Easy to COBOL変換サービス

EASYをCOBOLに変換することで、言語統合による保守費用の圧縮が可能です。

こんなお悩みを解決

  • EASYを排除し、COBOLに統合することで、M/W保守・運用費が削減される
  • システム技術者を外部依存する場合、要員の確保しやすさ(EASY未取得者でもOK)

導入により得られるメリット

解決課題

現行資産を有効活用したオープン化の実現

現行資産を活用して、低コストで、安全、かつ速やかに移行したいというお悩みを解決するために、弊社では、既存のプログラムの業務仕様を改変せず、ソースコードのみを変換する「リホスト(ストレート・コンバージョン)」方式で移行いたします。

マイグレーションノウハウで培われた作業タスク、サービスメニュー

  • お客様ソースに合わせて、ツールをカスタマイズし、変換率をUPさせます
  • 現新照合による結果検証を実施します
  • お客様の受入検証や本番移行準備のお手伝いをします
言語変換作業タスク

CA-Easytrieve → COBOL変換サービス

言語統合による保守費削減効果を狙います。

Easytrieve → COBOL変換サービスは、お客様の次のようなニーズに対応します。

  • ミドルウェア保守費を低減したい。
  • Easytrieveの資産を、Easytrieve非対応OSでも動作させたい。
  • できるだけ低価格で、EasytrieveをCOBOLに書き換えたい。

ソリューションの概要

CA-Easytrieve → COBOL変換効果

※1.変換単価は変換PGMの構造化状況、対象数によって変動します。
  UNIX版Easytrieve(Plus)の変換は廉価版が適用されるケースもあります。
※2.弊社過去プロジェクト実績です。
※3.弊社パイロット実績です。
  【異言語変換における変換効率の算出式】
   ツール変換効率 = 1-(警告数/変換前の総行数)

Easytrieveとは?

CA社のバッチ系第4世代言語で、日本国内で1,000社、ワールドワイドで8,000社が導入しています。
製品の特長としては、レポート出力やデータ編集処理はCOBOL等の第3世代言語に比べ高い生産性を確保できる点が挙げられます。
前世代のEasytrieve(Classic)と現世代 Easytrieve(PLUS)の2つの製品があり、両製品間には多数の非互換があります。

弊社の変換サービスがフィットするお客様は?

Easytrieveを継続して使用することに課題を抱えているお客様

下表にあげるEasytrieveからの移行にポジティブな条件に当てはまるお客様はメインフレーム、オープンシステムを問わずEasytrieve→COBOL変換のターゲットです。

Easytrieveからの移行に効果が見込まれる条件 Easytrieveからの移行に効果が見込まれない条件
  • 高い生産性による費用効果 < 保守費
  • 将来性に対する不安
  • 高い生産性による費用効果 > 保守費

Easytrieve非対応OSへのレガシーマイグレーションを検討されているお客様

メインフレームからオープンシステムへのレガシーマイグレーションを検討しているお客様は、下表に示すEasytrieve(Classic)、Easytrieve(PLUS)が対応していないOS環境(※)へ移行するケースがターゲットとなります。

メインフレーム オープンシステム
IBM
(Z/OS)
富士通
(MSP,XSP)
日立
(VOS3)
AIX HP-UX Solaris Windows Linux
Easytrieve
(Classic)
対応 対応 対応
Easytrieve
(Plus)
対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応

弊社の変換サービスのアピールポイント

  • IBM,富士通,日立のメインフレーム、オープンシステムすべての環境で稼働するEasytrieve(Classic)とEasytrieve(Plus)とをCOBOLに変換可能です。
  • メンテナンス性に優れたCOBOLソースプログラムを生成します。
    • Easytrieveのコメントを踏襲します。また、自動生成されるロジックには処理内容を的確に表すコメントが挿入されます。
    • 構造化プログラミング
      全体の処理構造が記述されるモジュールから各機能モジュールが呼び出される構造となります。
      IF文等のネスト構造ではネストレベルごとに字下げされます。
    • Easytrieveの変数名を踏襲します。変換ツールが定義したものは接頭語で判別できるようにしています。
      COBOLソースはANSI85以上の構造化プログラミングで生成されます。

      ○サイト・オプション
      ○自動入力機能
      ○明細レポート
      ○サマリーレポート

      ○複数レポート
      ○指定帳票
      ○マッチング機能
      ○重複チェック機能

      ○外部テーブル・ファイル
      ○内部テーブル・ファイル
      ○ DBアクセス
       (IMS DB/DB2)

Easytrieve変換サービス 導入事例

お客様名 業種 移行前
システム
移行後
システム
Easy種別・規模 変換期間※ 備考
A社 製造 IBM
z/OS
IBM
AIX
EasytrievePlus
70本
3ヶ月 稼働済み
B社 金融 IBM
z/OS
IBM
z/OS
EasytrievePlus
40本
2ヶ月 稼働済み
C社 証券 IBM
z/OS
IBM
z/OS
EasytrievePlus
2本
2ヶ月 変換のみ
D社 情報サービス IBM
z/OS
IBM
z/OS
EasytrievePlus
13本
2ヶ月 稼働済み
E社 製造 IBM
z/OS
IBM
z/OS
EasytrievePlus
450本
3ヶ月 稼働済み
※ テスト期間は除く

このソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

tel0120-934-863平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く