エクサ・バリュー・フォーラム(EVF2013)の開催

イベント

終了

ご挨拶

 平素より皆様には格別のお引き立てを賜り、厚く御礼を申し上げます。弊社では昨年に引き続き、「エクサバリューフォーラム (EVF2013)」を 開催させていただく運びとなりました。
 ICT技術をとりまく環境は大きく変化しており、新情報通信機器やデジタル情報資源、これらを活用した新しいビジネスやワークスタイルの変革が大きく取り上げられている昨今でございます。ITによるビジネス貢献が再び期待され、ITが改めてビジネスをリードする時代にあると弊社では考えております。
 EVFは弊社の技術や経験をお客様にご紹介するとともに、ITでビジネスを成長させたいとお考えの皆様と技術知見を共有させていただく機会にするべく準備しております。 本年は、多くのお客様に、ご来場いただきたく、幅広いテーマを設けました。「NEXT!! 未来への価値創造 ~自ら行動し、輪を拡げよう~」のスローガンの下、より一層お客様に貢献できる会社となる事を目指し、社員一同で取り組んでおります。
 是非、「エクサバリューフォーラム(EVF2013)」に足をお運びくださいますようお願い申し上げます。

株式会社エクサ 代表取締役 社長執行役員 塚本 明人

基調講演

「企業風土改革への挑戦」 ~Virtual HollywoodⓇ Platformのご紹介~

富士ゼロックス株式会社 取締役 常務執行役員  栗原 博様


 富士ゼロックス株式会社様は1999年から「Virtual HollywoodⓇ Platform」活動を展開されてきました。この活動は、会社、仕事、自分自身を変え、成長させたいという強い思いと実行力のある社員が、あたかも映画製作のように自らディレクターとなり、お客様や社会への価値創造を目指してテーマを設定し、共通の目的をもった仲間たちとテーマの具現化に向けてコミュニティ活動を実践していくというものです。
 2006年にはこの考え方に賛同する企業による「バーチャルハリウッド協議会」の発足へと発展し、2013年5月現在、16社が参加する活動として様々な形で成果を生み出しています。参加者たちは、組織横断的なコミュニティ活動を通じ、協力することの大切さや創造することの難しさを、身をもって学びます。また、活動を通じて磨いたプロジェクトマネジメント、戦略策定、コンセプト形成に関わる能力や人的ネットワークは、それぞれの日々の業務でも活かされています。
 EVF2013ではその推進役である栗原様に「Virtual HollywoodⓇ Platform」についてお話しいただきます。

☆ 発表原稿ダウンロードページのご案内 ☆

EVF2013(2013年7月10日開催)は皆様のご支援により、盛況のうちに実施することが出来ました。
発表原稿(公開版)のダウンロードページを開設いたしましたので、ご案内いたします。
以下のURLで公開しておりますので、ご活用いただければ幸いです。

https://www.exa-corp.co.jp/technews/forum/

開催概要

日時 2013年7月10日(水)9:45~16:35 [受付・開場 9:30]
会場 川崎市産業振興会館 1階ホール(会場A)、9階(会場B)、4階(会場C)
http://www.kawasaki-net.ne.jp/kaikan/hall_guide.html
川崎市幸区堀川町66番地20
Tel. 044-548-4111
JR川崎駅西口から徒歩6分
京急川崎駅から徒歩4分
※会場へお越しの際は、電車、バスをご利用くださいますようお願い致します

会場A:ソリューショントラック
川崎市産業振興会館1階ホール
会場B:開発・新技術トラック
川崎市産業振興会館9階第3研修室
会場C:アラカルトトラック
川崎市産業振興会館4階企画展示場
9:45~10:00 開催のご挨拶

代表取締役 社長執行役員
塚本 明人

10:00~11:00 基調講演
「企業風土改革への挑戦」 ~Virtual HollywoodⓇ Platformのご紹介~

富士ゼロックス株式会社
取締役 常務執行役員
栗原 博 様

11:20~12:00 A-1
Google I/O 2013から読み解く未来像とエクサの取り組み
~Android/Chrome技術戦略とスマート化の進む米国最新事情~

ITプロフェッショナル 安藤 幸央

B-1
3次元計測ソリューション「InfiPoints」と船内情報処理システム「船内LAN」のご紹介

ITエンジニア 武藤 雅紀
ITエンジニア 磯部 佳美

C-1
知っておきたい!エクサ女子の生活術(業務効率化編、家事編)

