エクサ、JFEメカフロント福山に基幹業務システム(ActualPROⅡ)を導入

プレスリリース

~ Excel管理からの脱却!原価管理業務の適正化、効率化、可視化で安定経営の実現へ ~

2018年12月20日
株式会社エクサ

株式会社エクサ(本社:神奈川県横浜市西区みなとみらい、代表取締役社長執行役員:千田朋介、以下、エクサ)の開発した「プロジェクト別 原価管理対応の基幹業務ソリューションActualPROⅡ」が、株式会社JFEメカフロント福山(所在地:広島県福山市鋼管町、代表取締役社長:山本和明、以下、JFEメカフロント福山)に採用されました。

ここ数年、働き方改革関連法案施行に向けて、企業は様々な業務改革を迫られています。中でも労働時間に関する制度の見直しに伴い、業務の効率化や労働生産性の向上が喫緊の課題となっています。しかし、特定の社員への業務集中、人的なミスの発生、作業の属人化などにより、業務運用を一元管理できない、標準化が進まないといった現実があります。
労働力不足の加速が懸念される中、安定的な経営の実現のためには、人手による業務をシステム化していくことが求められています。

JFEメカフロント福山では、部や室、担当者ごとに受注、発注、検収、支払、請求、入金までの工事や案件情報のデータ管理、多種多様な帳票のすべてを、Excelで手作業によって運用していました。
そのため、情報が分散して工事や案件の全体が見えない、点在する現場では属人化が進行、過去のデータの利活用ができない、業務集中による残業の発生など、様々な課題がありました。またこれらは同時に“人”の作業によるセキュリティリスクや内部統制への懸念にもつながっていました。
同社にとって、このような課題解決のために工事や案件情報の一元管理が可能となるシステム導入は、安定的な経営基盤を築くためには重要な経営課題でした。

「現行業務の運用課題も解消しつつ業務効率化を実現し、セキュリティや内部統制の強化を図る」

そのためには、エンジニアリングの業務領域に多くの導入実績を持つ、エクサが独自に開発したActualPROⅡが最適でした。
ActualPROⅡは、個別原価管理機能をコアとしたソリューションで、プロジェクト別管理業務の受注/実行計画、調達、製作/工事、売上/請求、会計、照会/分析の主要機能領域をすべてカバーしており、予算と実績データすべての一元管理が可能です。
また工事進行基準などにも対応しているので、プロジェクトの効率的かつ適正な損益管理を実現できます。

JFEメカフロント福山は、この基幹業務システムの導入により、Excelでの台帳管理から脱却し、これまではできなかった原価管理業務の適正化、効率化、可視化及びリスク管理強化を実現して経営の安定化を図ると同時に、社員の働き方改革を目指しています。

▽ActualPROⅡの紹介

株式会社JFEメカフロント福山について

設立年月日:2002年4月1日
株式会社JFEメカフロント福山はJFEプラントエンジ株式会社のグループ会社として、機械・電気設備の保全・補修、機械器具設置工事等のエンジニアリング業務を担っています。
URL:https://www.jfe-planteng.co.jp/company/group/

株式会社エクサについて

設立年月日:1987年10月1日
株式会社エクサは、日本アイ・ビー・エム株式会社とJFEスチール株式会社を親会社に持つIT企業です。情報システムのコンサルティングから、企画・設計・開発・構築・運用・保守、アウトソーシング及びクラウドまでの各種サービスを統合的に提供しています。
URL:https://www.exa-corp.co.jp

本件に関するお問合せ先

株式会社エクサ マーケティング部
〒220-8560 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-5 横浜アイマークプレイス2F
TEL:0120-934-863
E-mail:sol-promo@exa-corp.co.jp

※ ActualPROⅡは株式会社エクサの登録商標です。
※ その他記載の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

TOP