エクサのデスクトップクラウドサービス「E@CS DaaS」が「低CO2川崎ブランド'12(サー ビス部門)」に認定

お知らせ






この度、エクサのデスクトップクラウドサービス「E@CS DaaS」が、「低CO2川崎ブランド'12(サー ビス部門)」に認定されました。

「低CO2川崎ブランド」は、川崎市が地球規模での温室効果ガス排出削減のために、ライフサイクル全体でCO2削減に貢献している川崎市内の製品・技術・サービスを認定する制度で、平成21年度から3年間の試行実施を踏まえて、平成24年度から本格的に実施されています。

E@CS DaaSは、多様なワークスタイルと高いセキュリティを実現する、ハイパフォーマンスなデスクトップクラウドサービスです。
独自ノウハウにより、これまで実現できなかった高性能ワークステーションの集約化(シンクライアント化)と、実運用に耐えうる性能を出す事に成功しました。
これにより、製造業で利用している高性能ワークステーションの代りに、シンクライアント機や低スペックPCを利用することができるため、機器自体の消費電力の削減や、設置場所や発生熱量の削減が可能となります。

具体的な活用事例としては、一般的なシンクライアント環境で実現できる事務処理PCの代替機能に加え、大容量データの転送が必要な3次元CADを含むCADシステムのシンクライアント化(仮想型CADシンクライアント)にも成功しており、お客様のCAD環境の最適化に貢献しています。

※E@CS はエクサの登録商標です

■本件に関するお客様からのお問い合わせ先:
株式会社エクサ エンタープライズ営業本部 海洋環境・エンジニアリングソリューション営業部
〒212-8555 神奈川県川崎市幸区堀川町580番 ソリッドスクエア東館13F北
E-mail:sol-promo@exa-corp.co.jp

※本記事の記載内容は掲載当時のものとなっております。

TOP