エクサバリューフォーラム(EVF2015)の開催

2015年7月15日

イベント

終了

    EVF2015は皆様のご支援により、盛況のうちに実施することが出来ました。発表原稿(公開版)を技術情報に掲載しましたので、ご案内いたします。

ご挨拶

平素より皆様には格別のお引き立てを賜り、厚く御礼を申し上げます。今年も「エクサバリューフォーラム(EVF2015)」を開催させていただく運びとなりました。今まさに、多くの企業がICTを活用してビジネス・イノベーションに繋げようとされております。
弊社でも「Lead the Future !」のスローガンの下で、CAMSS(Cloud、Analytics、Mobile、Social、Security)等を活用し、お客様の価値創造の一助となるように活動しております。今回の EVF2015は、CAMSSに関連する基調講演、特別講演、そして弊社の取り組みをご紹介する多彩なセッションを用意しております。
また女性活躍に向け、昨年に続きe-ハーモニーフォーラムを同時開催します。今年は、「ライフイベントを前提としたキャリアデザイン」をテーマに、基調講演、パネルディスカッション、グループワークで議論を深めます。

是非、EVF2015に皆様のご参加をいただき、活発な議論の場、交流の場となりますようにお願い申し上げます。

株式会社エクサ 代表取締役 社長執行役員
塚本 明人

基調講演

「コグニティブ・コンピューティングの展望」

日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所
博士(情報学) 武田 浩一様

2011年のクイズ番組への挑戦をきっかけに、これまでにない知的なコンピュータの実現が注目を集めています。ビッグデータを前提とした知見獲得や機械学習の手法は現在では研究開発の最前線の1つであり、これからの産業はデータ中心の大きな業務変革の波を迎えつつあります。
本講演ではクイズ番組に挑戦した質問応答システムWatsonや、脳の神経回路から着想されたニューロモルフィック・チップを中心に、IBM基礎研究部門におけるコグニティグ・コンピューティング技術を展望します。またWatsonのさまざまな適用事例による同技術の実用化について紹介します。


特別講演

「ロボットと人工知能が創り出す新たな世界」

ソフトバンク株式会社 首席エヴァンジェリスト
中山 五輪男様

7年前に登場した米Apple社のiPhoneがスマートフォン時代の幕を開け、あっという間に日本人のポケットの中身をガラケーからスマートフォンに置き換えてしまいました。それに続くiPadや各種タブレット端末の出現は、ビジネスユーザのワークスタイルに変革をもたらし、長年に渡るPC主流時代の終焉を告げつつあります。
そして、ソフトバンクの新たなコミュニケーションロボット「Pepper」、さらには米IBMの人工知能型システム「Watson」などの出現が、世界をまた大きく変えようとしています。
Watsonと繋がったPepperには何が出来るのか?またIoTの世界では、これらの役割はどう変わっていくのか?
本セッションでは最先端ICT技術の融合が、人々の生活やビジネスにどのようなインパクトを与え、どのように変化していくのかを映像を交えながら詳しく説明します。


e-ハーモニー 基調講演

「ライフイベントを前提としたキャリアデザイン」
~育児・介護中社員が力を発揮できる上司の在り方~

育休後コンサルタント
山口 理栄様

現在、短時間勤務制度を利用し、育児をしながら職場復帰する人や、家族の介護をしながら働き続ける人が増えています。こうした働き方の多様化に対し、企業には長期的視野に立って社員の力を引き出すことが求められてきています。ところが、多くの企業では、こうした多様な働き方の社員は想定されず、ライフイベントの発生がキャリア形成にマイナスの影響を及ぼしていました。
今回は、諸事情を抱えて短時間勤務する社員が、限られた時間で自分の能力を最大限発揮するためにはどうキャリアデザインしたらよいのか、そして上司はどのように部下をマネジメントすればよいのかをお話しします。


開催概要

日時 2015年7月15日(水)9時50分~16時40分
(9時30分開場)
受講料 無料/事前登録制
主催 株式会社エクサ
会場案内 川崎市産業振興会館
1階ホール(トラックA)
9階(トラックB、トラックC、トラックD)
※各トラックへお越しの際は、1階のEVF受付にお立ち寄りください。
会場アクセス 〒212-0013
川崎市幸区堀川町66番地20 川崎市産業振興会館
Tel. 044-548-4111
JR川崎駅西口から徒歩7分
京急川崎駅から徒歩5分
※会場へお越しの際は、電車、バスをご利用くださいますようお願い致します。
申込み

