経営に貢献する全社最適なIT資産管理の実現

IT資産管理とは

IT資産管理は、単純な機器・ソフトウエア管理の時代から、経営を支援する真のIT資産管理の時代に進化しようとしています。

即ち、これまではソフトウエア・ライセンスの意図しない不正利用を防ぐためなどの目的で、IT資産の管理は行われていましたが、現在では、経営視点、即ち全社またはグループ全体の最適化視点で、IT資産の状況や実態を把握し、IT資産導入の投資効果や運用品質、IT資産に関するリスクへの対応と回避、ビジネスや経営方針との整合やコスト最適化等に貢献することが、IT資産の管理に求められています。

そのためには IT機器管理、資産管理、および契約管理の3つを連動・統合したIT資産管理の仕組みが必要です。その実現には、様々な部門や部署が関係するため、その目標や方向性を明確にするにあたり組織横断的な取り組みが重要になります。

経営に貢献するIT資産管理

IT資産管理ディスカバリーワークショップ(DWS)

IT資産管理DWSは、 IT機器管理、資産管理、および契約管理の3つを連動した統合的管理を実現するために、お客様の現状と課題を、お客様内の様々な組織の関係者全員で共有し、IT資産管理に取り組む目的や方向性・範囲などを討議することで、お客様の企業におけるIT資産管理の方向性や進め方を明確にするためのワークショップです。ワークショップ形式を取ることで、関係者全員が主体的に検討に参加することができ、短期間で合意形成が図れます。

IT資産管理ディスカバリーワークショップ(DWS)で目指すもの

IT資産管理DWSでは、単なる機器管理や構成管理の状態から脱し、IT資産管理のあるべき姿と、運用可能なレベルの目標値を明確にします。その結果、経営に貢献するIT資産管理の現実的な姿を浮かび上がらせます。

IT資産管理ディスカバリーワークショップ(DWS)の進め方

IT資産管理DWSは、4回のワークショップセッション(1回2時間位)で、短期間での現状共有と方向性固めを行います。
ワークショップは、毎週1回をベースに、お客様と事前に協議して、決めた日程で行います。

経営に貢献するIT資産管理

関連ページ

このソリューションへの
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL:0120-934-863

平日9:00~17:00

※弊社休業日を除く

TOP