技術情報

 
 

UI/UX

    • フォーラム開発技術UI/UX
      上質の顧客体験をもたらす、UX観点とデザインスプリント手法
    執筆者:安藤 幸央
    概要説明文

    近年、家庭用だけでなく、業務用にも浸透しつつあるスマートフォン、タブレット端末の広がりつつあります。 従来以上に、利用者の使い心地、ユーザ体験(UX: User eXperience)が重要視されています。本セッションでは、よりよいユーザ体験を導きだすために、仕事の中で活用できUX的な観点と仕事に関わる人たちが自ら適切なサービスを企画・試作するためのデザインスプリントの導入法をご紹介します。

    • フォーラム開発技術UI/UX
      期待を超えるUX(ユーザーエクスペリエンス)の実現
    執筆者:安藤 幸央
    概要説明文

    ここ数年、スマートフォンやタブレット端末、ウェアラブル端末が、娯楽や日常生活から様々な業務にまで活用されるようになりました。豊かな生活をもたらすためには「モノ」だけではなく「コト」と呼ばれる、形にならない体験やサービスが重視されてきています。
    それらの UX(顧客体験)は、一般のお客様だけではなく、業務システムや研究開発用のシステムなどでも大切な要素です。利用者の体験と目的の達成を両立させながらシステムを設計する方法、低コストで効果をあげるユーザーテストの手法、ユーザー体験重視し、期待を超えるサービスを提供する手法などをお伝えいたします。

    • exa review 開発技術UI/UX
      提案にも開発にも役立つ、スマートフォンのアプリ開発のポイントとユーザビリティ
    関連ソリューション
    執筆者:室山 大輔
    概要説明文

    スマートフォンのアプリ提案・開発に際して、人間の振る舞いを意識することが重要であり、そしてどういったことを考えればよいかを説明する。

    • exa review 開発技術UI/UX
      Eclipseを使ったRIA開発手法
    執筆者:山口 雅仁
    概要説明文

    各RIA技術の特性理解に向け、実際の開発手法、動作を素早く確認するために、オープンソースの総合開発環境Eclipseですぐに開発を始めることができる5つのRIA技術(Ajax、Adobe® Flex®、Adobe® AIR®、Silverlight®、Android™)について、開発手法を紹介する。

    • exa review 開発技術UI/UX
      Swingによるリッチクライアントフレームワークの構築
    執筆者:金丸 正憲
    概要説明文

    Webシステムが企業に普及するにつれ、業務システムに要求される複雑な画面を容易に表現できるリッチクライアントが関心を集めている。また、一般にコード量が多く、仕様変更が頻繁に発生するクライアント画面の開発には、生産性や品質の向上に加え保守性の確保が必要である。これらの要求に応えるため、Webシステム向けリッチクライアント開発に適用できるアーキテクチャの設計とフレームワークの構築を行った。さらに、実システムをモデルケースとして、その適用検証を行い、有効性を確認した。

    • exa review 開発技術UI/UX
      JSFによるリッチクライアント開発の検証
    執筆者:伴 達夫
    概要説明文

    JSF(JavaServer Faces)は、Webアプリケーション開発におけるプレゼンテーション部分の操作性向上と、開発時の生産性向上を目標に策定された仕様である。この仕様に基き各ベンダーが実装をし、開発環境とあわせた製品を提供しはじめた。今回私達は実際に開発環境を用いてデモシステムを構築し、JSFの実用性を検証した。
    この検証は、日本IBMが主催するjStart(jumpStart)合同研究会に参加するかたちで実施された。参加企業は、当社以外に下記の3社である。このjStart合同研究会の主旨は、お客様に最新技術をいち早く、かつ実際に検証されたものとして届けることである。
    本活動を通して、JSFはお客様への提案において有用であることを検証できた。また、デモシステムの開発により、JSFを使用する際に役立ついくつかのノウハウも得られたので、それも合わせて報告する。

 

開発言語

    • 開発技術開発言語
      Javaと比較することによりScalaを理解する
    執筆者:土屋 正登
    概要説明文

    同じ問題を Scala と Java の両方で実装することにより Scala を理解する試みを 述べる。ここで、問題は Odersky,Spoon と Venners が出版したデジタル回路の シュミュレーションのサンプル実装とした。シングルとマルチスレッドのケースを Scala から Java に変換した。次に回路要素が直接コミニュケーションする並列 実行性が高い方法を実装した。 最後にこの方法を Scala で実装して Java と Scala を比較した。