プログラム

プログラム内容につきましては都合により変更させていただく場合がございます。予めご了承ください。

9:50~10:00

トラックA

開催のご挨拶

代表取締役 社長執行役員
塚本 明人

10:00~10:50

トラックA

基調講演
「コグニティブ・コンピューティングの展望」

日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所
武田 浩一様

11:00~11:50

トラックA

特別講演
「ロボットと人工知能が創り出す新たな世界」

ソフトバンク株式会社 首席エヴァンジェリスト
中山 五輪男様

12:50~13:40

13:50~14:40

14:50~15:40

15:50~16:40

EVF 2015(EXA Value Forum)講演概要

    各トラックの概要をダウンロードできます。
    ※お客様の情報を入力していただく必要はありません。

トラックA:CAMSS 川崎市産業振興会館1階ホール

A-1

上質の顧客体験をもたらす、UX観点とデザインスプリント手法

近年、家庭用だけでなく、業務用にも浸透しつつあるスマートフォン、タブレット端末の広がりつつあります。 従来以上に、利用者の使い心地、ユーザ体験(UX: User eXperience)が重要視されています。本セッションでは、よりよいユーザ体験を導きだすために、仕事の中で活用できUX的な観点と仕事に関わる人たちが自ら適切なサービスを企画・試作するためのデザインスプリントの導入法をご紹介します。

コンサルティング推進部
安藤 幸央

A-2

IoT/IoEとCAMSSの描く未来とエクサの戦略
~Internet以来のICT大変革期に向けて~

今、CAMSSをはじめ、IoT/IoE、Software Defined X、Deep Learningと様々なキーワードが登場し、ICTはWeb登場以来の大変革期を迎えています。このセッションでは、我々のビジネス、生活、世界がこれからいかに変わっていくのか、その変化の流れを概観します。また、弊社の先進技術への取り組みを紹介し、併せて対応する要員教育や技術管理システム(EXES)についてご説明します。

CTO
松本 昌幸

A-3

IoTはDemoFirstでしょ!
アイディアをすぐデモにして、ビジネス活用を促進させよう!

組織内でIoT活用アイディアを検討しても、いざ実現しようとする際に経営者の方が現実感を持てず、なかなか稟議が通らないことはありませんか?本セッションでは、少額/短期間でIoTデモシステムを構築する方法を紹介します。訴求力のあるデモで「その気」にさせてみませんか?

テクノロジーイノベーション部
堀 扶

A-4

BigData分析による設備の予防保守

ビッグデータやアナリティクスが社会に浸透し始めており、市場分析や個客分析などで活用事例が増えています。ここで使われている分析技術は設備保全や製造業など技術情報を扱う領域にも活用することが出来ます。本セッションでは、保守業務・保守サービスにおける技術情報の分析について、従来の手法との違いなどの視点から解説します。社内に蓄積されている大量の情報を活用することで、熟練技術者の経験に基づく判断力の継承や、従来の手法では解明できなかった不具合解決へのきっかけとなることを目的としています。

コンサルティング推進部
横山 道洋

トラックB:e-ハーモニー 川崎市産業振興会館9階第3研修室

B-1

e-ハーモニー 基調講演
「ライフイベントを前提としたキャリアデザイン」
~育児・介護中社員が力を発揮できる上司のあり方~

育休後コンサルタント
山口 理栄様

B-2

e-ハーモニー パネルディスカッション
「身近な先輩に聞いてみよう ~働き方のヒントとは~」

エクサ社員3名(男性1名、女性2名)が自身の経歴、印象深いビジネスエピソードなどを紹介し、ざっくばらんに議論します。このセッションを通して、自分なりの働き方のヒントを得るキッカケになればと思います。
なお、冒頭で、e-ハーモニーの活動報告として、エクサ両立支援ガイドを紹介します。

ファシリテーター:山口 理栄様
パネラー:中井 万紀子
松本 頼子
森口 真至

B-3

e-ハーモニー ワークショップ
「キャリアトランプ®で見つける自分らしい働き方」

キャリアトランプ®を使ってゲームのように、カードを引いたり捨てたりしながら、自己発見・自己開示・他者理解・自己理解を進め、「自己肯定感」が高まるようにファシリテートします。この機会に自分自身と向き合い、未来の【なりたい自分】実現に向けてビジョンを描いてみませんか?キャリア形成について考えたい方は是非ご参加ください!

