レガシーマイグレーション オープン化

META-COBOLをMF-COBOLに変換

株式会社JOE様【導入事例】

レア言語「META-COBOL」をMF-COBOLに変換し、独立採算可能なオープンシステムへの移行

プロジェクトの
背景と狙い
  • 独立したシステム環境を保有し、独立採算での顧客サービスを実施するためのシステム構築が急務となった
  • 移行費用を出来るだけ押さえ、かつ、中長期的にサービスを提供できることを目指し、現行の給与計算サービス業務を機能変更することなく移行を実現したい
効果
  • ホストからオープン環境の自社運用へ移行
  • 印刷環境の統廃合の実現
  • ホスト技術者のプロジェクト参画による、オープンシステムへの技術転換
お客様の声
移行イメージ
移行イメージ
移行対象
リソース規模
No. 項目 現行システム 新システム 規模(概数)
1 TPモニター(DC) IMS DC .NET -
2 DB IMS DC DB2 32
3 プログラム言語 VS COBOL MF-COBOL 450
META-COBOL MF-COBOL 3,200
CA-Easytrieve(Classic) CA-Easytrieve Plus for UNIX 1,050
CA-Easytrieve Plus CA-Easytrieve Plus for UNIX 1,500
ASSEMBLER MF-COBOL/C 270
4 画面定義 MFS .NET/C# 28
5 JCL JCL K-Shell 2,400
6 JOBスケジューラー(NET) A-AUTO JP1 1,700
プロジェクトの特徴
  1. 基盤構築も含めた総合マイグレーションプロジェクト
  2. パイロットを2段階(技術パイロット、業務パイロット)に分け、品質を確保
  3. オフショア活用による、オンライン.NET開発技術者の確保と、CICSを使用しない軽量型オンライン環境のノウハウ確立
プロジェクトの特徴
システムの特徴

軽量型オンライン構築

  • バッチ中心の業務より、維持管理費用がかかるCICSを導入しない、軽量オンライン環境

META-COBOLをCOBOLに変換

  • レア言語「META-COBOL」の完全コンバージョン
    ⇒自動ソース生成ツール(独自ツール)も完全復元し、MF-COBOLに変換実現
  • 独自のツールから、自社管理の共通ツールへ
    ⇒ASSEMBLERを解析し、C言語で再構築

事例ページもご覧下さい。

ピックアップ事例

事例・実績 TOP へ

ソリューション・サービスについてのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

tel0120-934-863

受付時間: 平日9:00~17:00

※弊社休業日を除く

exa News 配信サービス

エクサの最新情報とセミナー案内

配信登録する