    • exa review 開発技術開発言語
      情報システムサイクルとパタンランゲージ
    執筆者:安藤 幸央
    概要説明文

    Javaが登場して以来、Javaに注目し、社内外へのJavaの普及・技術伝道に寄与してきた。10年以上の年月を Java 技術と共に歩んできた一人として、この場を借りて、Javaの誕生とその変遷について振り返り、将来への期待を述べる。本稿では特に、 Java の生い立ちから現在までの歴史を振り返り、システム開発における時代の変遷と、将来像を考察する。すでに10年以上前となった Java の登場当時を振り返り、サーバ、携帯電話といったさまざまなデバイス上での活用が広がっていった状況やその理由に関して考察する。また Java とその周辺を年次ごとに出来事を紹介した「Java歴史年表」を記載する。本記事はJava のたどった道のりを振り返ることによて、これからの Javaとその周辺に関して考察するものである。

    • exa review 開発技術開発言語
      Java開発技術の変遷と今後の展望
    執筆者:安藤 幸央
    概要説明文

    Javaが登場して以来、Javaに注目し、社内外へのJavaの普及・技術伝道に寄与してきた。10年以上の年月を Java 技術と共に歩んできた一人として、この場を借りて、Javaの誕生とその変遷について振り返り、将来への期待を述べる。本稿では特に、 Java の生い立ちから現在までの歴史を振り返り、システム開発における時代の変遷と、将来像を考察する。すでに10年以上前となった Java の登場当時を振り返り、サーバ、携帯電話といったさまざまなデバイス上での活用が広がっていった状況やその理由に関して考察する。また Java とその周辺を年次ごとに出来事を紹介した「Java歴史年表」を記載する。本記事はJava のたどった道のりを振り返ることによって、これからの Javaとその周辺に関して考察するものである。

 

設計技法

    • exa review 開発技術設計技法
      多次元データベース設計のための一提案
    関連ソリューション
    執筆者:福島 祐宏
    概要説明文

    OLAP分野で活用される多次元データベースは、事前集計した結果を格納するためさまざまな切り口でのデータ分析、検索を高速に行える反面、データ投入・事前集計処理に多大な時間を必要とし、システム構築・運用の妨げになる場合がある。
    本稿では、多次元データベースの構造特性に注目し、
    1)構成次元の疎/密定義を性能設計上の着眼点とすべきであること
    2)構成次元の疎/密定義のために考案した技法の有効性
    を実証結果をもとに解説する

    • exa review 開発技術設計技法
      プロジェクトのUMLモデル化
    執筆者:松山 圭一
    概要説明文

    システム開発に対する「高品質、短納期、低価格」という市場の強い要求に対応するため、国内SIerは開発プロセス、開発手法に関する大胆な変革を迫られている。本論文では、この解決策として期待される「ソフトウェア工場」に着目し、これを実現する基盤となるMDAD(Model-Driven Adaptive Development)アーキテクチャの開発を行った。MDADは、プロジェクトという業務で扱われる概念をUMLモデルとして抽象化するためのアーキテクチャである。MDADアーキテクチャの基本コンセプト、MDADアーキテクチャに従ったプロジェクトのモデル化、さらにプロジェクト管理システムとして導入した際の期待される品質向上効果について述べる。

    • exa review 開発技術設計技法
      XMLDB技術調査報告
    関連ソリューション
    執筆者:宇都木 裕信
    概要説明文

    RDBに代表される従来型のデータベース管理システムでは、開発時に定義されたデータ構造を本番稼働後に変更することは難しく、環境の変化に柔軟に適合できる業務システムを実現する妨げとなっていた。この解決手段として、XMLDBがデータ構造の変化に柔軟に対応できることに着目し、業務システムへの適用の調査・研究を行った。本稿では、XMLDBを活用することにより、クエリー設計やデータ設計が簡単に行え、開発・運用面でのコスト低減を期待できることを示す。また、性能面での実用性を検証・検討し、柔軟な業務システム実現に向けての可能性と方向性を示す。

