言語変換サービス
EASY to COBOL / VB.NET

    VB 6.0からVB.NETへ
    今なら無償!移行支援キャンペーン


    VB 6.0からVB.NETへ
    今なら無償!移行支援キャンペーン


エクサの独自移行ツールで、低コスト、短期間でVB.NETの環境に移行します。
キャンペーン期間中は簡易お見積り、サンプル変換を無償でご提供します。

EASYをCOBOLに変換することで、言語統合による保守費用の圧縮が可能です。
また、サポート切れ言語VBを.NETへ変換することで、現行業務がそのまま使え続けます。

こんなお悩みを解決

EASY to COBOL変換サービス

  • EASYを排除し、COBOLに統合することで、M/W保守・運用費が削減される
  • システム技術者を外部依存する場合、要員の確保しやすさ(EASY未取得者でもOK)

VB.NET変換サービス

  • サポート切れVB Ver.6からの脱却
  • 自動変換率が高いツールによる、スムーズな移行

導入により得られるメリット

解決課題

現行資産を有効活用したオープン化の実現

現行資産を活用して、低コストで、安全、かつ速やかに移行したいというお悩みを解決するために、弊社では、既存のプログラムの業務仕様を改変せず、ソースコードのみを変換する「リホスト(ストレート・コンバージョン)」方式で移行いたします。

マイグレーションノウハウで培われた作業タスク、サービスメニュー

  • お客様ソースに合わせて、ツールをカスタマイズし、変換率をUPさせます
  • 現新照合による結果検証を実施します
  • お客様の受入検証や本番移行準備のお手伝いをします
言語変換作業タスク

CA-Easytrieve → COBOL変換サービス

言語統合による保守費削減効果を狙います。

Easytrieve → COBOL変換サービスは、お客様の次のようなニーズに対応します。

  • ミドルウェア保守費を低減したい。
  • Easytrieveの資産を、Easytrieve非対応OSでも動作させたい。
  • できるだけ低価格で、EasytrieveをCOBOLに書き換えたい。

ソリューションの概要

CA-Easytrieve → COBOL変換効果

※1.変換単価は変換PGMの構造化状況、対象数によって変動します。
  UNIX版Easytrieve(Plus)の変換は廉価版が適用されるケースもあります。
※2.弊社過去プロジェクト実績です。
※3.弊社パイロット実績です。
  【異言語変換における変換効率の算出式】
   ツール変換効率 = 1-(警告数/変換前の総行数)

Easytrieveとは?

CA社のバッチ系第4世代言語で、日本国内で1,000社、ワールドワイドで8,000社が導入しています。
製品の特長としては、レポート出力やデータ編集処理はCOBOL等の第3世代言語に比べ高い生産性を確保できる点が挙げられます。
前世代のEasytrieve(Classic)と現世代 Easytrieve(PLUS)の2つの製品があり、両製品間には多数の非互換があります。

弊社の変換サービスがフィットするお客様は?

Easytrieveを継続して使用することに課題を抱えているお客様

下表にあげるEasytrieveからの移行にポジティブな条件に当てはまるお客様はメインフレーム、オープンシステムを問わずEasytrieve→COBOL変換のターゲットです。

Easytrieveからの移行に効果が見込まれる条件 Easytrieveからの移行に効果が見込まれない条件
  • 高い生産性による費用効果 < 保守費
  • 将来性に対する不安
  • 高い生産性による費用効果 > 保守費

Easytrieve非対応OSへのレガシーマイグレーションを検討されているお客様

メインフレームからオープンシステムへのレガシーマイグレーションを検討しているお客様は、下表に示すEasytrieve(Classic)、Easytrieve(PLUS)が対応していないOS環境(※)へ移行するケースがターゲットとなります。

メインフレーム オープンシステム
IBM
(Z/OS)
富士通
(MSP,XSP)
日立
(VOS3)
AIX HP-UX Solaris Windows Linux
Easytrieve
(Classic)
対応 対応 対応
Easytrieve
(Plus)
対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応 対応

弊社の変換サービスのアピールポイント

  • IBM,富士通,日立のメインフレーム、オープンシステムすべての環境で稼働するEasytrieve(Classic)とEasytrieve(Plus)とをCOBOLに変換可能です。
  • メンテナンス性に優れたCOBOLソースプログラムを生成します。
    • Easytrieveのコメントを踏襲します。また、自動生成されるロジックには処理内容を的確に表すコメントが挿入されます。
    • 構造化プログラミング
      全体の処理構造が記述されるモジュールから各機能モジュールが呼び出される構造となります。
      IF文等のネスト構造ではネストレベルごとに字下げされます。
    • Easytrieveの変数名を踏襲します。変換ツールが定義したものは接頭語で判別できるようにしています。
      COBOLソースはANSI85以上の構造化プログラミングで生成されます。

      ○サイト・オプション
      ○自動入力機能
      ○明細レポート
      ○サマリーレポート

      ○複数レポート
      ○指定帳票
      ○マッチング機能
      ○重複チェック機能

      ○外部テーブル・ファイル
      ○内部テーブル・ファイル
      ○ DBアクセス
       (IMS DB/DB2)

VB → .NET変換サービス

業務システムにVisualBasic 6.0はもう残っていませんか?
WindowsXPのサポートが終了した今、VB6.0の継続使用には、様々なリスクがあります!

