第8回 IBM Power Systems ソリューションセミナーで講演いたします。

セミナー

終了

~オープンソースの活用編 ~


今日まで、企業内では溢れた情報を利用するための、エクストラネットに代表されるような情報共有サイトやEコマースといったネットのサイト検索では収益を支えるために、検索エンジンの活用が進んできました。
その反面、実態としては高額な商用検索ソフトと多数のx86サーバーによって運用され、ライセンスやシステム運用のコストが問題視されています。さらに、ビッグデータのキーワード通り、増え続ける検索対象を支える検索システムのパフォーマンスの維持も問題となっており、現在市場では商用の検索ソフトに代わり、オープンソースの検索エンジンの活用が注目を集めています。
今回は、そのOSSの活用法に焦点を当て、利用に必須の情報をお届けいたします。


pagetop

開催概要

日時 2012年12月5日(水)14:30~17:30 (受付開始:14:00)
会場 日本アイ・ビー・エム株式会社
IBMイノベーションセンター(渋谷マークシティウェスト18階)
14:30~15:10 OSSを支えx86ではできない高効率を実現するLinuxサーバーのご紹介

日本アイ・ビー・エム株式会社
システム製品事業 パワーシステム事業部
部長 三原 茂 氏

15:20~16:20 Solr On PowerLinuxによる検索ソリューションのご紹介
‒仮想化とOSSによる高度な検索を実現し、ビジネスをPowerUP!‒

今はビッグデータの活用が注目され、検索もシステムの大規模化、ハイスピード化、高拡張性を併せ持った高速でコスト効果の高い「検索ソリューション」が求められています。
当セッションでは、Solr On PowerLinuxによる高速で低価格な「検索ソリューション」の魅力を、事例も交えながらご紹介いたします。

株式会社エクサ
ビジネスソリューション本部
ユビキタス・PCMソリューション部
吉田 匠

ビジネスソリューション営業部
色川 達也


※Solr on PowerLinux ソリューションの紹介ページこちら
16:30~17:30 Apache Solrで実現する共創のエコ システム
‒検索、クロール、自然言語処理‒

Apache Solrは、オープンソースの検索エンジンであり、インターネット企業から、企業内検索や図書館での検索まで、多くのユーザーに利用されています。ロンウイットの使命は、日本において、コミュニティーとともに、Solrの技術革新に貢献するとともに、その検索技術を普及させることです。
検索技術の現状、現場を踏まえ、ユーザーや開発者であるみなさまと、共創の精神を持って、どんなエコシステムを作っていこうとしているのか、ロンウイットの中核技術である、検索、クロール、自然言語処理で何を実現するかをお伝えいたします。

ロンウイット株式会社
取締役副社長
池 真之 氏

対象
  • 検索システムを導入や運用されている方
  • 検索システムを販売されている方
  • エクストラネットやECサイトの検索やビッグデータ担当の方
定員数 30名 ※定員に達し次第締切
主催 日本アイ・ビー・エム株式会社
参加費 無料/事前登録制
お申込 下記の日本アイ・ビー・エム株式会社セミナーページよりお申込み下さい。
http://www-06.ibm.com/systems/jp/saiteki/event/pss8/index.html

■お問合せ先
   株式会社エクサ ビジネスソリューション営業本部
   ビジネスソリューション営業部
   Tel:0120-934-863
   Email:sol-promo@exa-corp.co.jp

TOP