    • exa review 開発技術設計技法
      アスペクト指向開発適用記
    執筆者:友野 晶夫
    概要説明文

    システム開発では、画面遷移、認証、アクセス制限、データベースアクセス、トランザクション管理、データベースキャッシュといった、さまざまなフィーチャ(feature)に取り組む必要がある。一般に、これらのフィーチャをサブルーチンやオブジェクトなどのモジュール化技法のみで適切なモジュール化を行うことは極めて困難であり、総じてフィーチャへの小さな変更でさえ、アプリケーションプログラムの広範囲にわたり影響が及ぶ。
    アスペクト指向開発(AOSD:Aspect Oriented Software Development)は、こうしたフィーチャを効果的にモジュール化する技術として非常に有望であり、また実践的である。
    本稿では、Webアプリケーションの構築にAOSDを実適用した際の成功と失敗の事例をケーススタディとして示し、アスペクト指向設計とも呼ぶべき観点から「高度な関心の分離(ASoC: Advanced Separation of Concern)」の重要性と、アスペクト指向開発の可能性を具体的に示す。また、アスペクト指向開発の取りうる形態と従来技法との差異にも言及する。

    • exa review 開発技術設計技法
      オブジェクトモデルを適用したリアルタイム・シミュレーション
    執筆者:井上 雅久
    概要説明文

    ガスパイプラインにおけるオンライン・リアルタイムシステムは、他分野のソフトウェアに比べていくつかの特徴があり、その要求に応えるためには拡張や変更に強く、開発リスクを軽減できるオブジェクト指向技術が必要であった。オブジェクト指向技術を採用するにあたり、まずオンライン・リアルタイムシステムの要件を分析し、各サブシステムで共通なパイプラインモデル情報をいくつかのデザインパターンを用いてモデリングを行った。さらに、適用先に依存しない汎用的な機能を実装していった。このオブジェクトの集まりを「オブジェクトモデル」と称する。
    本稿では、オブジェクト指向を用いてオンライン・リアルタイム・シミュレーションを開発するためのポイントを述べる。

    • exa review 開発技術設計技法
      実システムへのWebサービス技術適用性検証
    執筆者:奥村 公治
    概要説明文

    今、経済環境は、激しく変化し、より一層厳しくなっている。この中で各企業は、タイムリ且つ安価に変化に対応できる情報システムを模索している。WebサービスはSOAP、UDDI、WSDLをはじめとするオープンな技術をベースとして、この課題を解決できる有力な手段になりつつある。そこで当社では、技術力強化のひとつのテーマとして、Webサービス技術を実システムに適用する上で、考慮すべき点は何であるかを調査した。Webサービス技術は、サーバ間の通信としてすぐに且つ安価で使用できる技術である。しかし、実際にシステムを構築する場合には、既存の他技術と比べてもいろいろな機能を作成しなければならない。そこで、模擬システムを作成し、必要とされる機能をどのように実装するかの利用技術を蓄積してきた。

    • フォーラム開発技術設計技法
      BigData分析による設備の予防保守
    執筆者:横山 道洋
    概要説明文

    ビッグデータやアナリティクスが社会に浸透し始めており、市場分析や個客分析などで活用事例が増えています。ここで使われている分析技術は設備保全や製造業など技術情報を扱う領域にも活用することが出来ます。本セッションでは、保守業務・保守サービスにおける技術情報の分析について、従来の手法との違いなどの視点から解説します。社内に蓄積されている大量の情報を活用することで、熟練技術者の経験に基づく判断力の継承や、従来の手法では解明できなかった不具合解決へのきっかけとなることを目的としています。

 

フレームワーク

    • IBMユーザ論文 開発技術フレームワーク
      性能問題リスクへの早期対処
    執筆者:小松 清希
    概要説明文

    本稿では結合テスト局面相当の状況で実際にAOPプロダクトであるAspectJ を用いて業務トランザクションの性能を動的に分析する手法を明らかにする。その手法を試行して分析した結果、次の性能問題を発見し改善した事例を紹介する。

    • exa review 開発技術フレームワーク
      OSSツールで実現した高品質開発プラットフォーム
    執筆者:原嶋 徹
    概要説明文

    技術推進部門では、システム開発の低コスト化、高品質化を目指し、さまざまな標準化推進活動に取り組んできた。しかし、現状の開発状況を顧みるに、十分な定着には至っておらず、標準ガイド類の提供や社内規定としての強制力だけでは不十分であるとの結論に至った。そこで、バグトラッキングシステムなど標準ツールを組み込んだ標準開発環境を提供することで、開発者への浸透、普及を促すとともに、より容易に標準ツールを利用させることを可能にした。
    本稿では、標準を浸透、普及させる手法の1つとして、標準ツールを組み込んだ環境としてサービス提供することを提言する。今後は、この環境を発展させ、利用者と環境提供者の双方に負担をかけることなく、より高品質なアプリケーションを提供できる開発環境を整備していく。