ITスペシャリスト 熊西小百合

13:10~13:50 A-2
お客様の成長戦略を支える新UCAS
-クレジット基幹システムから、オートローン・デビットへ-

室長/アプリケーションプロフェッショナル 椎名 忠
営業部長 山口 哲也

B-2
ERP導入をとおして実感したソリューションの特長をご紹介
~ワールドワイドに展開する企業を支えるOracle JD Edwards EnterpriseOne (JDE)~

アプリケーションスペシャリスト
山本 真理子

C-2
IBM Endpoint Managerを活用したエクサ流BYODの取組み

ITスペシャリスト 高橋 可珠

14:05~14:45 A-3
クレジット事業者様向けクラウドサービスBLUEBIRD®のご紹介

室長 赤上 哲也
セールススペシャリスト 石川 圭

B-3
ITセキュリティ推進から始めるITガバナンス

プロフェッショナルコンサルタント
中村 一成

C-3
バグやコーディング規約違反を一掃するEclipseプラグインのご紹介
~開発現場で使うQIツール E4E(EJAQUET® for Eclipse)~

ITスペシャリスト 渡部 直和

15:00~15:40 A-4
グローバル対応のセールスコンフィグレータTactonのご紹介とエクサ取り組み

アプリケーションスペシャリスト
中山 雄介

B-4
クラウド内のサーバーをハッキングから守る方法
~低費用で実現~
-IBMユーザー論文2年連続銀賞受賞-

ITプロフェッショナル 谷 文秀

C-4
視覚障がい者向け予約確認機能の事例紹介

部長 杉戸 雅哉

15:55~16:35 A-5
クラウドとiPadを利用した現場監督支援と現場情報共有システムの事例紹介
-直行直帰型ワークスタイルを支援する「GBRシステム」-

シニアアプリケーションスペシャリスト
小池 栄治

B-5
これからのWebビジネスを支えるスマートプレイスソリューションのご紹介

部長 戸田 祐治
室長 安藤 寿   
室長 七野 修一

C-5
メインフレームからオープン環境まで対応する圧縮ツール"DCP"のご紹介

シニアITスペシャリスト 阿部 俊雄
シニアアプリケーションスペシャリスト
平澤 春樹

各トラックの詳細はこちら トラックA トラックB トラックC

主催 株式会社エクサ
参加費 無料
会場A 川崎市産業振興会館1階案内 会場へお越しの際は、総合受付にお立ち寄りください。
個人情報のお取扱いについて 本フォーラムのお申込により、ご提供頂いた個人情報は、エクサがイベント/セミナー/製品/サービスに関するご案内を行うために利用させて頂きます。 エクサからのご案内を希望されない場合は、お申込画面内で「希望しない」にチェックをお願い致します。

主催者は、上記目的でのみ情報を利用いたします。
次回以降、主催各社に個人情報をご提供頂き、かつ、「希望しない」にチェックがなかった場合には、以後ご案内を送付させて頂きます。
以前より情報をご提供頂いている場合、今回ご提供頂いた情報を最新の情報としてデータを上書きさせて頂きます。
「個人情報保護基本方針」および「『個人情報の保護に関する法律』に関する公表事項」は、下記URLよりご覧頂けます。

■株式会社エクサ
https://www.exa-corp.co.jp/privacy/
お申込み 弊社の個人情報保護に関するポリシーについて『個人情報の取り扱いについて』を ご覧いただき、ご同意される方は、 "同意の上 申し込む"ボタンを押してださい。
お客様優先のため、同業他社様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。

■お問合せ先
  株式会社エクサ EVF2013事務局
  Tel:0120-934-863
  Email:sol-promo@exa-corp.co.jp

トラックA:ソリューショントラック 講演概要
川崎市産業振興会館1階ホール

A-1 Google I/O 2013から読み解く未来像とエクサの取り組み
~Android/Chrome技術戦略とスマート化の進む米国最新事情~


 スマートフォンやタブレット端末、情報家電が生活や仕事に浸透してきました。またそれらを活用したサービスも数多く広がってきました。旧来のパソコンを活用したサービスやシステムとは大きく違い、移動しながら使う、リラックスした状態で使うなど、利用状況は異なります。
 利用者により良い体験を提供するためには、新しい考え方や配慮が必要になります。高齢者から、幼児までが使いこなすタブレット端末やスマートフォンまたビジネスでもおおいに活用されるようになった新しいテクノロジーや新規ビジネスを Google の開発者向けイベント Google I/Oと主に海外の最新動向を中心にご紹介します。
A-2 お客様の成長戦略を支える新UCAS -クレジット基幹システムから、オートローン・デビットへ-

