情報漏えい防止ソリューション
機能

Symantec Data Loss Prevention

社内に散在する機密情報を探しだし、
持ち出し時に警告・ブロックで守ります!
機密情報の所在一元管理も実現します。

解決課題

重要情報の取り扱いを規定したが、実際の統制状況を検証できない

Symantec DLPを導入することで重要情報の検出・監視・保護を行います。また、ダッシュボード、各種一覧/明細レポートにより、インシデントの傾向分析や改善検討を促進します。


重要情報がどこにあるか把握できていない

Symantec DLPは、あらかじめ定義した条件に基づいて共有フォルダ、ネットワーク、PC等社内に散在する情報の中から重要情報を見つけ出します。情報を守る第1ステップとなる情報の見える化を確実に行えます。


日々の業務で作成するファイルについて、重要情報に該当するかどうか、社員自身が判断しづらい

全社で定義されたセキュリティポリシーに則った重要情報の判別条件をSymantec DLPに設定することで、自動で重要情報かどうかの判定が行われるため、個々の社員が重要情報かどうかの判断を行う必要はなく、全社で統一されたセキュリティポリシーの適用が可能です。


知らないうちに情報漏えいしているかもしれない

重要情報と判定された情報をSymantec DLPは常に監視し、外部デバイスへの書き出しやメール送信等の漏えいの可能性がある操作を行った際には警告表示またはブロックを行い、情報漏えいを未然に防ぎます。


エクサの強み


Symantec DLPにできること

Symantec Data Loss Prevention(Symantec DLP)で、共有フォルダ、メール、USBメモリでやり取りされる重要情報を、統一したセキュリティ・ポリシーにもとづき、見つけて守ることができます。

Symantec DLP動作イメージ

Symantec DLPで重要情報を見つける・守る手段

Symantec DLPは、「見つける」ための検索条件、「守る」ためのアクションを多く用意しています。

Symantec DLPで重要情報を見つける・守る手段

Symantec DLPのラインナップ

PCのデータを保護

Endpoint DLP

PCに格納されている重要情報を見つけ、USBメモリへのコピー、印刷、クリップボードへのコピー等を警告またはブロックします。

 Endpoint DLP

サーバのデータを保護

Storage DLP

ファイルサーバ、Webコンテンツなどの企業内データに含まれる重要情報を見つけ、公開領域に配置されている重要情報を安全な場所に隔離、またはコピーします。

Storage DLP

ネットワーク上のデータを保護

Network DLP

電子メール、Web、インスタントメッセージ、FTPなどの通信内容に含まれる重要情報を見つけ、重要情報を含むネットワーク通信を警告、ブロック、または通信データ内のコンテンツ情報を除去します。

Network DLP

ソリューションコア

Symantec Data Loss Prevention

各種サービス

基本導入から運用設計まで、ご要望に沿った導入形態および機器構成で対応可能です。

基本導入サービス
  • 環境調査
  • 導入、基本設定、動作確認
  • 操作説明
  • ドキュメント作成
運用サービス
  • 導入後のインシデント分析ご支援
  • PDCA計画策定ご支援
  • 管理ポリシーブラッシュアップ
  • 段階的成長モデル適用ご支援

このソリューションに関するお問い合わせ

関連情報

関連ソリューション

エクサの強み

お問い合わせ

CONTACT

Webからのお問い合わせ
エクサの最新情報と
セミナー案内を
お届けします
ソリューション・サービスに関する
お電話でのお問い合わせ

平日9:00~17:00※弊社休業日を除く