄「大手町駅」A5出口から徒歩1分
※ JR「東京駅」丸の内北口より徒歩7分
その他詳細・お申込 詳細・お申込はこちら

※本記事の記載内容は掲載当時のものとなっております。

TOP