クラウドインテグレーションサービス

エクサクラウドインテグレーションサービス

エクサのクラウドインテグレーションサービス

エクサのクラウドインテグレーションサービスは、オンプレミス、パブリッククラウド、プライベートクラウドから最適な基盤を選択し組合せて全体最適なICT基盤を構築します。また、稼働後の監視/運用までをワンストップでご提供し、お客様のビジネス革新を支えます。

システム構築・稼働にあたっては、新たなシステム向けのICT基盤構築と同時に、企業内や他社クラウドの既存システムとの連携や、既存システムのクラウド移行などが生じる事が多く、エクサではあらゆるニーズにお応します。

エクサのクラウドインテグレーション

クラウドインテグレーションの進め方

目的は全体最適解されたICT基盤の構築です

エクサの提供するクラウドインテグレーションサービスは、システムを導入・移行する際にまず第一にクラウド化を検討する“クラウドファースト”に対応し、お客様企業のビジネス要件や業務要件、システム要件を把握し、それぞれのシステムに最適な基盤を組み合わせ、全体最適なICT基盤をご提案します。

クラウドインテグレーションの進め方

SoftLayerのパートナー

エクサではIBMグループの一員として「IBM Cloud SoftLayer」を取り扱っております。
SoftLayerをベースにアプリケーション、運用・保守サービスと各種業務サービスを付加し、SaaS提供を行っております。

SoftLayer Trademark
SoftLayerの責任分担

SoftLayerのサービスマップ

SoftLayerのサービスマップ

SoftLayerの特徴

ハイパフォーマンスなベアメタル(物理サーバ)を選択可能

SoftLayerは、仮想サーバ(占有/共用)に加えて物理サーバ(ベアメタルサーバ)を提供しています。ベアメタルはハイパーバイザー(仮想化機構)のオーバーヘッドロスが無いため、ハードウェアスペックをそのまま享受でき、他の影響を受けることもないため、安定的に高パフォーマンスで動作します。
仮想サーバを複数コア以上で長期間利用するより、物理サーバを利用する方が経済的なケースもあります。

世界中のデータセンター間が10Gbps高速ネットワークで結ばれネットワーク転送料金が安価

SoftLayerでは、プライベートネットワークであれば、送受信無料です。
パブリックネットワークでも、仮想サーバでは5TBまで、物理サーバでは20TBまで無料です。

イメージコピーで「仮想サーバ⇔物理サーバ」の双方向移行が簡単

SoftLayerは統一アーキテクチャを採用しており、世界中にあるデータセンターにおいて仮想サーバからベアメタルへの移行、ベアメタルから仮想サーバへの移行がサーバイメージコピーで簡単に行え、ビジネス環境の変化(ユーザー数の増加等)に対し俊敏に対応できます。

TOP