第1回 PIMってなんだ??

2019.07.18  株式会社エクサ

ダウンロード限定特典:[番外編] SEが語る
【PIMプロジェクトにおける勘所】

「連載コラム B2Bビジネスの新常識【PIM徹底解説】」全編に加え、「PIM構築を経験したSEが語る 【PIMプロジェクトにおける勘所】」とPIMの必要性を確認できる【7つのPIM導入基準】を収録

こんにちは。
エクサでWebソリューションの営業を担当している「若手E」です。
日々ソリューションの勉強をしながらデジタルビジネスの将来を考えているまだまだ駆け出しの社員です。営業やエンジニアの先輩に優しく(?)指導を受けながら、お客様のお役に立てる一人前の営業になれるよう頑張っています!


私がこれまでお客様から伺うご要望として多かったのは、「Webデザインを統一したい」「きちんとWebサイトの管理を行いたい」といったサイトのページ管理に関するお話でした。
しかし最近では、メーカーに代表される自社商品を製造販売している企業様、また様々な商品を取り扱い、サービスを提供している企業様では、そもそも「サイトに出す商品情報をどうするか」ということに悩みを抱えておられるように感じています。

先日、あるメーカーの担当者様を訪問する機会がありました。
「ウチの商品は点数も多いしバリエーションも豊富なんだが、逆にサイトでそれをうまく表現できないんだよね」
「それに新商品が出ても販社や代理店にリアルタイムで伝えられなくて『もっと早く教えてくださいよ』って言われちゃうんだよな」と話されていました。

こんなことをあちらこちらで耳にすると、お客様のお力にはなりたいけど、何が問題だかはっきり分からないし、どうしたら解決できるかも思いつかない・・・とモヤモヤした日々を過ごしていました。

営業の「先輩T」さんとランチ中にそんな話をしてみたところ、Tさんの目がキラっと光りました(...ような気がしました)。

先輩Tの写真
それはPIMで解決だね!
後輩Eの写真
PIMってなんですか?
先輩Tの写真
PIMっていうのは、【Product Information Management】の略で、簡単に言えば"顧客向け"の商品情報をまとめて保管し、Webなどの顧客チャネルに効果的に配信する仕組みのこと。
要するに、キミの悩んでいるサイトに出す商品情報をどうするか?が解決できるものなんだよ。
後輩Eの写真
んん...。よく分かりません...。
先輩Tの写真
難しいかなぁ。背景や状況から説明しようか。
キミがお客様から伺っているように、新商品を頑張ってWebに掲載しようとしても時間がかかる、などの課題を抱えるケースは増えてきているよね。それはなぜだと思う?
後輩Eの写真
すみません、分かりません...。
先輩Tの写真
これまで企業が、加速度的に普及するインターネットに都度都度対応してきたからだ。
インターネットが出始めの頃は「ウチの会社もホームページを出さなきゃ!」だとか、
他社がECを始めたら「なんでウチはECをやってないんだ!すぐやれ!」
携帯サイトを頑張って作ってたら「スマホ対応はいつできるんだ?」
レコメンドが効いてない、ポイントを付けろ、検索精度が悪い・・・
というように、企業のWebシステム担当者さんはあちこちから色んな注文をつけられて、その度にコンテンツ管理とかECパッケージ、検索エンジンなどその時に必要と思われたソリューションを導入することでなんとか対応してきたんだ。
たこ足配線のシステム
先輩Tの写真
EC、コーポレートサイト、モバイル、カタログ・・・いろいろなチャネルがあるけど、それぞれ個別に仕組みを作っていて、その結果、商品管理もばらばらになってしまったんだよ。
さらに、基幹システムとかから個別にデータを引っ張ってきて仕組みを構築してっていうのを繰り返して、サイトやチャネルの裏側がタコ足配線のようにどんどん複雑になっちゃった...。
個別に商品情報を持っているもんだから、新商品がでると、チャネル毎に商品情報登録・配信の業務が発生してしまう。
しかもだ、ばらばらに管理されているから、同じ商品でもチャネル毎にスペックが異なったり、価格を間違えたりといった問題も出てくる。
PIMが必要な背景
先輩Tの写真
だから今何か新たなサービスや変更を求められた時に、すぐに対応が出来ない状況になってしまっているんだ。この状況を変えて、新しいサービス、ビジネス、チャレンジに向かえるようにする1つの解が「PIM」ってことだ。
後輩Eの写真
分かったような、分からないような...。
先輩Tの写真
つまりPIMは、お客様との接点(チャネル)と基幹システムの間に位置し、個別管理している商品情報を一元管理してチャネルへの迅速な展開を図るものなんだ。
サッカーで言うなら攻守のバランスを取りながら、味方にパスを出したり指示を出す、攻撃の起点となる司令塔。野球で言うなら、ピッチャーや野手にサインを送り、試合を組み立てるキャッチャーのような役割だね。
PIM導入後のイメージ
先輩Tの写真
ゴールを決めたり三振をとったりする、その裏で必要とされ働くもの、それがPIMなんだ。この「縁の下の力持ち」がいないと、企業のスタープレイヤー、すなわち商品が輝かないってことだ。
後輩Eの写真
ありがとうございます。(野球の例えはよく分かんないけど・・・)
PIMについて、もう少し勉強したいと思います!

今回のコラムで、「PIMってなんだ?そんなにいいのか?」とご興味を持って頂けましたら、次回以降のコラムにもお付き合い頂けますと幸いです。
次回は、私の営業の先輩Tさんから、「なぜ今PIMに取り組むべきなのか」を豊富な経験をもとにご説明させていただきます。ご期待ください!

[Blog][Footer]【PIMコラム】商品情報管理(PIM)の必要性から プロジェクト成功の秘訣まで

RECENT POST「PIMコラム」


第1回 PIMってなんだ??