SCM|サプライチェーンプランニング(グローバル需給計画・S&OP)

Kinaxis RapidResponse

サプライチェーンプランニング(グローバル需給計画・S&OP) Kinaxis RapidResponse

大きく変化する昨今の製造業を取り巻く市場環境において、『着実にオペレーションを回して、適切なコントロールの下で収益をあげていく』ためには、

生販間でのタイムリーな一気通貫の情報共有・活用を前提とした精度の高い需給調整

こそが肝要となります。Kinaxis RapidResponse は、サプライチェーンプランニングの分野でグローバルリーダーに位置づけられるクラウドサービスです。グローバルで多くの製造業のお客様にご採用いただき、PSIの高度化に寄与しています。国内でも数多くのお客様がサプライチェーン改革の切り札として導入が進んでいます。

一方、サプライチェーン改革は、単にITツールを導入しただけでは成し遂げ得ません。製造業の競争力を支えるサプライチェーンは各社固有の制約・業務要件が多く、優れたITツールの強みを十分に活かして、最大限の効果を発揮するための業務設計・システム要件設計が重要なポイントとなります。

RapidResponse 国内デリバリーNo.1のエクサが、プロジェクトの成功を実現します!

Kinaxis RapidResponseの対象業務範囲

SCMセルフチェック

SCMセルフチェックをする

サプライチェーンプランニングに関する「あるある」を整理しました。当てはまる内容はありますか?
是非チェックしてみてください。


RapidResponseとは

Kinaxis RapidResponseの特長

RapidResponseは、需給の急激な変動に際して、異常を瞬時にアラートし、迅速な意思決定・対応を支援するSCM、S&OPソリューションです。RapidResponseが自動生成するプランとヒトによる調整活動を繰り返しながらシステムとヒトの協調作業を実現することで、複数のシミュレーション案を比較検討し、よりよい対応策として練り上げていくことができます。インメモリー処理を基本思想とする卓越した処理スピードと一括シミュレーションを可能とするオールインワン・ソリューションがそれを可能にしています。

RapidResponseの機能を詳しく見る


RapidResponseのポジショニング

グローバルのサプライチェーンプランニング市場におけるKinaxisの位置づけについては、以下をご参照ください。(Kinaxis社のWebサイトにリンクします。)


エクサの実績

Kinaxis RapidResponseの導入事例

エクサはRapidResponseの国内デリバリーNo.1の豊富な実績を誇ります。
大手製造業をはじめとするグローバル企業への導入を短期間で実現した導入事例をご紹介します。

導入事例を見る


RapidResponseの主な機能

リアルタイム高速多段MRP

リアルタイム高速多段MRP

制約も考慮した高速多段MRPによる需要・供給連鎖をリアルタイムで実現することで、常に需給の状況に応じた整合性のある各拠点の最新状況(PSI)をリアルタイムで共有する事が可能です。

計画の自動生成と意思入れ

計画の自動生成と意思入れ

RapidResponseでは、需給調整の業務として当然制約として考慮すべき計画の自動生成を高速で行うだけでなく、人によるハンド調整を効率的に取り込むマンマシン・インターフェースを備えることで、システムと人間のそれぞれの強みを活かした柔軟な需給調整の仕組みを提供します。

アラート

アラート

需給調整業務では、大量の需給調整データの中から人の対応が必要となる事象を選択・抽出し、それに活動を集中させる仕組みが必須です。RapidResponseでは、事前に設定した基準を超える事象を抽出するアラート機能により重点的・効率的な業務遂行を支援します。

シナリオ

RapidResponseでは、シミュレーション環境をその場で複数作成することが可能です。これをシナリオと呼び、複数の需給調整案をシミュレーション・評価するための基本的枠組みです。
シナリオを利用して年度計画との比較や前回計画との比較が行えます。

PSIの一元管理とヒエラルキー

PSIの一元管理とヒエラルキー

RapidResponse上で生成された各拠点のPSIデータは一元管理され、 PSIデータの表示においてはヒエラルキー機能を用いて地域・製品などの 属性による選択が可能です。
ヒエラルキー機能によって計画へのアクセス制御も可能です。

数量と金額の読み替え

数量と金額の読み替え

RapidResponseで取り扱う各拠点のPSIは、バッチでIFを取るのではなく、リアルタイムにワンシステムで「数量」と「金額」の両面での読み替え・評価が可能であり、事業計画の達成を支援するS&OP実現に必須の機能です。
マルチカレンシーに標準で対応しております。

関連事例ピックアップ

関連ニュースリリース

コラム

SCMコラム画像

TOP