データエディタ
DCPエディタ

DCPエディタ

こんな課題を抱えていませんか?

  • テキストファイル(改行コード付き)以外の業務データの確認に苦慮している
  • パック数値やバイナリ数値など内部数値形式を含むデータの確認に苦慮している
  • メインフレームで作成されたファイルの内容確認に適したエディタがない

各種システムで使用されている、テキストデータや内部数値形式のバイナリデータを含む固定長・可変長のレコードファイルをWindowsPC環境で表示・編集するには「DCPエディタ」が最適です。

DCPエディタ

その理由は・・・

  • テキストファイルだけでなく、固定長や可変長のファイルもレコード単位で表示
  • レコード単位で16進表示が可能
    パック数値やバイナリ数値などのバイナリデータの編集に最適
  • メインフレームのTSO(ISPF)と同じ操作方法でラクラク編集
    コマンド、行コマンド、PFキーなど
  • Shift-JIS/EUC-JP/EBCDIC-IBM漢字の文字コードに対応
    メインフレームのファイルをコード変換なしでそのまま表示・編集可能

名前の由来であるDCP機能を使って圧縮保存ができます。
DISKエリア削減の他、可視化防止で情報漏えいに大きく貢献します。

  • ホストDCPやオープンDCPで圧縮されたファイルを自動解凍して表示
  • 圧縮保存時はオープンDCP形式で高速に圧縮
  • 一般のフラットファイルも表示・編集可能

各種ファイルをレコード単位で表示できます

一般的なテキストエディタで固定長ファイルを表示した場合

一般的なテキストエディタで固定長ファイルを表示した場合

DCPエディタのテキスト(キャラクタ)モードで表示した場合

DCPエディタのテキスト(キャラクタ)モードで表示した場合

HEX(16進)表示でデータの特定や編集が簡単にできます

一般的なバイナリエディタでファイルを表示した場合

一般的なバイナリエディタでファイルを表示した場合

DCPエディタのバイナリ(HEX:16進)モードで表示した場合

DCPエディタのバイナリ(HEX:16進)モードで表示した場合

TSO(ISPF)ライクな操作でラクラク編集

TSO(ISPF)ライクな操作でラクラク編集

その他の便利な機能

  • モード切り替え(表示モード、編集モード)
  • レコード範囲を指定した表示、編集が可能(巨大ファイルの表示、編集に有効)
  • 文字コード変換
    Shift-JIS / EUC-JP / EBCDIC-IBM漢字の文字コードに対応

サポートするファイル

  • 固定長ファイル(すべてのレコードが同じ長さ)
  • 可変長ファイル(各レコードの先頭にレコード長情報が付随)
  • テキストファイル(各レコードの最後に改行コードが付随)
  • DCPファイル(ホストDCP、オープンDCP)
  • 対応レコード長(10~32744バイト)

動作環境

  • Windows 7,10

体験版DCPエディタ ダウンロード

「体験版DCPエディタ」をダウンロードできます。
TSO(ISPF)と同等の操作性を持ち、固定長・可変長・テキストファイルやDCPファイルを、レコード単位で表示・編集できます。
まずは、体験版で利便性・操作性をお試しください。

当体験版は機能限定、期間限定のお試し版です。 [稼働環境:Windows7,10]

■■■使用上の注意■■■
当体験版は、DCPエディタの利便性・操作性をお客様ご自身でご確認いただくためのサンプルプログラムです。
当体験版は、すべてお客様ご自身の責任においてご使用ください。
ご使用において損害が発生した場合、当社では一切の責任を負い兼ねますので、ご了承ください。

このソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

tel0120-934-863平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く