工場や事業所の使用計画の登録・可視化ツール

作業エリア管理システム

工場や事業所の使用計画の登録・可視化ツール 作業エリア管理システム

作業エリア管理システムは工場や事業所の敷地利用を管理するツールです。
平面図上に用途、期間、使用者などの利用計画を簡単に登録でき、可視化することができます。

機能概要

作業エリア管理システムは構内図面をご用意いただくだけで、これまで煩雑で手間のかかっていた工場や事業所の敷地利用計画の効率化が可能になります。各画面は直感的操作が可能で使いやすいユーザインターフェースを実現しています。

機能 概要
利用計画登録・照会 平面図上で利用計画の登録、削除、変更ができます。
全域図 指定期間のすべての利用計画を全体平面図に表示できます。利用計画を選択することで「計画登録・照会画面」に遷移できます。
利用状況一覧 棟/柱番号、期間単位の利用計画登録状況を一覧表示できます。
登録データ照会 管理者用の機能です。利用計画の登録データ(平面図の位置情報)を一覧表示できます。

ログイン

ユーザIDとパスワードでログインします。
ログイン後、メニューボタンをクリックして各画面に遷移します。

ログイン画面1
ログイン画面2

計画登録・照会画面

利用計画の新規登録と、登録済み利用計画の修正、削除を行う画面です。
操作メニューは登録(描画)/ドラッグモード切替、計画照会期間設定、計画編集、計画削除、全域図遷移があり、利用情報表示エリアには利用計画の詳細情報や選択領域のおよその面積が表示されます。また図面エリアにはマウスドラッグで利用範囲を指定、操作メニューのドラッグモードで表示場所を移動できます。

計画登録・照会画面画面1
計画登録・照会画面画面2

全域図画面

全域図表示機能は、指定期間の登録済利用計画を工場全体の平面図に表示します。登録済利用計画の矩形をダブルクリックすることで、「計画登録・照会」画面に遷移し、対象計画の情報を表示します。

全域図画面

利用状況一覧画面

棟/柱番号、期間単位の利用計画登録状況を一覧表示します。

利用状況一覧画面

登録データ照会画面(管理者のみ)

登録された計画情報を座標位置(セル)で表示します。

登録データ照会画面(管理者のみ)

システム環境

サーバー環境

OS Windows 32/64Bit
Java実行環境 JRE 1.8.0
JREのバージョンが複数存在する場合は、システムの挙動が不安定になる可能性があります。既に他のバージョンのJREが入っている場合は、他バージョンのアンインストール後に、JRE1.8.0をインストールして下さい。
CPU i5 2core 以上(推奨)
メモリ 8G以上(推奨)
ハードディスク 空きスペース200M以上(推奨)
作業エリアシステム実行モジュール:およそ50MB

クライアント環境

ブラウザ Internet Explorer 11(推奨)

このソリューションへの
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL:0120-934-863

平日9:00~17:00

※弊社休業日を除く

関連ニュースリリース

工場や事業所の使用計画の登録・可視化ツール「作業エリア管理システム」のページを公開しました。

TOP