エクサバリューフォーラム(EVF2019)の開催

2019年7月25日

セミナー

受付中

~Challenge! 新しい自分への挑戦~

ご挨拶

平素より皆様には格別のお引き立てを賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も技術者の交流の場であります「エクサバリューフォーラム2019(EVF2019)」を開催させていただく運びとなりました。巷では「2025年の崖」というリスクに立ち向かうデジタルトランスフォーメーションの必要性がIT業界に留まらず広く日本企業の経営層にも拡がっております。様々な環境変化とテクノロジーの大変革の今、実例に基づいた技術動向を技術者同士で論じることで真のデジタルトランスフォーメーションへのヒントになるのではないでしょうか。
昨年に引き続き会場はみなとみらいのエクサ本社です。再開発が進み、研究開発の一大拠点となりつつあるみなとみらいの一角で開催される当技術フォーラムへの多数のご参加をお待ち申し上げております。

株式会社エクサ 代表取締役社長執行役員
千田 朋介

基調講演

「エクスペリエンス・デザインがデジタル改革をリードする」

日本アイ・ビー・エム株式会社
グローバル・ビジネス・サービス事業本部
技術理事 ディスティングイッシュド・エンジニア
倉島 菜つ美 様

日々急速に進歩するデジタル・テクノロジーは、様々な業界で大きな変革をもたらしています。企業がそうした変化の激しい市場で生き残り、勝ち抜いていくためには、デジタル改革(デジタル・トランスフォーメーション)の実践が欠かせません。そしてデジタル改革で成功するには、デジタル化されたサービスの受け手であるユーザーに対してどのような価値が提供できるのかがポイントとなります。そこで重要になってくるのがユーザー・エクスペリエンスです。どのようにしてエクスペリエンス・デザインからデジタル改革ソリューションを成功させるのか、事例も交えてご紹介します。

特別講演

「これからのエンジニアはボランティアでスキルアップ! ~プロボノによるエンジニアのリスキル事例~」

雲のプログラミング教室
代表理事
山田 孝雄 様

昨今のIT技術は「民主化」が進み、企業内の技術よりも開放されている技術の方が最先端となっている分野が散見されます。この傾向は今後も加速していくと予想され、エンジニアのスキルアップは社内だけで充足できない時代となってきています。雲のプログラミング教室はIT企業の現役エンジニアがボランティアにて、開放された最先端の技術を活用したAI/IoT/プログラミングのワークショップを展開しています。このような社外活動を通し、エンジニアのリスキルの事例をご紹介します。

開催概要

主催 株式会社エクサ
日時 2019年 7月25日(木)9時50分~17時05分(9時30分開場)
会場案内 株式会社エクサ本社(アイマークプレイス2F)
多目的1&2(基調講演、特別講演)、
多目的1,2、会議室1,2,3

会場アクセス 横浜アイマークプレイス
〒220-0012
横浜市西区みなとみらい4-4-5

※会場へお越しの際は、電車、バスをご利用くださいますようお願い致します
JR・京浜急行「横浜」駅東口より徒歩15分
みなとみらい線「新高島」駅(3番, 4番出口)より徒歩3分
みなとみらい線「みなとみらい」駅(1番出口)より徒歩5分
横浜市営地下鉄ブルーライン「高島町」駅(2番出口)より徒歩10分
お申込み

お申し込みはこちらから

プログラム

※講演タイトル、講演内容は都合により変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

    各トラックの概要をダウンロードできます。

    講演概要ダウンロード

横浜アイマークプレイス2階(多目的1&2)

9:50~10:00

【開催のご挨拶】

株式会社エクサ 代表取締役社長執行役員 千田 朋介

10:00~10:50

【基調講演】 「エクスペリエンス・デザインがデジタル改革をリードする」

日本アイ・ビー・エム株式会社 グローバル・ビジネス・サービス事業本部
技術理事 ディスティングイッシュド・エンジニア 倉島 菜つ美 様

11:00~11:50

【特別講演】 「これからのエンジニアはボランティアでスキルアップ! ~プロボノによるエンジニアのリスキル事例~」

雲のプログラミング教室 代表理事 山田 孝雄 様

会場A(多目的1)

13:00~13:50

〝私〟も〝組織〟も変わり始める、コーチ型コミュニケーションとは?

DENHA代表 ビジネスコーチ トラストコーチングスクール認定コーチ 宮里 由布子 様

14:05~14:55

働く人のウェルビーイングをデザインする~セルフ・エンゲイジメントの勧め~

東京大学大学院医学系研究科 精神保健学分野・客員研究員 小林 由佳 様

15:10~16:00

AWSのサービスをフル活用してエクサ社内の開発環境をモダナイズする話

会場B(多目的2)

13:00~13:50

AIクラウドAPIにおけるトレンドとチューニングの勘所

14:05~14:55

UXデザインってむずかしい?

15:10~16:00

平成時代のITを振り返る

会場C(会議室1)

13:00~13:50

G Suiteで作っちゃおう!~ICT活用「Merci」プロジェクトから見えたGoogle活用方法~

14:05~14:55

データ仮想化のすすめ ~本当は怖いデータ統合の話~

15:10~16:00

ラズパイxカメラx機械学習による植物監視アプリの試作~監視カメラ画像による植木鉢の水分量測定実演デモなど~

会場D(会議室2)

13:00~13:50

デジタルビジネスを加速する次世代型商品情報管理

14:05~14:55

ActualPROⅡがクラウドデビュー

15:10~16:00

zLinux上でのansibleの導入と活用事例

会場E(会議室3)※2時間コースです。時間帯にご注意ください

13:00~14:55

【AWS】クラウドの真骨頂!2時間でクラウドネイティブな「動く」アプリを開発する【ハンズオン】

※PC等の機材は定員数分用意しますので、参加者は特に用意するものはありません。

ポスターセッション 会場B(多目的2) (16:15~17:05)

1

AI×IoTにおけるトレンドとデモデバイス紹介

2

「Blockchainでアイデアを形にするレシピ」「introduction:量子コンピュータ」

3

AI技術を活用したTactonCPQの紹介

4

DXへの第1歩!マイグレーションソリューションのご紹介~ありえない無茶ぶりに能率UPで対抗(テスト編)~

5

企業レジリエンシーを高める必要性

6

インフラ構築・テスト自動化の取り組み~Ansible/ServerSpec~

7

架空の紙幣を作ってみた~GANを使った画像生成の試行~

8

AWS + G Suite を使ったマルチクラウドなサーバレスアプリケーション開発

9

社内DX推進 AI使いたいけど精度が出ない!

お問い合わせ先
株式会社エクサ EVF2019事務局
evf2019@exa-corp.co.jp

※本記事の記載内容は掲載当時のものとなっております。

TOP