COBOLソースコード解析ツール
CHE-COBO

CHE-COBOとは

CHE-COBO(Checker for COBOL Program)は、COBOLソースコードの静的解析を行うツールです。
弊社のCOBOL開発案件で蓄積した知見を基にしています。
検査結果は、バグとなり得る部分をCSV形式で報告します。また、各ルール検出数の集計結果をエクセルファイルで出力します。

主要機能と導入メリット

主要機能

バグとなり得る部分の検出

  • 42個のチェックルール (ver2.01現在)
  • 検査対象とするルールの選択が可能

導入メリット

アプリケーションの品質向上

  • レビュー時間削減
    集計結果を俯瞰することで問題の集中箇所を把握、対策要否・優先順位の決定や、詳細なレビューが継続的に必要な箇所の選別を補助
  • 開発生産性向上
    誤動作誘発の可能性がある記述を未然に発見する、同種の誤り記述を効率的に抽出する等により、不具合修正時間を短縮、本来の作業進行を促進
  • COBOL開発初心者への教育効果
    他の開発言語使用経験はあるがCOBOLには不慣れな開発者でも、コーディング規約に従った、動作不良を起こし難く読み易いコード記述を習慣化

対応COBOL

VS COBOL Ⅱ

動作環境

  • Java実行環境 ver.5 以上
  • Microsoft Excel (稼動実績2003/2010)
  • Microsoft Windows (稼動実績 XP/7)
    ※検査対象ソースは、予めメインフレームからWindowsへの転送が必要です

利用している主なオープンソースソフトウェア

  • JavaCC
  • COBOL 85 parser for JavaCC
  • Brute Force Preprocessor for the COBOL-85 parser

出力結果例(上:ソース毎のcsv、下:集計結果xls)

CHE-COBO 出力結果例1
CHE-COBO 出力結果例2

適用可能な検出ルール例

# ルール名
01 1つのソースコードに大量のテーブルを作らない
02 巨大なプログラムを避ける
03 巨大なセクションを避ける
04 モジュールにはコメントをつける
05 レベル01データ項目にPICTURE句を作らない
06 レベル66のデータ項目を作らない
07 レベル88のデータ項目を作らない

このソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

tel0120-934-863平日9:00~17:00 ※弊社休業日を除く