    • exa review 開発技術フレームワーク
      軽量型Webフレームワークの標準策定と実用化
    執筆者:広戸 裕介
    概要説明文

    標準が定着しない主な要因として、標準の作成側と利用側での認識の差異がある。ここに着目して、今回Web開発の標準化を目的として構築した「軽量型Webフレームワーク」を実プロジェクトに適用することで、遭遇した実際の課題を明らかにし、解決に取り組んだ。これにより、対象プロジェクトでは標準の適用をスムーズに行うことができ、同時に標準もより実用的に改善することができた。

    • exa review 開発技術フレームワーク
      Software Factory適用プロジェクトの課題
    関連ソリューション
    執筆者:堀 扶
    概要説明文

    近年、オフショア開発の生産性を向上させる手段としてSoftware Factoryの適用を検討する企業が現れ始めている。当社でも本戦術の有効性を検証するために、自社開発ツールであるProjectTowerを用いてSoftware Factory環境を構築し、開発標準に完全準拠したプロジェクト運用を実際に行った。本論文では、検証結果をもとにSoftware Factory適用時の課題について考察する。

    • 開発技術フレームワーク
      Hibernate Validatorの JSF ヘの適用
    執筆者:土屋 正登
    概要説明文

    JSF(TM)における入力データの validation に Hibernate Validator を利用する方法について提案する。

    • exa review 開発技術フレームワーク
      ビジネスアプリケーション分野におけるMDAの限界と活用
    執筆者:土屋 正登
    概要説明文

    MDA(Model Driven Architekuture)は、モデル記述からプログラムレスでシステム開発が行える技術として注目されたが、一時の熱狂は去り批判と見直しの時期に入っている。組込み機器用ソフト分野での活用は期待されているが、ビジネスアプリケーション分野では限界に当たっている。一方で、SpringやHibernateなどのフレームワークやアスペクト指向により、この限界を打破する動きも始まっている。ここでは、これらの動きに加え数年先の技術動向を予測した上で、実際的なMDAの活用方法を提案する。
    さらに、AndroMDA を実適用するため、
    1)アスペクトによるビジネスロジックの分離
    2)タグ付き値でSQL / HQLをモデルに付与することにより、DAO(Data Access Object)を完全自動で生成
    3)要求から実装へのトレーサビリティーをモデルによる中継
    4)GUIとMDAの連携法などのカスタマイズ計画
    を述べた。

    • 開発技術フレームワーク
      『AndorMDA 解体新書』
    執筆者:金丸 正憲
    概要説明文

    近年、オープンソースのMDA ツールとして有名になってきたAndroMDA はUML からプログラミング言語や Hibernate、Spring Framework 等の設定ファイルを生成するコード生成のフレームワークである。 AndroMDA はカートリッジ(コード生成の変換ルール)を追加開発することにより、機能を拡張(カスタマイズ)することができるように設計されている。本書はAndroMDA をカスタマイズしたい技術者向けに書かれている。

    • 開発技術フレームワーク
      『AndorMDA カスタマイズガイド』、 『MDBカートリッジユーザーガイド』 、『MDBカートリッジ』
    執筆者:那須 秀男
    概要説明文

    近年、オープンソースのMDA ツールとして有名になってきたAndroMDA はUML からプログラミング言語や Hibernate、Spring Framework 等の設定ファイルを生成するコード生成のフレームワークである。 AndroMDA はカートリッジ(コード生成の変換ルール)を追加開発することにより、機能を拡張(カスタマイズ)することができるように設計されている。本書はAndroMDA をカスタマイズしたい技術者向けに書かれている。

    • exa review 開発技術フレームワーク
      MDA技術の効果と課題
    執筆者:小松 清希
    概要説明文

    UML(Unified Modeling Language)によるソフトウェア設計が普及してきた。UML はオブジェクト指向設計のモデリング仕様である。UML は次のステップとしてUMLモデルからコードを自動生成するMDA(Model Driven Architecture)を目指しており、標準化と並行して徐々に実装が進展している。
    今回筆者のグループは数あるMDA の実装の中からAndroMDAを取り上げ、その機能・完成度と生産性を検証した。その中でMDA の問題点とMDA ベースの開発業務展開に必要なアクションが見えてきた。

