安全航行を支援する船舶映像管理システム

BlipRec®

船舶の航行状況を映像とデータでリアルタイムに把握して、安全航行をサポート

概要

船舶映像管理システム BlipRec®とは、映像・データの管理によって船舶の安全航行を支援する船舶業務システムです。装置類から収集した多種データを一元管理し、Webブラウザの簡単操作で過去映像を再生したり、リアルタイムに映像を閲覧できます。

エクサはJFEグループで培った知識をベースに多くの船舶業務システムを30年に渡ってご提供しており、高い信頼性でお客様をサポートします。

システム構成

BlipRecシステム構成

BlipRec®の特徴

船舶航海状況を映像でリアルタイムに把握

  • 船舶航行状況を映像とデータで管理することにより、従来のVDR装置に比べより的確な状況把握ができます。
  • 海難事故や不測の事態を未然に防ぐ効果も期待できます。

多種の映像を一元管理可能

  • レーダー、ECDIS、IPカメラ、監視カメラ(NTSC)など、異なる映像信号を一元で管理し閲覧できます。
  • 複数の映像を一画面で表示することにより、船内外の状況把握が容易になります。

高解像度の記録映像

  • 秒間最大30コマのフレームレートでの記録が可能な為、映像のブレを解消し事後の検証確認が容易になります。
  • フレームレートを調整して録画することによりディスクの容量を節約できます。

GPS情報のスーパーインポーズ機能を搭載

  • 画像にGPS情報をスーパーインポーズすることで、録画された映像の位置情報を容易に把握できます。

機能

BlipRec®は利便性と操作性を兼ね備えた豊富な機能と様々なオプション機能も備えています。

録画機能
  • 録画対応機器は各種レーダー、ECDIS、IPカメラ、監視カメラ(NTSC・VGA)等、多種の船内映像装置類を同時録画
  • GPS情報を映像にスーパーインポーズ
再生機能
  • 最大12台の機器の映像の同時表示
  • 画面分割パターンの切り替え表示
  • 録画した映像の再生・早戻し・早送り
編集機能
  • 動画の抽出、動画から静止画像の切り出し
管理機能
  • 各録画装置の選択、録画データの保存、削除
  • 録画時間、ストレージの残時間のリアルタイム監視
オプション
  • 映像表示画面の変更(画面数、画面レイアウト)
  • GPS情報以外のスーパーインポーズ
  • IPカメラの操作の制御(ズームイン・アウト、レンズの向き)
  • IPカメラの音声データの保存

画面イメージ

動画再生画面

BlipRec動画再生画面

動画再生画面(分割例)

BlipRec動画再生画面(分割例)

※画面のレイアウトパターンは、事前の協議にて、ご希望のレイアウトで作成可能です。

動作環境

システム動作要件

項目 映像管理サーバ GPS情報収集パソコン 映像閲覧用端末(パソコン、タブレット等)
CPU インテル(R) Xeon(R) CPU E5-2670 v2 (2プロセッサ) 相当以上 インテル(R) Core(TM) i5-4210M プロセッサ 相当以上
メモリ 16GB以上 4GB以上
HDD 500GB以上(映像の保存日数により変動) 10GB以上の空き容量
OS Windows Server 2012R2、Windows 7 以上 Windows Server 2012R2、Windows 7 以上
Webブラウザ Google Chrome、firefox等が動作すること
備考 IPカメラの映像を5系統を処理する場合の動作要件 GPSの情報をスーパーインポーズする場合に必要

ストレージ容量の目安

録画 NTSC(監視カメラなど) 映像 IPカメラの映像 レーダー、ECDISなどの映像
解像度 640×480dpiと想定して1日分のデータ容量を試算 解像度 1280×960dpiと想定して1日分のデータ容量を試算 解像度 1920×1080dpi (FullHD)と想定して1日分のデータ容量を試算
10fps 25GB 47GB 108GB
20fps 50GB 97GB 216GB
30fps 75GB 141GB 324GB

TOP