VisualBasic6.0継続使用リスク

  • WindowsXP上でのご使用はセキュリティ等のリスクが伴います
  • マイクロソフトからWindows7以降のOSでVB6は動作するとアナウンスされていますが、動作確認及び使用はお客様責任になります
  • Windows7以降のOS環境でサードパーティ製のOCXは、動作保証されていない製品があります

Windowsサポートライフサイクル

Windowsサポートライフサイクル

Visual Basic6.0のサポート

Visual Basic6.0のサポート

VB6.0の継続使用リスク回避方法

業務アプリケーションの追加開発/改修が今後も発生する場合

VB.NETの環境に移行を行う「VBマイグレーションソリューション」で解決できます。

業務アプリケーションを追加開発/改修なしで継続利用する場合

「ThinAppソリューション」で解決できます。
「ThinAppソリューション」についてはお問合せください。

    ThinAppのお問合せはこちら
    ※お客様の情報を入力していただく必要があります。

VBマイグレーションソリューションの概要
(特許取得済、登録番号:第5942018号)

VB6.0やサードパーティ製品含めて、エクサ独自移行ツールで、低コスト、短期間でVB.NETの環境に移行します

VBマイグレーションソリューションイメージ図

エクサVBマイグレーションソリューションツールの特徴

  • VB6.0特有の関数をVB.NET準拠した関数に変換するため、将来にわたり高い保守性を維持できます
  • サードパーティ製のOCXも同等機能のコンポーネントに変換します
  • お客様の特性に合わせてカスタマイズ可能です

グレープシティ社製品への移行

  • InputMan、SPREAD、ActiveReportsについては、VB版から.NET版へのストレートコンバージョンを行います。
     → グレープシティ社の製品についてはこちらをご覧ください。
  • グレープシティ社との協業によりお客様に適切な技術支援を提供できます。

サービスメニュー

VB6.0→VB.NET移行サービス

簡易見積サービス ヒアリングシートに記入頂いた情報のみで簡易見積もりを実施します
ツール変換率調査サービス サンプルソースを頂きツール変換率の調査を実施します
変換サービス ツール変換~コンパイルアップまで実施します
現新比較テストサービス コンパイルアップ済み機能の現新比較テストを実施します
本番移行支援サービス 本番移行時のデータ移行、プログラムリリースをご支援します

システム基盤構築サービス

稼働基盤のご提案 最適なVB.NET稼働システム基盤(仮想化等)をご提案します
システム基盤構築 VB.NET稼働システム基盤のハードウェア、ミドルウェア導入、運用構築を実施します
本番移行支援サービス 本番移行時のシステム基盤切り替えをご支援します

エクサは「Windows EOSソリューションパートナー」として、Lenovo社と協業し ております。エクサVBマイグレーションソリューションは、Windows Server 2003のサポー ト終了に伴うWindows EOSソリューションとして「Lenovo Windows EOS駆け込み寺」でも紹介されています。

Easytrieve変換サービス 導入事例

お客様名 業種 移行前
システム
移行後
システム
Easy種別・規模 変換期間※ 備考
A社 製造 IBM
z/OS
IBM
AIX
EasytrievePlus
70本
3ヶ月 稼働済み
B社 金融 IBM
z/OS
IBM
z/OS
EasytrievePlus
40本
2ヶ月 稼働済み
C社 証券 IBM
z/OS
IBM
z/OS
EasytrievePlus
2本
2ヶ月 変換のみ
D社 情報サービス IBM
z/OS
IBM
z/OS
EasytrievePlus
13本
2ヶ月 稼働済み
E社 製造 IBM
z/OS
IBM
z/OS
EasytrievePlus
450本
3ヶ月 稼働済み
※ テスト期間は除く

VB変換サービス 導入事例

お客様名 業種 移行前
システム
移行後
システム
規模
(画面数)
変換期間※ 備考
A社 製造 VB6 VE.NET 420 3.5ヶ月 稼働中
B社 金融 VB6 VE.NET 80 2ヶ月 稼働中
日新火災海上保険
株式会社様
(詳細はこちら)
保険 VB6 VE.NET 100 2ヶ月 稼働中
※ テスト期間は除く

VB変換サービス 導入事例 詳細

お客様 製造 A社
プロジェクトの
背景と狙い
  • 特定事業所向けに開発されたシステムの全社展開
  • WindowsXP上でVB6.0アプリケーションが稼働
     →WindowsXPを含めたシステムの刷新が必要であった
システムの概要
  • クライアントの台数は約600台
  • クライアントアプリケーションは  VB6.0(Spread/InputmanなどOCX利用)で実装
  • 設備保全業務
  • 一日のトランザクション量は平均 53,000回/日 (ピーク時 約 70,000/日)

移行対象システムの規模間

本数 ステップ数
画面(frm) 420 410,000
モジュール(bas) 440 110,000
プロジェクト数 230
移行イメージ
移行イメージ
スケジュール
  • サービスインまで12ヶ月(DB更改対応を含む)
スケジュール
プロジェクト評価
  • 移行対象ソースの特性に合わせて事前に自社ツールをカスタマイズすることで、高い変換率を実現。(自社ツールの変換エラーは3本のみ)
  • 自社ツールを活用することで、短期間、低費用で移行を完了。
  • 現在もトラブルなく稼働中。

このソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

tel0120-934-863平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く