 クレジットカードを中心に発展してきた【UCAS】に、オートローンやデビットカードの取扱いを追加し、サービス範囲を拡張することで適用業種の拡大を狙った【新UCAS】の特徴をご紹介します。
 【新UCAS】を適用することで得られる、お客様の成長戦略を支えるビジネスモデルへの支援ポイントや業界動向を交え【新UCAS】の強みとエクサの強みを合せてご紹介します。
A-3 クレジット事業者様向けクラウドサービスBLUEBIRDのご紹介

 生誕1年を経過し、お客様の成長戦略を支えるソリューションとして進化を続けるクレジット事業者様向けクラウドサービスBLUEBIRDについて、加盟店向けサービスを中心とした『①サービス内容の充実』、PCIDSSへの準拠、3-Dセキュア等、昨今の情報漏えい事故に応じた『②セキュリティリスクへの対応』、①・②を通じて高めた優位性、バリューをお客様にお届けする『③営業戦略(事例)』の3点を中心に、BLUEBIRDの今と将来についてご紹介します。
A-4 グローバル対応のセールスコンフィグレータTactonのご紹介とエクサ取り組み

 弊社は これまで設計・製造領域を中心としたルール整理とコンフィグレータ構築のソリューションを提供してきましたが、セールス領域への拡大やグローバル対応の強化を図るべく、「Tactonセールスコンフィグレータ」の販売を開始しました。
 グローバル市場における日本の製造業の課題である「引合段階からの提案力強化」は、実績豊富なTactonによって解決できます。ルールのメンテナンス性に非常に優れたTactonの特徴や、弊社のPLM分野でのノウハウを活かした今後の取り組みをご紹介します。
A-5 クラウドとiPadを利用した現場監督支援と現場情報共有システムの事例紹介
-直行直帰型ワークスタイルを支援する「GBRシステム」-


 パイプライン埋設工事は日々現場を移動しながら工事を進めていくため仮設事務所を定着できません。現場監督は始業前に事務所に立ち寄り必要な準備をして現場に向かい終業後に再び事務所に戻り、日報作成等の社内業務を終えて帰宅することになります。こうした背景から直行直帰型ワークスタイルを支援する「GBRシステム」を開発しました。
 本システムは、位置・時間情報を含めた出退勤登録や手書き機能を添えた報告書作成、お客様が現場で必要とする技術文書の閲覧など、iPadとクラウド基盤上で実現し、将来的に工事発注者との情報共有にも活用する計画です。
 本講演では、GBRシステムの概要および現場におけるスマートデバイス活用の課題・改善案についてご紹介します。

トラックB:開発・新技術トラック 講演概要
川崎市産業振興会館9階第3研修室

B-1 3次元計測ソリューション「InfiPoints」と船内情報処理システム「船内LAN」のご紹介

 建造物や構造物は長年のメンテナンスの結果、現況にあった図面がないものが多く、一方、3次元で形状を計測する計測器(3Dスキャナー)の低廉化に伴い、より廉価で構造物の3次元計測が可能になってきました。
 エクサでは、これまで数々の3次元計測サービスの実績から、計測した3Dデータを有効に解析するソフトウェアの利用法と適用例をご紹介します。また、船舶の運航を管理する種々のデータ処理ソリューションとして「船内LAN」システムによる情報の見える化の一例をご紹介します。
B-2 ERP導入をとおして実感したソリューションの特長をご紹介
~ワールドワイドに展開する企業を支えるOracle JD Edwards EnterpriseOne (JDE)~


 業務モジュールの機能の多さや、導入実績については提供ベンダーからセミナー、広告を通して広く告知されていますのでご存知の方も多いと思います。
 エクサで取り組んできたJDE活動のご紹介に続いて、実際の導入プロジェクトで技術者の視点で実感できた特長をご紹介し、基幹システムとしてERP選定を計画されているお客様や、ソリューション取扱を検討されているパートナー様と共有いたします。
B-3 ITセキュリティ推進から始めるITガバナンス

 多くの組織において情報セキュリティ活動は定着しつつありますが、IT分野に関するセキュリティ改善はシステムや業務の複雑さ、および費用面から抜本的な改善に進まないのが現状です。
 コンサルティングの経験から得られた知見より、組織全体のITセキュリティ改善にどう取り組むべきかから、ITを活用した業務効率化、投資効率化も両立させる組織的なITガバナンス確立に向けた取り組みについて概観します。
B-4 クラウド内のサーバーをハッキングから守る方法 ~低費用で実現~