ファシリテーター:山口 理栄様

トラックC:ICT 川崎市産業振興会館9階第2研修室

C-1

システム運用管理の品質向上と省力化・効率化への取り組み

★第53回IBMユーザ論文銀賞
鉄鋼メーカのお客様をはじめとして弊社IT統合サービスセンターが取り組んだ「品質管理システムの導入」「変更管理システムの改善」「システム運用管理の省力化・効率化施策の実践」「マネジメントシステムの再構築への取り組み」といった品質管理、省力化・効率化に関する施策について発表させて頂きます。

IT統合サービスセンター
遠藤 精一

C-2

ビジネスの変化に、迅速・柔軟に対応するエクサのクラウドインテグレーションサービス

新規システム構築時にクラウドを活用検討する法人ユーザは約8割に及び、「クラウドファースト」の浸透が顕著になっています。エクサのクラウドインテグレーションは、お客様のシステム要件・環境に合わせて、「クラウド基盤」、「ネットワーク」、「セキュリティ」、「システム運用」のインテグレーションを行います。 本セッションでは、クラウドインテグレーションサービスを活用した適用事例を紹介いたします。

ICT基盤ソリューション部
内海 展利

C-3

2020年にWebビジネスで金メダルを取るための新Webプラットフォーム戦略

Web・ECが登場して20年が過ぎ、変化が求められるフロント層には、スマホ対応や検索・レコメンドといった手が次々と打たれています。一方、基幹業務を支える生産管理、販売、会計といったシステムは、重厚長大で枯れた世界に入っており、改善や刷新は長いスパンで行われます。このフロント層と基幹システムの間に、他社との差別化を図る「新Webプラットフォーム」を導入し活用すること が、5年後に大きな差となります。エクサの提案をご説明させていただきます。

スマートプレイス開発部
戸田 祐治
安藤 寿
色川 達也

トラックD:開発品質 川崎市産業振興会館9階第1研修室

D-1

組織の自律改善に寄与する欠陥特性

★日本科学技術連盟主催のソフトウェア品質管理研究会 優秀賞
開発現場ではソフトウェア欠陥(以下欠陥)をめぐって開発と品質保証が対立するなど、欠陥が明確に定義されていないことに起因するトラブルが多数発生しています。本研究では、まず欠陥そのものを正面から捉えることを試みました。欠陥の明確な定義を目的として、ISO 9216やISO 25000シリーズに代表される品質特性と同様のアプローチを用いて、「欠陥特性」という提案をしました。 本セッションでは欠陥特性の詳細と、今後期待される応用分野について、なるべく具体例を交えて説明します。

プロジェクト品質技術部
森 龍ニ

D-2

オープンソースで実現するプライベートクラウド
~マネージド&セルフ型サービスの展開~

システム開発を担う当社では、開発、テスト、および技術検証などの用途で多くのサーバを使用しています。これらのサーバに対し、2008年から仮想化統合を推進し統合運用を続けてきましたが、近年、ハードウェア老朽化とリソース不足の課題を抱えていました。
本セッションでは、オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア(CloudStack + KVM)を活用してインフラとサービスを拡張・更新し、200台を超える開発・テストサーバの統合を図った事例について、デモを交えながら紹介します。

テクノロジーイノベーション部
永田 護
鈴木 俊之

D-3

今だからこそ考えるエンタープライズ・モバイル・アプリケーション

iPhoneやAndroidが出始めの頃、「これを使えば業務効率が上げられる!」と考えたことはないでしょうか?既存システムのモバイル化を検討してみたものの、様々な問題から断念した経験はないでしょうか?
昨今、iPhoneやAndroidの普及と開発技術の革新、OSS化などで、モバイル適用が容易になってきています。本セッションでは、最近のモバイル開発動向とその運用について紹介します。改めてモバイル端末を利用したエンタープライズ・アプリケーションについて考えてみませんか?

テクノロジーイノベーション部
原嶋 徹

※本記事の記載内容は掲載当時のものとなっております。

TOP