    • 開発技術フレームワーク
      『AndorMDA 入門ガイド』
    執筆者:小松 清希
    概要説明文

    AndroMDA はMatthias Bohlen 氏と The AndroMDA Project による、MDA パラダイムにのっとったコード生成フレームワークである。UML モデリングツール(Magic Draw)から出力されたXMI 形式ファイルを入力とし、様々なプラグインと連携して半完成のアプリケーションコンポーネントを出力する。

    • exa review 開発技術フレームワーク
      開発プロセス自動化のためのアーキテクチャーの提案
    執筆者:松山 圭一
    概要説明文

    実装に至るまでの不十分な設計品質や下流工程での要求、仕様の変更などによって多発するテストフェーズでの手戻り作業によってプロジェクトの性能は大きく低下する。モデル駆動適合型開発MDADは、こうしたリスクを最小限に抑える自動化開発プロセスのためのアーキテクチャーである。本論文では、現在国内SI'erの間で注目されているオフショア開発に続く開発モデルとしてMDADについて述べる。MDADのコンセプトをより明確に述べるために、MDADのバックボーンとなるMDA[1](Model Driven Architecture、モデル駆動型アーキテクチャー)アプローチや、今回ソフトウェア開発プロセスの一例として採用したRUP[2](Rational Unified Process)についても合わせて述べる。

 

3Dグラフィックス

    • exa review 開発技術3Dグラフィックス
      3次元グラフィックスにおけるインタラクティブな炎の表現
    関連ソリューション
    執筆者:山中 政彦
    概要説明文

    3次元グラフィックスにより、多様な自然現象の写実的な再現をコンピュータ上で試みるとき、そこには常により高いリアリティが要求される。
    リアリティの向上には、画像の「写実性」、画像の更新速度や操作者入力に対する応答速度といった「速度」、視点位置やレンダリング対象の状態に対する「自由度」の3つの要素を向上させることが不可欠である。しかし、これら3つの要素は相互補完の関係にあると同時に、多くの場合トレードオフの関係にあり、1つの要素でも許容範囲を外れて低下することで全体の極端なリアリティ低下が起こるため、3つの要素を向上させるにあたっては、そのバランスの考慮も重要である。
    ここでは数ある自然現象から「炎」を採りあげ、インタラクティブな3次元グラフィックスでリアリティに与える影響の強い「写実性」、「速度」、「自由度」の3つの要素をバランス良く向上させる試みと、得られた成果をごみ焼却炉の操業訓練システムに応用した例について紹介する。

    • 開発技術3Dグラフィックス
      GPUプログラミング【画像処理から汎用演算まで】
    概要説明文

    エクサでは、プラネタリウムや科学館、博物館の大型投影施設、PCやモバイル機器向けのシステム構築の実績を通じて 高速なグラフィックス・プログラムの開発に取り組んでいます。ここでは、その要素技術の一つ、GPU プログラミングについて紹介します。

    • 開発技術3Dグラフィックス
      Distortion Correction【映像の歪みを補正する】
    概要説明文

    プラネタリウムや科学館、博物館の大型投影施設に向けたシステム構築等の実績を通じて特殊な面への投影システムの開発に取り組んでいます。 ここでは、その要素技術の一つ、映像の歪み補正について紹介します。

    • 開発技術3Dグラフィックス
      ネットワークとバーチャルリアリティ【Networked VR】
    概要説明文

    Networked VRとは、Virtual Reality (VR)技術にNetwork利用技術を組み合わせた技術です。 3次元コンピューターグラフィックス技術を利用したシステム開発の実績を通じて、バーチャルリアリティ技術の 様々な応用に取り組んでいます。

    • 開発技術3Dグラフィックス
      OpenGLプログラミングコース
    概要説明文

    OpenGL 教育コースのテキストを3次元コンピュータグラフィックス技術の 普及に貢献することを目的に 無償で公開します。

ソリューション・サービスについてのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

tel0120-934-863

受付時間: 平日9:00~17:00

※弊社休業日を除く

exa News 配信サービス

エクサの最新情報とセミナー案内

配信登録する