エクサが製造業のアフターサービス分野に参入 世界的シェアを誇るサービジスティクス社と提携し戦略的サービス管理ソリューションの販売を開始

 株式会社エクサ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:大水一彌)は、戦略的サービス管理ソリューションのプロバイダーであるサービジスティクスアジア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水博)と、サービジスティクスの戦略的サービス管理ソリューション「Servigistics Strategic Service Management (SSM)」製品に関する販売提携契約を締結したことを発表いたします。

 戦略的サービス管理ソリューション「SSM」は、補修部品管理、サービス要員管理、サービスナレッジ管理、サービスプロセス管理、価格管理より構成される統合製品です。性能、価格、品質だけでは差別化が難しくなってきているパソコンや周辺機器などのハイテク精密機器メーカーや自動車メーカー、機械メーカー、重工機メーカーなどのアフターサービスの充実化を支援し、顧客満足度向上と顧客定着率の改善を通じ、売上、利益の向上に役立つものです。

 「SSM」を導入することによって企業は、(1)補修部品及びサービス契約の効果的な値付けができ、収益性の向上と収益源の担保がはかれる、(2)補修部品管理の合理化により、間接費と運用コストが削減できる、(3)在庫投資の削減と、収益を拡大しつつサービスを向上させたいというニーズに対応できるようになります。

 「SSM」の中心となるのは、「Servigistics Parts Management」と呼ぶ補修部品管理に特化したソフトウェア製品です。必要な補修部品を、補充が必要な在庫拠点に適切なタイミングで配置する機能を持ち、拠点ネットワークの一元管理を行えます。また、需要予測と在庫/補充計画の最適化もできるため、補修部品の在庫を削減し、サービス率の向上をはかることができます。

 両社は今回の提携により、ハイテク精密機器メーカーや自動車メーカー、機械メーカー、重工機メーカーなどに対し、各社のアフターサービスの戦略的な提供を幅広く支援するソリューションの販売を強化するとともに、ユーザーへの早期かつ効果的な導入で協力してまいります。

 

<本件に関する報道関係者からの問い合わせ先>
株式会社エクサ 広報担当 湯澤 
TEL
:(044540-2000  FAX:(044540-2800
E-mail
info@exa-corp.co.jp

サービジスティクスアジア株式会社 アライアンス担当 長谷川
TEL
:(033584-5543 FAX:(033584-5546
Email: apacsales@servigistics.com

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>
株式会社エクサ 第3事業部営業本部インダストリーソリューション営業部
TEL
:(044540-2341  FAX:(044540-2449
E-mail
servigistics-exa@exa-corp.co.jp

 

【株式会社エクサの概要】
設立年月日 :1987(昭和62)101
資本金 :1,250百万円
従業員数 :1,629

エクサは、日本アイ・ビー・エム株式会社とJFEスチール株式会社の合弁出資による情報システム開発会社で、ビジネス系、エンジニアリング系、ITインフラ系等をベースとする統合型ソリューションプロバイダーです。エクサは、情報システムのコンサルティング、システム構築、運用までの各種サービスを統合的に提供しています。
ホームページ: https://www.exa-corp.co.jp/

【サービジスティクスアジア株式会社の概要】
設立年月日 :2004年(平成16年)32
資本金 :10百万円
従業員数 :25

サービジスティクス社は米国ジョージア州アトランタに本社を置き、戦略的サービス管理ソリューションをグローバルに提供しています。2004年にアジア太平洋地域を統括する拠点としてサービジスティクスアジア株式会社を設立し、英国の拠点と共にグローバルにセールスおよびサービスのプロフェッショナルを擁しています。サービジスティクス社のソリューションは、建設機械、ハイテク、航空宇宙、製造装置、医療機器、重工業、自動車、家電、通信など幅広い業界の多くの大手企業に、グローバルなサービス業務のプラットフォームとして導入され、各社のお客様向けアフターサービスのお取り組みを支援しています。
本リリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標です。

※本記事の記載内容は掲載当時のものとなっております。

TOP