 VPNや専用線でクラウド環境と自社をつなげばハッキングの危険にさらされることはそうそうありません。しかし、インターネット経由で自社からクラウド環境のサーバーを利用したり保守したりする場合は話が違います。クラウド環境がハッカーの好適の攻撃目標になっているからです。しかし、VPNや専用線の導入は時間も費用もかかります。
 そこで、時間も費用もかけずにできる、インターネット経由でクラウド環境にアクセスする際のセキュリティ対策をご紹介します。
B-5 これからのWebビジネスを支えるスマートプレイスソリューションのご紹介

 インターネット、Webが完全に社会インフラとして定着した現在、Webサイトの再構築をきっかけに、Webビジネスの目的や意義を再認識しようとしている企業が増えています。
 今回、事例をベースに「人/顧客との良好なつながりの拡大」を目指すスマートプレイスのソリューションをご紹介させていただくと同時に、エクサがお客様の「困った」に向き合ってきたケースをご説明させていただきます。

トラックC:アラカルトトラック 講演概要
川崎市産業振興会館4階企画展示場

C-1 知っておきたい!エクサ女子の生活術(業務効率化編、家事編)

 忙しいエクサの女子社員。彼女たちは社員としてだけではなく、女性として妻として母として毎日1分1秒を無駄にしないちょっとした工夫を駆使して生活しています。
 そんな女子社員から集めた仕事上の業務の効率化や、家事の時短術を発表します。女性だけでなくあらゆる年代、立場の社員皆様のヒントになればと思います。またEVFのアンケートで来てくださった方の工夫も募集します。
 参加者全員で共有できるアセットのひとつになれば幸いです。
C-2 IBM Endpoint Managerを活用したエクサ流BYODの取組み

 社員が使い慣れた私物端末を業務に活用するBYODという略語をご存知の方は多いと思います。エクサも業務活用効果を期待し、iOS系デバイスの所有者を対象にBYODを試行しています。BYODの導入にあたり、解決すべきさまざまな課題がありましたが、2012年6月末の試行運用開始から約1年が経過致しました。
 本講演では、現在エクサがBYODで提供しているサービスを紹介し、さらに、安心してBYODをご利用いただくためのセキュリティリスク対策、運用等についても紹介します。
C-3 バグやコーディング規約違反を一掃するEclipseプラグインのご紹介
~開発現場で使う QIツール E4E(EJAQUET for Eclipse)~


 システム開発において、より上流で不具合を検出し対処することが、高品質なソフトウェア開発のキーポイントです。以前より、プログラム開発後に、プログラム品質チェックを開発し、多くのプロジェクトでQIツールEJAQUETは利用されてきました。
 その効果を最大限に発揮するために、リアルタイムでコーディング上の問題(バグ・コーディング規約違反など)を検出できるようにしました。それが、EJAQUETを、Eclipseプラグイン化し統合開発環境Eclipseと一体化した「E4E」(EJAQUET for Eclipse)です。
C-4 視覚障がい者向け予約確認機能の事例紹介

 平成25年4月の法改正により、民間企業における障がい者雇用率が1.8%から2%に引き上げられました。これに対し、JFEエンジニアリング様は社員の健康増進・福利厚生の充実と障がい者雇用率充足の社会的責任を果たすことを目的として、ヘルスキーパー(企業内理療師)2名を雇用し、社員・社員家族・OB向けのリフレッシュルーム(マッサージルーム)を開設しました。
 開設にあたり、社員などが施術を予約する際のWebシステムおよび施術者である視覚障がい者が扱う予約確認プログラム構築の依頼を受け開発することとなりました。本講演では、画面読み上げソフト『PCトーカー』を使用した予約確認機能について、開発のポイントをご紹介します。
C-5 メインフレームからオープン環境まで対応する圧縮ツール"DCP"のご紹介

 メインフレーム環境の圧縮ツールとして長年ご愛顧いただいております「DCP:データ圧縮パッケージ」の機能をオープン環境で実現する「オープンDCP」が登場しました。
 圧縮状態で直接プログラムから読み書きできるため、保管データだけでなく全てのデータの圧縮運用が可能、ディスク使用量の削減、スループットの向上に大きく貢献します。また、独自暗号化やファイル・エディタ、データ変換機能など、オープン環境運用で気になる機能もトータルで提供する「オープンDCP」をご紹介します。

※本記事の記載内容は掲載当時のものとなっております。

TOP