JFE物流、 全社設備管理システムとして「IBM Maximo」を採用し、導入パートナーにエクサを選定

お知らせ

株式会社エクサは、JFE物流株式会社(以下、JFE物流)において、EAM(※)ソリューションである「IBM Maximo」 、ならびにDXソリューションの導入を推進しています。

JFE物流は、「お客様と社会に誠実に」をモットーに物流の新しい価値を創造しています。
お客様の大切な商品を安全に、確実に、そしてスムーズにお届けするため、国内外に拠点を持つ物流ネットワークを構築し、お客様と社会へ、さらなる貢献を目指す取り組みを進めています。

※EAM( エンタープライズ・アセット・マネジメント)とは、運用資産と機器の保守と制御に使用されるソフトウェア、システム、サービスを組み合わせたものです。 その目的は、資産の品質と使用率をライフサイクル全体にわたって最適化し、生産性のアップタイムを向上させ、運用コストを削減することです。(日本IBM HPより)

※本記事の記載内容は掲載当時のものとなっております。

TOP