レガシーマイグレーション
サーバーからクラウドへ

サーバーtoクラウドヘッダー

既にレガシーシステムとなりつつあるオープンシステムはありませんか?
エクサなら既存の資産に手を加えることなく、ワンストップでクラウド環境へ移行します!

導入によるメリット

解決課題

手軽にスケールアウト

クラウド環境へ移行すれば、高額な初期投資をすることなく、手軽にスケールアウトできます。
業務の利用状況に応じて、柔軟な変更が可能です。

ハードウェア運用からの解放

クラウド環境へ移行すれば、ハードウェアの保守切れの心配もいりません。
古いソフトウェアを使い続けることが必ずしも良いわけではありませんが、ハードウェアの保守切れによる使用期限がなくなるため、お客様のスケジュールに合わせた柔軟なシステム更改が可能となります。

成功実現の理由

エクサの強み

オールインワンサービスでのご提供(棚卸、基盤構築、運用、教育まで)

レガシーマイグレーションの流れ
  • プロジェクト計画立案の為にお客様の現状を可視化する、資産棚卸

    マイグレーションを成功裏に完了する為には、お客様の現行システム全体を見える化し、マイグレーション対象や影響範囲を明確にすることが大切です。
    弊社の棚卸サービスでは、お客様のソース資源を分類・解析し、「リポジトリ」と「対応表」に整理し、DB化することで、お客様に体系化した情報をご提供いたします。

  • アプリケーションコンバージョンを効率的に実施する為の、ツール開発

    お客様のアプリケーション資産を安全に効率的にコンバージョンする為に、エクサは実績豊富な自社開発ツールを保有しており、お客様の要件によって柔軟にカスタマイズを行います。

  • 現行資産を有効活用する、アプリケーションコンバージョン

    お客様のソース資源をターゲットシステム環境に合わせて変換いたします。
    弊社では、既存のプログラムの業務仕様を改変せず、ソースコードのみを変換する「リホスト(ストレート・コンバージョン)」方式で移行いたします。

  • 現行システム上のデータをスムーズに新システムへ移行する、データ移行

    お客様のデータ資源をターゲットシステム環境に合わせて変換いたします。

  • 新システムの安定稼動の為の、テスト

    弊社では、アプリケーションコンバージョン時に変換したソースレベルのテストを実施します。
    その後のシステムテストについては、弊社で実施することも可能ですが、通常お客様での実施をお願いしております。これは、テスト費用の削減もありますが、業務仕様を熟知したお客様に移行後のシステムで日常の業務操作を実施いただくことにより、効率的にテストを実施し、スムーズな導入へと繋げるためです。

  • 運用中の問題解決をサポートする、保守サービス

    運用中のQA対応をはじめとする保守サービスをご提供いたします。

オープン系スキル習得のサポート

現行オープン環境から新オープン環境への移行において、弊社では新しいオープン系スキルの習得をスムーズに行うために、スキルギャップの少ない言語への移行や、使用言語の統一化などご提案いたします。
また、弊社の保有するメインフレームとオープンシステムの両方を熟知した経験・実績・ノウハウを、プロジェクト期間中にお客様へ要素技術を継承しながら、スムーズに新システムへ移行することをご支援いたします。

自動変換ツールを用いた効率的なプログラム変換

アプリケーションプログラムは自動変換ツールを適用して、多様な言語の変換を短工期で安全に行います。同一言語のみならず異言語への変換により、管理する言語を統一することができます。

このソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

tel0120-934-863平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く