「経営効果を引き出すEAMとAPM」ホワイトペーパーを掲載しました。

お知らせ

ニューノーマルに求められる保全業務のDX化に向けて

新型コロナウイルスの影響が続く中、製造業は設備投資の抑制傾向にあり、保全業務の重要度が増しています。また保全現場では3密を避ける新たな業務標準が求められ、業務効率化やリモート化を含めた業務見直しが進んでいます。

この度エクサでは「経営効果を引き出す企業設備管理(EAM)と設備資産パフォーマンス管理(APM)」をテーマに、ホワイトペーパーを作成いたしました。保全方式の変遷や各種メンテナンス理論、経営効果、コスト最適化などについてわかりやすくご説明し、保全業務のデジタルトランスフォーメーションに貢献する最新ソフトウェアについてもご紹介しています。

コンテンツ

・4次産業革命に向けたメンテナンスの世代交代
・企業全体の資産管理による経営効果
・保全方式の変遷
・経営効果を左右するメンテナンス理論
・メンテナンスのプランニングとパフォーマンス管理 ・EAMからAPMへ

資料をダウンロードする

※本記事の記載内容は掲載当時のものとなっております。

TOP